ルリジサの花言葉は、元気付けたい時に使う4つの言葉

誕生日にルリジサの花を贈ったり、誕生日プレゼントにルリジサの花を添えようと考えているなら、「ルリジサの花言葉」を知った上で花を贈るべきです。情報サイト誕プレの調べによると、ルリジサの花言葉は4語あります。花言葉は花の色や品種などによって異なる場合があるので注意が必要です。このページでは、ルリジサの花言葉以外にも、ルリジサの花について詳しい情報を掲載しています。つまり、ルリジサの花の色や花の品種、ルリジサの英語での呼び方や名前の由来などが詳しく書かれているのです。情報サイト誕プレでは、「ルリジサの花言葉」の他にもあなたが知りたい花の花言葉を調べることができます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ルリジサの花言葉

ルリジサの花言葉は4種類あります。詳しい内容を見ていきましょう。

ルリジサの花言葉は、勇気付けたい言葉

【1】ルリジサの花言葉勇気
【2】ルリジサの花言葉保護
【3】ルリジサの花言葉安息
【4】ルリジサの花言葉憂いを忘れる

ルリジサの花言葉には、「勇気」という花言葉があります。

ルリジサを体内に摂取すると、強壮効果が得られることから生まれた花言葉。元気付けたい時、即ちエールを送りたい相手に贈る花言葉として、適していると思います。

また、ルリジサには、「安息」や「保護」や「憂いを忘れる」という花言葉もあります。

これらも、強壮効果が得られることから生まれた花言葉。決して悪い意味ではなく、「勇気」という花言葉に通じる部分があるので、エールを送りたい時に使うと良いでしょう。

※「憂いを忘れる」とは、つらいという感情を忘れて欲しい時に使う花言葉です。失恋した時に贈る花言葉としても適していると思います。

ルリジサ以外の花言葉を調べたい場合

ルリジサの花言葉があなたの希望する意味ではない場合、以下のリンクからルリジサの花言葉以外の花言葉を調べることができます。

ルリジサという植物について

ルリジサという植物は、どんな植物なのか、どんな花を咲かせるのかなどを詳しく解説致します。

ルリジサ属という生物分類に属しているルリジサ

ルリジサの画像 ByPeter O’Connor aka anemoneprojectors

ルリジサは、南ヨーロッパ原産のハーブの一種。植物全体が白い毛で覆われており、触るとチクチクするという特徴があります。

顎以外は食べることができるので、主に葉をサラダにして食べます。味は、キュウリに似た風味のある味なので、万人受けしやすい味だと思います。

また、食用だけでなく、気分を高揚させる効果もあることから、古き時代から薬用としても用いられてきました。少しクセのある匂いですが、アロマセラピーなどのボリジオイルとして美肌やアトピーに効果があるので、人間にとって有益な植物だと言えるでしょう。

誕生日の花としてのルリジサ

ルリジサは、以下の月日の誕生日の花です。そのため、以下の月日の誕生日の人に、花言葉を添えてルリジサの花をプレゼントすることは良いことです。

しかし、ルリジサ以外で同じ月日の誕生月の花や誕生日の花をお探しの場合は、以下のリンクからその月日のルリジサ以外の誕生花を調べてください。

ルリジサの英語と名前の由来

ルリジサの英語とその英語の由来、またルリジサの和名とその和名の由来をご紹介致します。

ルリジサは英語でBorage。その言葉の由来とは?

ルリジサは、食用や薬用に使われる植物です。ルリジサには強壮効果があり、摂取すると発汗します。

そのため、汗に関連したラテン語のBorageが語源となり、Borageという英名になりました。ちなみに、この英名の読み方のまま、日本ではボリジという呼び名で呼ばれることもあります。

ルリジサの和名は、瑠璃萵苣(るりじさ)。その言葉の由来とは?

ルリジサは、食用としてサラダなどに用いられる植物です。レタスなどと一緒にサラダにするため、「瑠璃色の花を咲かせるレタスのような植物」という意味合いから、瑠璃萵苣(るりじさ)と呼ばれるようになりました。

※萵苣とは、レタスなどを指す言葉です。

ルリジサの花の色や形や開花時期

ルリジサの花の画像 Byprilfish

ルリジサは、星の形をした花を下向きに咲かせます。花の色は、明るめの瑠璃色や白色。花も白色の毛で覆われているのが大きな特徴です。

開花時期は、3月~7月頃になります。

ルリジサの概要

名称ルリジサ
学名Borago officinalis
和名瑠璃萵苣(るりじさ)
その他の名前ルリヂサ、ルリヂシャ、ボリジ
科名ムラサキ科
属名ルリジサ属
分類ハーブ
原産地南ヨーロッパ
丈(高さ)30cm~100cm程度
強い
弱い
栽培難易度やや初級者向け
開花時期3月~7月

※このルリジサの花言葉のページは「情報サイト誕プレ調べ」による内容のものです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

Facebook like box
スポンサーリンク
スポンサーリンク