【6/7生まれ必見】6月7日の誕生花は全部で3種類

母親大会記念日として有名な6月7日の誕生花は黄色の薔薇、つつじ、クチナシの3種類です。誕生花は国や地域によって異なりますが、日本における一般的な6月7日の誕生花をご紹介しています。このページでは、黄色の薔薇、つつじ、クチナシがどのような花なのか、そして誕生日プレゼントとして適しているのかを情報サイト誕プレが考察した結果を記載しています。また、6月7日のそれぞれの誕生花における花言葉やより詳しい花の情報が書かれたページへのリンクもありますので、気になる花があればご覧下さい。

【6月7日の誕生花】薔薇(黄色の花限定)

情報サイト誕プレおすすめ度★★★★★ (5段階評価中5[素晴らしい])

黄色い薔薇の画像 ByChris Sorge

6月7日の誕生花の1つは、薔薇です。※花の色は黄色限定なので間違えないようにしましょう。

薔薇と言えば、誰もが知っている有名な花。花束にするのがオススメで、黄色の薔薇の花束は爽やかな印象を与えるという長所があります。

花言葉も良い意味で、どの花屋でも手に入手可能。年齢や男女問わず贈ることができる良い花だと思います。

※黄色い薔薇に関する詳しい内容は、黄色い薔薇の花言葉のページをご覧下さい。 

【6月7日の誕生花】躑躅(つつじ)

情報サイト誕プレおすすめ度★★★☆☆ (5段階評価中3[普通])

つつじの花の画像 ByDavide Taviani

6月7日の誕生花の1つは、つつじです

つつじは、一般的には庭に植えるやや大きめの植物ですが、品種によってはやや小柄なつつじもあり、それらは鉢植えや盆栽にも用いられます。

特に、つつじの盆栽が開花した姿は見事。老人に贈る花として素晴らしい花だと思います。

※つつじに関する詳しい内容は、つつじの花言葉のページをご覧下さい。

【6月7日の誕生花】梔子(クチナシ)

情報サイト誕プレおすすめ度★★★★★ (5段階評価中5[素晴らしい])

クチナシの花の画像 By 澎湖小雲雀

6月7日の誕生花の1つは、クチナシです。

クチナシは、良い香りがするという特徴がある真っ白な花。その純白さから新婦のブーケに用いられる女性向けの花です。

花束にしたりブーケにしたクチナシは、プレゼント用の花として人気があります。

※クチナシに関する詳しい内容は、クチナシの花言葉のページをご覧下さい。 

情報サイト誕プレが6月7日の誕生花が誕生日プレゼントに合う花なのか評価した結果

6月7日の誕生花の中には、誕生日にプレゼントする花としてかなりオススメの花があります

6月7日の誕生花は3種類ありますが、中でも黄色の薔薇とクチナシの花はプレゼント用の花にピッタリです。黄色の薔薇は、花束にして贈るのに適しており、クチナシはブーケにして贈ると良い花です。

6月7日生まれの男性や友達に6月7日の誕生花を贈るなら黄色の薔薇が良く、女性に贈るならクチナシの花をプレゼントするのが良いと思います。

ちなみに、黄色の薔薇は6月7日の誕生花であること以前に、6月の誕生花でもあります。

※6月7日以外の誕生花は、365日の誕生花の一覧をご覧下さい。

情報サイト誕プレおすすめ度について

6/7の全ての誕生花には、「情報サイト誕プレおすすめ度」という星5つ~星1つの5段階で評価された表があります。この評価は、以下の要因をもとに算出した内容になります。

  • 花の見た目…「見栄えが良い花なのか、見栄えが良くない花なのか」を評価の要因にしています。花束として贈ることができる花は気軽に贈れるため評価は高く、鉢植えの場合は評価は低めにしています。
  • 開花時期…「6月7日が花の開花時期に含まれているか」を鉢植えの場合は評価の要因にしています。花束として贈ることができる花の場合は、ハウス栽培をしている花であれば開花時期については考慮していません。
  • 花言葉…「その花が持つ花言葉が良い意味なのか、悪い意味なのか」を評価の要因にしています。

シェアする