カスミソウ(かすみ草)の花言葉は花の見た目に合った6つの言葉

誕生日にカスミソウの花を贈ったり、誕生日プレゼントにカスミソウの花を添えようと考えているなら、「カスミソウの花言葉」を知った上で花を贈るべきです。情報サイト誕プレの調べによると、カスミソウの花言葉は6語あります。花言葉は花の色や品種などによって異なる場合があるので注意が必要です。このページでは、カスミソウの花言葉以外にも、カスミソウの花について詳しい情報を掲載しています。つまり、カスミソウの花の色や花の品種、カスミソウの英語での呼び方や名前の由来などが詳しく書かれているのです。情報サイト誕プレでは、「カスミソウの花言葉」の他にもあなたが知りたい花の花言葉を調べることができます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

カスミソウ(かすみ草)の花言葉

カスミソウの花言葉は、全部で6種類あります。花の色によって花言葉が違いますので、注意しましょう。

【1】カスミソウの花言葉清らかな心
【2】カスミソウの花言葉親切
【3】カスミソウの花言葉無邪気
【4】カスミソウの花言葉夢心地
【5】ピンク色のカスミソウの花言葉感激
【6】ピンク色のカスミソウの花言葉切なる願い

花の色が関係ないカスミソウの花言葉

花の色に関係がないカスミソウの花言葉に、「清らかな心」と「親切」と「無邪気」という花言葉があります。

どの花言葉も、心がきれいな人に対して贈るのにぴったりな言葉です。褒め言葉に当たるので、贈る花言葉としては良い部類に入ります。

また、花の色に関係がないカスミソウの花言葉には、「夢心地」という言葉もあります。

夢心地とは、夢のようにうっとりした気持ちを意味します。まさにカスミソウの見た目をイメージを表現したかのような花言葉です。

カスミソウの花言葉(白色)

白色のカスミソウの画像 By tanakawho

白色のカスミソウには、独自の花言葉はありません。そのため、花の色が関係ないカスミソウの花言葉が、白色のカスミソウの花言葉になります。

4月15日の誕生花は白色のカスミソウなので、特に4月15日生まれの生まれの人に白色のカスミソウを贈る時には気をつけましょう。

カスミソウ(ピンク色)の花言葉

ピンク色のカスミソウの画像

ピンク色のカスミソウの花言葉は、「感激」という言葉です。

誕生日のサプライズ演出と言えば、「感激」。その「感激」という言葉を連想させる花言葉なので、誕生日に贈る花言葉としては関連性が深い花言葉だと言えます。

また、ピンク色のカスミソウには「切なる願い」という花言葉もあります。

「切なる願い」という花言葉は、様々な意味に取れる便利な言葉。例えば、花言葉を贈る相手の就職活動や受験の成功を切に願う時にも使えますし、相手に振り向いて欲しいという場合にも使えます。様々な意味として捉えることができるので、あなたの場合に当てはめてみて使ってみると良いでしょう。

カスミソウ以外の花言葉を調べたい場合

カスミソウの花言葉があなたの希望する意味ではない場合、以下のリンクからカスミソウの花言葉以外の花言葉を調べることができます。

カスミソウという植物について

カスミソウという植物は、どんな植物なのか、どんな花を咲かせるのかなどを詳しく解説致します。

カスミソウ属という生物分類に属しているカスミソウ

カスミソウは、花束のアクセントとしてよく使われる花です。いわゆる完全な脇役の花で、メインを引き立てる花。

あまり良い匂いではないという欠点があるので、カスミソウだけの花束はあまりオススメしませんが、どんな花とも組み合わせやすい素敵な花なので、花束にしてプレゼントすると良いでしょう。

※カスミソウを花束に入れると、全体的にふわっとした印象を与えることができます。カスミソウの値段は1本当たり150円~300円程度。花束に2~3本入れるだけで、花束の印象を大きく変えることができます。

誕生日の花としてのカスミソウ

カスミソウは、以下の月日の誕生日の花です。そのため、以下の月日の誕生日の人に、花言葉を添えてカスミソウの花をプレゼントすることは良いことです。

しかし、カスミソウ以外で同じ月日の誕生月の花や誕生日の花をお探しの場合は、以下のリンクからその月日のカスミソウ以外の誕生花を調べてください。

カスミソウの英語と名前の由来

カスミソウの英語とその英語の由来、またカスミソウの和名とその和名の由来をご紹介致します。

カスミソウは英語でbaby’s breath。その言葉の由来とは?

厳密には、宿根かすみ草(シュッコンカスミソウ)の英語がbaby’s breath(赤ちゃんの息)です。赤ちゃんの吐く息がカスミソウのように見えるため、baby’s breathという英名になりました。

カスミソウの和名は、小さな花のものを「宿根かすみ草」、大きい花のものを「かすみ草」。その言葉の由来とは?

カスミソウは、枝に小さな白色の花をたくさん付けます。その花の見た目が霧のように見えるため、「霞のような草=霞草=かすみ草」になったのが名前の由来です。

鉢植え用のカーペットカスミソウ(カーペットかすみ草)

カーペットカスミソウの画像

カスミソウの種類の1つでカーペットカスミソウと呼ばれる花があります。※正式名称はオノエマンテマ。

カーペットカスミソウはカスミソウより個々の花が大きく、鉢植えに適した花です。切り花ではなく、鉢植えのカスミソウを贈りたいのであれば、カーペットカスミソウを贈ると良いでしょう。

かすみ草の花の色や形や開花時期(季節)

カスミソウは、細かい花を無数に咲かせます。花の色は白色が一般的ですが、赤色やピンク色や紫色の花もあります。

開花時期は5月~7月なので、梅雨の季節の花だと言えるでしょう。

カスミソウの概要

名称カスミソウ
学名Gypsophila elegans
和名かすみ草(かすみそう)、宿根かすみ草(しゅっこんかすみそう)
その他の名前ベビーズブレス
科名ナデシコ科
属名カスミソウ属
分類草花
原産地地中海沿岸、アジア地域
丈(高さ)20cm~100cm程度
やや弱い
強い
栽培難易度中級者向け
開花時期5~7月頃

※このカスミソウの花言葉のページは「情報サイト誕プレ調べ」による内容のものです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

Facebook like box
スポンサーリンク
スポンサーリンク