誕生日に作ると良い料理やアドバイスを含めた注意点

誕生日に外食せずに自宅で料理を振る舞う時、他の家庭ではどのような料理を作っているのでしょうか?また、どういった手料理が良いのでしょうか?

もちろん、料理を作る相手が彼氏なのか、友達なのか、家族の誰かなのかによっても若干異なります。しかし、料理を作る際に気をつけることは基本的に同じです。

このページでは、誕生日に作ると良い料理や注意点するべき事をご紹介致します。

誕生日の料理は、腹八分目を目安の量として作ること

まず、第一に理解して欲しい点は、誕生日の食事と普段の食事では決定的な違いがある点です。それは、食事の後にバースデーケーキが控えているという事

誕生日だからと言って、張り切って料理を作るのも良いですが、食事の後にバースデーケーキを出そうと考えているのなら、少し足りないかなぁと思う程度の量の手料理を作るべきです。

誕生日を迎える人の食の太さにもよりますが、バースデーケーキも料理の1品、即ちデザートという考えで料理を作ると良いでしょう。

誕生日に作るべき料理の基本は、誕生日を迎える人の好物を作るべき

誕生日を迎える人が王様。従って、誕生日を迎える人が好きな料理を作るのが基本です。

肉料理が好きなら、ステーキや唐揚げ、魚料理が好きなら、刺身や天ぷら、お惣菜が好きなら、きんぴらごぼうやほうれん草のおひたしと言ったように、誕生日を迎える人の好きな料理ばかりにしましょう。

美味しい料理の画像

誕生日と言えば肉料理!ステーキもしくはハンバーグが王道

誕生日の料理に欠かせないものと言えば、肉料理です。この肉料理があるのと無いのとでは、料理の華やかさが違います。

肉料理の中でも、料理の経験があまり無い人でも簡単に作ることができるのが、ステーキやハンバーグ

ステーキであれば、少し高めの肉を買ってきて、焼くだけ。もちろん、焼き方に注意しなければいけませんが、ソースは市販のステーキソースを使えば1品完成です。

以下の動画は、一般的な家庭でステーキを作る時に参考になります。

また、誰もが作ったことがあるハンバーグもおすすめ。

ハンバーグは、簡単に作ることができる割には、年齢問わず男性からもかなり人気の高いメニューです。ハンバーグのソースを自分で作るのも良いですが、味付けは市販のソースを購入すれば、まず失敗はしないでしょう。

以下の動画は、通常の家庭でハンバーグを作る時に参考になります。ポイントの解説も丁寧です。

メニューに魚を入れたいなら、誕生日には刺身がおすすめ

肉料理がある状態で、焼き魚は少し重い感じがします。また、天ぷらは作るのが大変です。

そんな時は、刺身がおすすめ。さっぱりした感じがし、魚を買ってきて切って盛り付けるだけなので非常に簡単。そして、テーブルの料理の豪華さを際立たせる一品にもなります。

マグロなどの赤身、イカなどの白身、そして人気のサーモン。色鮮やかな刺身を準備しましょう。

刺身の画像

パスタ料理は失敗が少ない料理

パスタ料理と聞くと、料理上級者が作るイメージもありますが、実は意外と簡単で失敗も少ない料理です。カルボナーラあたりはコツがいるので難しいですが、大抵は具材を痛めてパスタと和えるだけ。

どうしても自信がないという場合は、ちょっとズルをして市販のパスタソースを使いましょう。

誕生日の料理は作るだけが全てではない!適度に冷凍食品も混ぜても良い

誕生日に作る料理は、基本的に豪華で通常より品数が多くなる傾向にあります。当然、品数が増えると調理するのが大変で、また油を使った唐揚げなどの料理は、経験がないと失敗しやすいものです。

そんな時は、誕生日の料理に適度に冷凍食品を混ぜると良いでしょう。

自分で作るものは作り、作れない物は作らないというように割り切るのが、誕生日の料理を作るコツです。

料理に自信がない場合、肉じゃがなどのハードルの高い和食は避けた方がいい

彼氏に作ってあげたい料理というイメージがある肉じゃが。確かに、男性にとっても人気の一品です。

料理が得意であれば肉じゃがを作ってあげても良いかもしれませんが、料理の経験があまりない場合、肉じゃがなどの少しハードルが高い料理は避けた方が良いでしょう。

どうしても肉じゃがなどが必要な場合は、近所のスーパーで買ってきてテーブルに出してください。

肉じゃがの画像

【まとめ】誕生日の料理のポイント

要約すると、誕生日の料理のポイントは以下の通りです。彼氏の誕生日に料理を作る場合は、誕生日数日前に友達を呼んで、実際に出す料理を友達に食べさせて改善点を聞くなどすると良いでしょう。

  • バースデーケーキがあるから、腹八分目の量にすること。
  • 品数を増やして、豪華に見せること。もちろんメインの肉料理は絶対に必要。
  • 誕生日を迎える人の好きな料理ばかりにすること。
  • 手を抜ける部分は手を抜く。即ち、冷凍食品を使ったり、お惣菜をスーパーで買っても良い。

シェアする