【7/7生まれ必見】7月7日の誕生花は全部で4種類

七夕として有名な7月7日の誕生花は睡蓮、スグリ、アベリア、クチナシの4種類です。誕生花は国や地域によって異なりますが、日本における一般的な7月7日の誕生花をご紹介しています。このページでは、睡蓮、スグリ、アベリア、クチナシがどのような花なのか、そして誕生日プレゼントとして適しているのかを情報サイト誕プレが考察した結果を記載しています。また、7月7日のそれぞれの誕生花における花言葉やより詳しい花の情報が書かれたページへのリンクもありますので、気になる花があればご覧下さい。

【7月7日の誕生花】睡蓮(スイレン)

情報サイト誕プレおすすめ度★★★★☆ (5段階評価中4[良い])

睡蓮の画像 By houroumono

7月7日の誕生花の1つは、睡蓮です。

睡蓮は、幻想的な雰囲気の花を咲かせる植物。代表的な水生植物の1つです。アイスフラワーにした睡蓮は、ギフト用の花として結構有名なので、睡蓮の花を贈るならアイスフラワーの睡蓮を贈ると良いでしょう。

※睡蓮に関する詳しい内容は、睡蓮の花言葉のページをご覧下さい。

【7月7日の誕生花】スグリ

情報サイト誕プレおすすめ度★★☆☆☆ (5段階評価中2[やや悪い])

スグリの花の画像 ByElaine with Grey Cats

7月7日の誕生花の1つは、スグリです。

スグリは様々な色の果実を実らせる植物。スグリの一種の黒すぐりは、カシスの原料としても知られています。鉢植えとして育てることも可能なので、ガーデニングが趣味の人になら、贈っても問題ないでしょう。

※スグリに関する詳しい内容は、スグリの花言葉のページをご覧下さい。

【7月7日の誕生花】アベリア

情報サイト誕プレおすすめ度★★☆☆☆ (5段階評価中2[やや悪い])

アベリアの花の画像 ByTANAKA Juuyoh (田中十洋)

7月7日の誕生花の1つは、アベリアです。

アベリアは、白色やピンク色の可憐な花を咲かせる植物。成長すると1m~1.5m程度になる花木なので、庭で植物を育てるのが好きな人に鉢植えのアベリアをプレゼントする以外はプレゼントに向かない花です。

※アベリアに関する詳しい内容は、アベリアの花言葉のページをご覧下さい。

【7月7日の誕生花】梔子(クチナシ)

情報サイト誕プレおすすめ度★★★★★ (5段階評価中5[素晴らしい])

クチナシの花の画像 By 澎湖小雲雀

7月7日の誕生花の1つは、クチナシです。

クチナシは、清楚な印象の真っ白な花を咲かせる植物。花束やブーケにも使われ、良い香りがするのでプレゼント用の花に向いていると思います。

※クチナシに関する詳しい内容は、クチナシの花言葉のページをご覧下さい。

情報サイト誕プレが7月7日の誕生花が誕生日プレゼントに合う花なのか評価した結果

7月7日の誕生花の中には、プレゼント用の花が存在します

7月7日の誕生花は4種類ありますが、中でもクチナシがプレゼント用の花としてオススメ。7月7日生まれの人の誕生日に花を贈るなら、クチナシの花束を贈ると良いでしょう。

※7月7日以外の誕生花は、365日の誕生花の一覧をご覧下さい。

情報サイト誕プレおすすめ度について

7/7の全ての誕生花には、「情報サイト誕プレおすすめ度」という星5つ~星1つの5段階で評価された表があります。この評価は、以下の要因をもとに算出した内容になります。

  • 花の見た目…「見栄えが良い花なのか、見栄えが良くない花なのか」を評価の要因にしています。花束として贈ることができる花は気軽に贈れるため評価は高く、鉢植えの場合は評価は低めにしています。
  • 開花時期…「7月7日が花の開花時期に含まれているか」を鉢植えの場合は評価の要因にしています。花束として贈ることができる花の場合は、ハウス栽培をしている花であれば開花時期については考慮していません。
  • 花言葉…「その花が持つ花言葉が良い意味なのか、悪い意味なのか」を評価の要因にしています。

シェアする