花の色によって意味が違うライラックの6つの花言葉

誕生日にライラックの花を贈ったり、誕生日プレゼントにライラックの花を添えようと考えているなら、「ライラックの花言葉」を知った上で花を贈るべきです。情報サイト誕プレの調べによると、ライラックの花言葉は6語あります。花言葉は花の色や品種などによって異なる場合があるので注意が必要です。このページでは、ライラックの花言葉以外にも、ライラックの花について詳しい情報を掲載しています。つまり、ライラックの花の色や花の品種、ライラックの英語での呼び方や名前の由来などが詳しく書かれているのです。情報サイト誕プレでは、「ライラックの花言葉」の他にもあなたが知りたい花の花言葉を調べることができます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ライラックの花言葉について

ライラックの花言葉は、全部で6種類あります。

【1】ライラックの花言葉友情
【2】ライラックの花言葉謙虚
【3】紫色のライラックの花言葉初恋
【4】紫色のライラックの花言葉恋の芽生え
【5】白色のライラックの花言葉無邪気
【6】白色のライラックの花言葉若さ

花の色が関係ないライラックの花言葉

ライラックの画像 By Irina

花の色に関係なく、ライラック全体に共通している花言葉は、「友情」と「謙虚」という花言葉です。

「友情」という花言葉は、主に同性の友人に日頃の感謝を込めて贈りたい花言葉。贈る花言葉の中でも良い部類の花言葉だと言えます。

「謙虚」という花言葉は、偉そうにしていない人に贈る言葉で褒め言葉に当たります。素直に学ぶ気持ちがある人に贈ってあげましょう。

紫色のライラックの花言葉

紫色のライラックの画像 By Grant Guarino

紫色のライラックの花言葉は、「初恋」と「恋の芽生え」です。

「初恋」や「恋の芽生え」といった花言葉は、好きになり始めた段階を指す花言葉なので、そのようなタイミングで好きな相手に贈ると良い花言葉です。告白の時に、紫色のライラックの花言葉を贈ると良いと思います。

ライラック(白色)の花言葉

白色のライラックの画像 By Liz Lawley

白色のライラックの花言葉は、「無邪気」と「若さ」です。

「無邪気」や「若さ」といった花言葉は、白色という他の色に染まっていない(汚れていない)花の色に因んだ花言葉です。無邪気である事や若さという事は褒め言葉だと言えるので、年下の人に贈る花言葉としては悪くないと言えるでしょう。

ライラック以外の花言葉を調べたい場合

ライラックの花言葉があなたの希望する意味ではない場合、以下のリンクからライラックの花言葉以外の花言葉を調べることができます。

ライラックという植物について

ライラックという植物は、どんな植物なのか、どんな花を咲かせるのかなどを詳しく解説致します。

ハシドイ属という生物分類に属しているライラック

ライラックとは、モクセイ科の植物でヨーロッパでは街路樹としてよく植えられている花。大きさは1.5m~6m程度の植物です。

日本には明治時代中期に伝わりました。涼しい場所を好む花なので、日本では北海道など涼しい気候の地域で見かけます。

園芸店においては、イボタノキを台木にしてライラックの苗木が売られていることが多いのでが特徴です。※イボタノキを台木にすると花が早く咲くようになるため。葉を見れば、どの部分で接ぎ木されているか分かります。

また、ライラックは香りが良いことで知られています。どんな香りかと言うと、少し表現しにくいような懐かしい感じがする香りで、ジャスミンの花の香りに少し似ていると思います。香りの効能としては、リラックス効果があります。

ライラックの香りを楽しむなら生花。もちろん、ライラックの香りは精油や香水などでも楽しめますが、それ程メジャーな香りではないので、ライラックの花束の香りを嗅いでみてください。

誕生日の花としてのライラック

ライラックは、以下の月日の誕生日の花です。そのため、以下の月日の誕生日の人に、花言葉を添えてライラックの花をプレゼントすることは良いことです。

しかし、ライラック以外で同じ月日の誕生月の花や誕生日の花をお探しの場合は、以下のリンクからその月日のライラック以外の誕生花を調べてください。

ライラックの英語と名前の由来

ライラックの英語とその英語の由来、またライラックの和名とその和名の由来をご紹介致します。

ライラックは英語でLilac。その言葉の由来とは?

ライラックの花の色は、青色や紫色です。そのため、ペルシャ語で青色を意味する「lilak」が由来となり、「Lilac」という英名になりました。

※ライラックの英語のスペルはLilacなので間違えないようにしましょう。

ライラックの和名は、紫丁香花(むらさきはしどい)。その言葉の由来とは?

紫丁香花の名前の由来は、丁香花(ハシドイ)という白色の花を咲かせる種があるのですが、その花の色を紫色にした状態に近いため、紫丁香花という名前が付きました。ちなみに、丁香花とは、木曽方言で「花が端の方に集う」という意味です。

※ライラックの別名はリラです。ライラックのことをフランス語でLilas(リラ)と言いますが、このフランス語の読み方がリラという別名になりました。

プレゼント用なら姫ライラック(ヒメライラック)

ライラックの花をプレゼントするなら、花束にして贈るのが一般的です。

庭に植える用途として苗をプレゼントする場合でも、最終的に丈が1.5m~6m程度になってしまうため、プレゼントしにくいという欠点があります。

そんな時にオススメの品種が、姫ライラック。ライラックを小さくしたような品種で可愛らしいのが特徴です。ポットに入った苗を贈りたいなら、姫ライラックを贈ると良いでしょう。

花びらが5枚のライラックは幸せの証!ラッキーライラック!

ラッキーライラックの画像 By choco2true_season

ライラックの花びらは通常4枚です。しかし、四つ葉のクローバーのように珍しいライラック(花びらが5枚のラッキーライラック)が存在します。ラッキーライラックは、見つけると幸運と言われていますので、機会があれば探してみるといいでしょう。

ライラックの花の色や形や開花時期(季節)

ライラックは春の季節に咲く花。開花時期は4月~5月です。花の色は、紫色や青色や白色など。枝の先っぽの方に穂状にたくさんの花を咲かせます

ライラックの概要

名称ライラック
学名Syringa vulgaris
和名紫丁香花(むらさきはしどい)
その他の名前リラ
科名モクセイ科
属名ハシドイ属
分類庭木、花木
原産地ヨーロッパ
丈(高さ)150cm~6m程度
やや弱い
強い
栽培難易度中級者向け
開花時期4~5月頃

※このライラックの花言葉のページは「情報サイト誕プレ調べ」による内容のものです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

Facebook like box
スポンサーリンク
スポンサーリンク