誕生日に贈る花

来月は大切な友達の誕生日、大事に選んだプレゼントを用意したけど、せっかくだからお花もプレゼントしたい!そんなふうに思ったことはありませんか?

女性の友達なら間違いなくお花も一緒にあげると喜んでくれるはずです。今では店頭でかわいい花束が簡単に購入できますが、自分で選んで作ってもらうのもステキですよね。

そこで今回は、誕生日に贈る花の選び方についてご紹介していきます。

*相手の誕生花で選ぶ

誕生花の存在って意外と忘れているものですが、誕生日に贈る花のアイデアが浮かばないのであれば誕生花を参考に花束のアレンジをするのもいいですね。なんでこの花?と思わせておいて、誕生花で選んだと伝えれば相手もきっと驚いてくれるはず。

ただし、誕生日によってかなりいろいろな花がありますので、必ずしも花屋さんで簡単に手に入るものばかりではないので予めチェックしておくことをおすすめします。

なかには、サボテンが誕生花、なんていう人もいます。小さな花サボテンを取り入れたインテリア植物のプレゼントなどでもユーモアがあってステキですよね。

*花言葉で選ぶ

こちらもオススメの選び方。日ごろの感謝をテーマにしたり、その友達のいいところをテーマにして、誕生日に贈る花を選んでみてください。目に見える美しさだけで選ぶのでなく、その花に込められた意味も選びながら伝えることで相手の喜びも増すことでしょう。

*相手の好きな色でまとめる

誕生日は相手のためにお祝いするものですから、誕生日に贈る花はもちろん相手の好きな色でまとめるのもステキです。例えば黄色が好きな友達の誕生日に贈る花なら、黄色のバラからヒマワリ、チューリップ、ミモザなど同じ色でいろいろな花がありますので、それらをまとめて揃えるのもステキです。

*季節の花を取り入れる

誕生日に贈る花で上記のいずれも手に入らないなど都合がつかないのであれば、シンプルに相手の誕生日の季節のお花を取り入れた花束にしてみましょう。

3月生まれなら小さな桜を取り入れたり、8月生まれならヒマワリ、といった具合にして、○月生まれだからこの花で作ったの、と伝えれば相手も喜んでくれるはずです。

いかがでしたでしょうか。いろいろな選び方がありますので、相手が最も喜んでくれそうな手段を選んであげてくださいね。特に誕生花はユニークでおすすめです。普段お花をもらうことがあまりない女子も、自分の誕生日にしっかりと選んでくれたお花をもらうのはとてもうれしいものです。ぜひ誕生日に贈る花は気持ちを込めてプレゼントしたいですね。

シェアする