タチアオイ(立葵)の花言葉は野心家にピッタリの言葉

誕生日にタチアオイの花を贈ったり、誕生日プレゼントにタチアオイの花を添えようと考えているなら、「タチアオイの花言葉」を知った上で花を贈るべきです。情報サイト誕プレの調べによると、タチアオイの花言葉は5語あります。花言葉は花の色や品種などによって異なる場合があるので注意が必要です。このページでは、タチアオイの花言葉以外にも、タチアオイの花について詳しい情報を掲載しています。つまり、タチアオイの花の色や花の品種、タチアオイの英語での呼び方や名前の由来などが詳しく書かれているのです。情報サイト誕プレでは、「タチアオイの花言葉」の他にもあなたが知りたい花の花言葉を調べることができます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

立葵(タチアオイ)の花言葉

タチアオイの花言葉は、全部で5種類あります。花の色によって花言葉が違いますので、注意しましょう。

【1】タチアオイの花言葉大望
【2】タチアオイの花言葉野心
【3】タチアオイの花言葉大志
【4】タチアオイの花言葉気高く威厳に満ちた美
【5】黄色のタチアオイの花言葉率直

花の色が関係ないタチアオイの花言葉

白色のタチアオイの画像 By Ana Rodríguez Carrington

花の色が関係ないタチアオイの花言葉には、「大望」や「野心」や「大志」といった花言葉があります。

例えば、野球選手やサッカー選手になりたいという野心を持ち必死に頑張っている人や、会社経営をしていてガッツリ儲けようとしている社長など、何かに向かって必死に頑張っている人や野心家にピッタリの花言葉だと言えます。

花の色が関係ないタチアオイの花言葉には、「気高く威厳に満ちた美」という花言葉もあります。

「気高く威厳に満ちた美」という花言葉は少し分かりにくい意味ですが、要するに近寄りがたいほど崇高なる美ということです。主に、モデルなど美の象徴といえる人にピッタリの花言葉だと思います。

黄色いタチアオイの花言葉

黄色のタチアオイの画像 By Wayne Noffsinger

黄色のタチアオイの花言葉は、「率直」です。

率直とは、「ありのままの状態」という意味。そのため、裏表がないという褒め言葉として使える花言葉だと言えます。悪い意味ではないので、誰に対しても使える便利な花言葉だと思います。

タチアオイ以外の花言葉を調べたい場合

タチアオイの花言葉があなたの希望する意味ではない場合、以下のリンクからタチアオイの花言葉以外の花言葉を調べることができます。

タチアオイという植物について

タチアオイという植物は、どんな植物なのか、どんな花を咲かせるのかなどを詳しく解説致します。

タチアオイ属という生物分類に属しているタチアオイ

タチアオイは、アオイ科の植物でホリホックという別名でも知られています。

元々は薬草として使われていたり、料理の食材としても使われていました。しかし、時代が進むにつれて、薬用より園芸向きの花として扱われるようになりました

現代では品種改良が進み、一重咲きのタチアオイをはじめとして、八重咲きのタチアオイや、鉢植えで育てられるタチアオイなど、様々なタチアオイが見られるようになりました。

※薄紅立葵(ウスベニタチアオイ)と呼ばれる植物は、タチアオイとは別の植物なので間違えないように気をつけましょう。ちなみに薄紅立葵の別の呼び名は、ビロードアオイやマーシュマロウなど。

誕生日の花としてのタチアオイ

タチアオイは、以下の月日の誕生日の花です。そのため、以下の月日の誕生日の人に、花言葉を添えてタチアオイの花をプレゼントすることは良いことです。

しかし、タチアオイ以外で同じ月日の誕生月の花や誕生日の花をお探しの場合は、以下のリンクからその月日のタチアオイ以外の誕生花を調べてください。

タチアオイの英語と名前の由来

タチアオイの英語とその英語の由来、またタチアオイの和名とその和名の由来をご紹介致します。

タチアオイは英語でHollyhock。その言葉の由来とは?

タチアオイは、12世紀~13世紀頃に十字軍がシリアから持ち帰った事によって知られるようになった植物です。当時のタチアオイは神聖な土地に生えており、見た目がゼニアオイに似ていたため、「聖地のゼニアオイ」という意味で、神聖を意味するholly、古英語のアングロ・サクソン語でゼニアオイを意味するhockが語源となり、Hollyhockという英名になりました。

ちなみに、Hollyhockを日本語読みしたホリホックが、正式名称です。

タチアオイの和名は、立葵(タチアオイ)。その言葉の由来とは?

タチアオイは、茎がまっすぐ伸びた状態で花を咲かせます。そして、アオイ科の植物(アオイに似た花)なので、江戸時代に立葵(タチアオイ)という和名になったのが由来です。※平安時代には唐葵(カラアオイ)と呼ばれていました。

ちなみに、北海道ではタチアオイのことをコケコッコ花やコケコッコー花と呼ぶこともあります。

タチアオイの花の色や形や開花時期(季節)

タチアオイの画像 By mrhayata

タチアオイは、花穂の下から上に向かって咲いていくという特徴がある花です。開花時期は6月~8月なので、立葵は梅雨明けから夏の季節の花だと言えます。

花の色は、白色やピンク色や赤色や黄色やオレンジ色などの明るい色が多いですが、中には紫色や黒色といった暗い色の花もあります。見た目はハイビスカスに似た花です。

タチアオイの概要

名称ホリホック
学名Althaea rosea
和名立葵(タチアオイ)
その他の名前梅雨葵(ツユアオイ)、コケコッコー花、コケコッコ花
科名アオイ科
属名タチアオイ属
分類草花
原産地地中海沿岸
丈(高さ)60cm~200cm程度
強い
強い
栽培難易度やや初級者向け
開花時期6月~8月

※このタチアオイの花言葉のページは「情報サイト誕プレ調べ」による内容のものです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

Facebook like box
スポンサーリンク
スポンサーリンク