旦那のために誕生日の夕食を少し豪華にするコツ

誕生日と言えば、普段より少し豪華な夕食とケーキは外せません

生活費のために「結婚してからはプレゼントは無しでいこう」とお互いが相談して決める夫婦も多いようですが、やはり愛するパートナーの誕生日には何か特別なことをしてあげたいと思うのが愛情です。

しかし、自由に使えるお金がほぼない主婦にとって、旦那の誕生日祝いは一大プロジェクトなのです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

旦那の誕生日祝いのケーキと少し豪華な夕食の予算とは!?

ケーキは2人分でおよそ1,200円と仮定します。少し豪華な夕食のメインディッシュはやっぱり良いお肉が必要でしょう。良いお肉と普段使わない食材など、普段の夕食の予算との差額を考えるとおよそ1,300円ほどでしょうか。

少し豪華な夕食の画像

合計すると、2,500円程度、必要な計算になります。つまり、この約2,500円を捻出することが肝なのです。

少し豪華な夕食を作るための準備は、夫の誕生日の1ケ月前からが基本!

主婦にとって、少し豪華な夕食を作るために2,500円を捻出するのは結構大変なことです。

内緒の収入があったり、潤沢なへそくりがある場合は別かもしれませんが、そうではなければ家計をやり繰りして2,500円を捻出しなければいけません。

具体的な方法としては、普段の食費を毎日100円程度ずつ節約するのが良いでしょう。すると約1ケ月で2,500円を作ることが可能です。

100円の画像総務省統計局の家計調査によると、2013年の30才未満の2人世帯の月平均の食費は59,819円のようです。しかし、それは外食を含めた平均額で、特に食費を切り詰めている家庭の場合だと、2人世帯の食費は25,000円~30,000円程度という声が多いのではないでしょうか。

つまり、2,500円を捻出するということは、1ケ月の食費の5~10%程度を更に節約する必要があるため、大変なのです。

旦那の誕生日当日はとにかく時間が必要

バースデーケーキは、買うだけなので問題はありません。

しかし、特別感を出したい少し豪華な夕食は異なります。特別感を出そうとすればする程、料理にも時間がかかります。そして、料理こそが腕の見せどころであり、誕生日のお祝いの気持ちを込める部分でもあります。

お肉を付け込んだり、ソースを手作りしたり、スープを裏ごしたり… その準備は1日がかりです。盛り付けや配置などにもこだわって、旦那に”特別感”を感じてもらえるように一生懸命考えて準備します。つまり、 生涯のパートナーの誕生日には、1日中その人のためを思って過ごしていることになります。

時間が必要の画像

もし、同じような境遇の主婦の方がいれば、こんな風に生活費を切り詰めて旦那の誕生日を祝う準備をする方法がおすすめです。せっかく家計を支えてくれている愛する旦那なのですから、1年に1回の誕生日には精一杯の愛情表現をするべきです。

あなたの旦那が気配りのできない人だったら・・・

男性の中には、誕生日を祝ってあげてもそんなに喜びをあらわにしない方もいます。場合によっては、普段より豪華な夕食に気付かない人もいるかもしれません。

もし、あなたの旦那が豪華な夕食に気付かない人なら、せっかくの長期間の努力をしたり、特別なことをしてあげたいという愛情表現をしたのですから、「少し豪華な夕食を作ったんだぞっ」ていうアピールをすると良いでしょう。誕生日メッセージ付きの手紙を添えて、祝ってあげると疎い旦那でも「今日は違うんだなっ」て感じとってくれることでしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

Facebook like box
スポンサーリンク
スポンサーリンク