愛や純潔を象徴し、恋人や夫婦に贈りたいギンバイカの花言葉

誕生日にギンバイカの花を贈ったり、誕生日プレゼントにギンバイカの花を添えようと考えているなら、「ギンバイカの花言葉」を知った上で花を贈るべきです。情報サイト誕プレの調べによると、ギンバイカの花言葉は3語あります。花言葉は花の色や品種などによって異なる場合があるので注意が必要です。このページでは、ギンバイカの花言葉以外にも、ギンバイカの花について詳しい情報を掲載しています。つまり、ギンバイカの花の色や花の品種、ギンバイカの英語での呼び方や名前の由来などが詳しく書かれているのです。情報サイト誕プレでは、「ギンバイカの花言葉」の他にもあなたが知りたい花の花言葉を調べることができます。

ギンバイカの花言葉

ギンバイカの花言葉は3種類あります。詳しい内容を見ていきましょう。

ギンバイカの花言葉は、

【1】ギンバイカの花言葉
【2】ギンバイカの花言葉愛のささやき
【3】ギンバイカの花言葉高貴な美しさ

ギンバイカは愛と美と女神に捧げる花とする愛や純潔、不死を象徴する花で、結婚式に使われたりもします。ここから「愛」「愛のささやき」「高貴な美しさ」の意味を持ちます。

恋人や夫婦または結婚して間もない方に贈るのに向いている花言葉です。

ギンバイカ以外の花言葉を調べたい場合

ギンバイカの花言葉があなたの希望する意味ではない場合、以下のリンクからギンバイカの花言葉以外の花言葉を調べることができます。

ギンバイカという植物について

ギンバイカという植物は、どんな植物なのか、どんな花を咲かせるのかなどを詳しく解説致します。

ギンバイカ属という生物分類に属しているギンバイカ

ギンバイカの画像 ByWendy Cutler

ギンバイカは地中海沿岸~ヨーロッパ南西部が原産のフトモモ科の常緑性の低木で庭木や花木、生垣に使われます。

ギンバイカの葉は香りがありマートルといった名前でハーブとして用いられ、料理の香りづけなどに使われます。マートルには鎮静効果があります。

また、ギンバイカには実が出来ます。こちらも香りがあり、生食や果実酒にも用いられます。

他には結婚式の飾りやブーケに使われるため、祝いの木といった名前も持っています。

主張し過ぎない花姿が上品な清楚さを感じられ、結婚式などに相応しい花と言えるでしょう。

誕生日の花としてのギンバイカ

ギンバイカは、以下の月日の誕生日の花です。そのため、以下の月日の誕生日の人に、花言葉を添えてギンバイカの花をプレゼントすることは良いことです。

しかし、ギンバイカ以外で同じ月日の誕生月の花や誕生日の花をお探しの場合は、以下のリンクからその月日のギンバイカ以外の誕生花を調べてください。

ギンバイカの英語と名前の由来

ギンバイカの英語とその英語の由来、またギンバイカの和名とその和名の由来をご紹介致します。

ギンバイカは英語でMyrtle。その言葉の由来とは?

別名のマートルを英語にしたMyrtleが英名の由来です。

ギンバイカの和名は、銀梅花(ぎんばいか)。その言葉の由来とは?

梅の花に似ており、白い花色を銀に見立てて銀梅花(ぎんばいか)となりました。また香りがあるため銀香梅(ぎんこうばい)という別名もあります。

ギンバイカの花の色や形や開花時期

ギンバイカの花の画像 ByEttore Balocchi

2cmほどの5弁花の白い花が咲きます。開花時期は5月~7月です。

ギンバイカの概要

名称ギンバイカ
学名Myrtus communis
和名銀梅花(ぎんばいか)
その他の名前銀香梅(ぎんこうばい)、マートル、祝いの木
科名フトモモ科
属名ギンバイカ属
分類庭木、花木
原産地地中海沿岸~ヨーロッパ南西部
丈(高さ)1m~3m
強い
やや弱い
栽培難易度中級者向け
開花時期5月~7月

※このギンバイカの花言葉のページは「情報サイト誕プレ調べ」による内容のものです。

シェアする