ヘリオトロープの花言葉は愛に関係した2つの言葉

誕生日にヘリオトロープの花を贈ったり、誕生日プレゼントにヘリオトロープの花を添えようと考えているなら、「ヘリオトロープの花言葉」を知った上で花を贈るべきです。情報サイト誕プレの調べによると、ヘリオトロープの花言葉は2語あります。花言葉は花の色や品種などによって異なる場合があるので注意が必要です。このページでは、ヘリオトロープの花言葉以外にも、ヘリオトロープの花について詳しい情報を掲載しています。つまり、ヘリオトロープの花の色や花の品種、ヘリオトロープの英語での呼び方や名前の由来などが詳しく書かれているのです。情報サイト誕プレでは、「ヘリオトロープの花言葉」の他にもあなたが知りたい花の花言葉を調べることができます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ヘリオトロープの花言葉

ヘリオトロープの花言葉は2種類あります。詳しい内容を見ていきましょう。

ヘリオトロープの花言葉は、愛に関する言葉

【1】ヘリオトロープの花言葉永遠の愛
【2】ヘリオトロープの花言葉献身的な愛

ヘリオトロープの花言葉は、「永遠の愛」と「献身的な愛」という花言葉です。

どちらも非常に使いやすい花言葉。愛に関係した花言葉なので、恋人間や夫婦間で贈ると良い花言葉だと言えます。

ヘリオトロープ以外の花言葉を調べたい場合

ヘリオトロープの花言葉があなたの希望する意味ではない場合、以下のリンクからヘリオトロープの花言葉以外の花言葉を調べることができます。

ヘリオトロープという植物について

ヘリオトロープという植物は、どんな植物なのか、どんな花を咲かせるのかなどを詳しく解説致します。

キダチルリソウ属という生物分類に属しているヘリオトロープ

ヘリオトロープは、ハーブとして有名な植物

バニラのような甘い匂いを放ち、香水の原料としても有名な花です。ポプリやドライフラワーにもされる花です。

ヘリオトロープを用いた香水

ヘリオトロープを用いた香水は、夏目漱石の小説の三四郎(1908年)にも登場する香水

ヘリオトロープを原料にした香水は、日本に初めて輸入・市販された香水として知られ、100年以上経った今でもその香水は市販されています。

誕生日の花としてのヘリオトロープ

ヘリオトロープは、以下の月日の誕生日の花です。そのため、以下の月日の誕生日の人に、花言葉を添えてヘリオトロープの花をプレゼントすることは良いことです。

しかし、ヘリオトロープ以外で同じ月日の誕生月の花や誕生日の花をお探しの場合は、以下のリンクからその月日のヘリオトロープ以外の誕生花を調べてください。

ヘリオトロープの英語と名前の由来

ヘリオトロープの英語とその英語の由来、またヘリオトロープの和名とその和名の由来をご紹介致します。

ヘリオトロープは英語でHeliotrope。その言葉の由来とは?

古来、ヘリオトロープは太陽の動きに合わせて、太陽に向かって花が回ると信じられていました。そのため、ギリシャ語で太陽の意味に当たるheliosと、回転の意味に当たるtropeを合わせたHeliotropeという英名になりました。

ヘリオトロープの和名は、木立瑠璃草(きだちるりそう)。その言葉の由来とは?

木立とは、「並んで生える様」という意味で、ヘリオトロープの特徴を表しています。ヘリオトロープの花の色は瑠璃色なので、木立瑠璃草という名前になりました。

ヘリオトロープの花の色や形や開花時期

ヘリオトロープの画像 By F. D. Richards

ヘリオトロープは、瑠璃色(紫色っぽい色)の小さな花を咲かせます。花の色が紫色っぽい色なので、別名、匂い紫(ニオイムラサキ)という名前で呼ばれることもあります。開花時期は、4月~10月頃になります。

ヘリオトロープの概要

名称ヘリオトロープ
学名Heliotropium arborescens
和名キダチルリソウ(木立瑠璃草)
その他の名前コウスイソウ(香水草)、ニオイムラサキ(匂い紫)
科名ムラサキ科
属名キダチルリソウ属
分類草花、ハーブ
原産地熱帯地域、温帯地域
丈(高さ)10cm~100cm程度
普通
弱い
栽培難易度やや初級者向け
開花時期4~10月頃

※このヘリオトロープの花言葉のページは「情報サイト誕プレ調べ」による内容のものです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

Facebook like box
スポンサーリンク
スポンサーリンク