伊勢神宮へ誕生日プレゼントとして連れて行ってあげよう

パワースポットやパワーストーンのご利益がブームの昨今ですが、誕生日なので、新しい一年は、何ごともなく過ごしたいですよね。

なので、誕生日の時に何かにあやかりたい、感じたいという方は多いのではないでしょうか?また、そういった所は趣を感じられることも少なくはありません。

そんな時は伊勢神宮へ行ってみてはどうですか?今回は伊勢神宮へ誕生日に行く際の利用方法を紹介しましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

伊勢神宮とは?

伊勢神宮の画像 Bynilulu

伊勢神宮とは三重県伊勢市にある、皇室とも所縁の深い、神社の中で一番格式が高い位置にある神社です。正しい呼び方は「神宮」と呼びます。

伊勢神宮は内宮(ないくう)、外宮(げぐう)の2つの正宮があり、何の神様を祀るかというと、太陽の神アマテラス(天照大御神)を祀る内宮、衣食住の神、豊受大御神を祀るの外宮からなります。

一般的にご利益というと自分自身に授かる結果をあらわしますが、神を祀る種類から分かるように「感謝」をするところです。

また、式年遷宮と言われ、伊勢神宮は20年毎に建て替えられます。

そんな伊勢神宮へのアクセスは、最寄り駅の伊勢市駅から外宮までは歩いて5分、内宮へは外宮から車で10分、近鉄宇治山田駅や五十鈴川駅からは車で5分から10分ほど。

名古屋駅から最寄りの3駅までは1時間半ほど。車でも所要時間は同じくらいです。

奈良県からは、伊勢神宮へ約2時間、静岡県からは3時間半ほど、東京からは新幹線などを使うと3時間半ほど、車で5時間半ほどとなります。

名古屋や関西圏(近鉄の伊勢神宮参拝きっぷを使うとお得)の方なら日帰りできる場所ですね。

伊勢神宮は、東京など各地から夜行バスやバス、新幹線ツアー、ひとりツアーの観光やお参りも組まれています。

伊勢神宮は三が日や七五三を主に年間800万人も訪れ、海外の著名な人たちからも、伊勢神宮の精神性や格式が評価され、絶賛の声も多いです。

伊勢神宮はどんな誕生日の祝い方が良い?

伊勢神宮へ誕生日に利用するならどんな方法が良いのでしょうか?代表的なものを紹介します。

伊勢神宮は誕生日のデートや旅行にも問題なく行える

伊勢神宮の宇治橋の画像 ByTranpan23

伊勢神宮は神社ですので、趣を感じるのが好きな方は相性が良いでしょう。伊勢神宮の宇治橋もとても綺麗な橋ですので。是非寄ってみて下さい。

カップルの誕生日デート、女性の友達同士で誕生日の女子旅、家族の誕生日、特に自分の誕生日の一人旅とシーンを選ばず伊勢神宮へ行けますのでおすすめです。

伊勢神宮で誕生日プレゼントを購入しよう

先ほど申したように、伊勢神宮は自分への見返りを求めるところではありません。しかしながら、もちろんお守りもあります。

学業や厄除け、開運のお守りなどの種類があるので、それぞれに見合った方への誕生日プレゼントとして、購入しましょう。

例えば受験生が誕生日や、結婚、子供を産んだ人と一緒なら誕生日プレゼントで渡す、もし一緒に同行していないならば、お土産として購入し、後日プレゼントとして渡すのも悪くありません。

伊勢神宮を誕生日に利用するなら、正しい参拝も覚えておこう

伊勢神宮の参拝の画像 ByEllie

伊勢神宮には参拝のルールがあります。せっかくの伊勢神宮です。誕生日に利用するなら、やはり間違いの無いよう、参拝方法を覚えておいたほうが良いです。

一般的に内宮だけ参拝する人が多いですが、外宮→内宮の順番に参拝するのが正しい回り方とされています。

歩き方も決まっており、中央は歩かず外宮は左、内宮は右側を歩きます。所要参拝時間は各20分ずつです。外宮から内宮からはバスで15分ほどなのでバスでの移動をすすめます。

伊勢神宮へ誕生日に行くなら周辺も利用しよう

一人、相手問わず、誕生日に伊勢神宮に行くなら伊勢神宮だけではなく、伊勢周辺の観光スポットも周り、お伊勢参りを再現してみてはどうですか?

伊勢神宮地域は日本酒も有名で、さらに各地にはおすすめの場所やお店でランチ、神宮会館のような宿や温泉宿、高級旅館もあります。

高級食材で有名な伊勢名物の伊勢海老を相手にご馳走できますし、旅館があれば予定に合わせて調整できるので、問題はないはずです。

もちろん、少し移動して伊勢から鳥羽などへ行ってみるのも良いでしょう。鳥羽には鳥羽水族館鳥羽温泉もあります。

伊勢神宮は、普段あまり訪れることのない、「非日常的」な場所だと思いますし、反面、近くには「日常的」なロケーションも多くありますので、誕生日の場として訪れ、それぞれに合った情緒を味わうのも悪くないことだと思います。

もし、誕生日にそういった風情の一つとして楽しみたいなら伊勢神宮へ行くのも方法の一つです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

Facebook like box
スポンサーリンク
スポンサーリンク