【6/1生まれ必見】6月1日の誕生花は全部で3種類

梅肉エキスの日として有名な6月1日の誕生花はカスミソウ、亜麻、赤色の薔薇の3種類です。誕生花は国や地域によって異なりますが、日本における一般的な6月1日の誕生花をご紹介しています。このページでは、カスミソウ、亜麻、赤色の薔薇がどのような花なのか、そして誕生日プレゼントとして適しているのかを情報サイト誕プレが考察した結果を記載しています。また、6月1日のそれぞれの誕生花における花言葉やより詳しい花の情報が書かれたページへのリンクもありますので、気になる花があればご覧下さい。

【6月1日の誕生花】かすみ草(カスミソウ)

情報サイト誕プレおすすめ度★★★★★ (5段階評価中5[素晴らしい])

カーペットカスミソウの画像

6月1日の誕生花の1つは、カスミソウです。

カスミソウは、まるで雪のような無数の小さな花を咲かせる植物です。花束によく使われる花で、下記の薔薇の花との相性も抜群。もちろん、カスミソウだけの花束としても人気があります。

上の写真は、ポットや鉢植えで育てるのに適したタイプのカスミソウ。花束に用いるカスミソウより花が大きいですが、それでも可愛らしい花として人気です。

※カスミソウに関する詳しい内容は、カスミソウの花言葉のページをご覧下さい。

【6月1日の誕生花】亜麻(アマ)

情報サイト誕プレおすすめ度★★☆☆☆ (5段階評価中2[やや悪い])

亜麻の画像 By t-mizo

6月1日の誕生花の1つは、亜麻です

亜麻とは、主に衣類の原料に用いられる植物。花を見たことがある人は少ないと思いますが、今あなたが着ている洋服などにも使われているはずなので、馴染み深いはずです。

花としての観賞価値はほとんどなく、野原などで咲いている普通の花といった感じ。ガーデニング好きな人でもほとんど育てることはない花なので、亜麻の花をプレゼントするのはやめた方が良いと思います。

しかしながら、亜麻から取れる油(亜麻仁油)は非常に人気の高い食用油です。どうしたも亜麻に関係した物をプレゼントしたいのであれば、亜麻仁油のセットをプレゼントすると喜ばれることでしょう。

※亜麻に関する詳しい内容は、亜麻の花言葉のページをご覧下さい。

【6月1日の誕生花】薔薇(赤色の花限定)

情報サイト誕プレおすすめ度★★★★★ (5段階評価中5[素晴らしい])

赤い薔薇の画像 ByYoko Nekonomania

6月1日の誕生花の1つは薔薇です。※花の色は赤色限定なので間違えないようにしましょう。

「有名な花を思い浮かべてください」という質問に対して、恐らくほとんどの人が赤い薔薇を想像すると思います。それ程、赤色の薔薇は特別な花であり、有名な花。

花束の代名詞と言っても過言ではない赤い薔薇は、プレゼントにとても向いています。どのフラワーショップに行っても必ずと言って良いほど売られているので、簡単に入手できます。

見た目も見事な花なので、誕生日に薔薇の花を贈れば喜んでもらえること間違い無しです。

※赤い薔薇に関する詳しい内容は、赤い薔薇の花言葉のページをご覧下さい。 

情報サイト誕プレが6月1日の誕生花が誕生日プレゼントに合う花なのか評価した結果

6月1日の誕生花の中には、誕生日にプレゼントする花としてかなりオススメです

6月1日の誕生花は3種類ありますが、中でもカスミソウと赤い薔薇はオススメです。どちらの花もプレゼント用の花としては最高峰に位置しますが、何と言ってもカスミソウと赤い薔薇は花束として共存できるほど相性が良いのです。

6月1日生まれの人の誕生日に花をプレゼントするなら、赤色の薔薇とカスミソウをミックスした花束に花言葉付きのメッセージカードを添えてプレゼントすると良いでしょう。

ちなみに、赤い薔薇は6月1日の誕生花であること以前に、6月の誕生花でもあります。

※6月1日以外の誕生花は、365日の誕生花の一覧をご覧下さい。

情報サイト誕プレおすすめ度について

6/1の全ての誕生花には、「情報サイト誕プレおすすめ度」という星5つ~星1つの5段階で評価された表があります。この評価は、以下の要因をもとに算出した内容になります。

  • 花の見た目…「見栄えが良い花なのか、見栄えが良くない花なのか」を評価の要因にしています。花束として贈ることができる花は気軽に贈れるため評価は高く、鉢植えの場合は評価は低めにしています。
  • 開花時期…「6月1日が花の開花時期に含まれているか」を鉢植えの場合は評価の要因にしています。花束として贈ることができる花の場合は、ハウス栽培をしている花であれば開花時期については考慮していません。
  • 花言葉…「その花が持つ花言葉が良い意味なのか、悪い意味なのか」を評価の要因にしています。

シェアする