【2/21生まれ必見】2月21日の誕生花は全部で3種類

国際母語デーとして有名な2月21日の誕生花はネモフィラ、彼岸桜、紫色のスミレの3種類です。誕生花は国や地域によって異なりますが、日本における一般的な2月21日の誕生花をご紹介しています。このページでは、ネモフィラ、ヒガンザクラ、紫色のスミレがどのような花なのか、そして誕生日プレゼントとして適しているのかを情報サイト誕プレが考察した結果を記載しています。また、2月21日のそれぞれの誕生花における花言葉やより詳しい花の情報が書かれたページへのリンクもありますので、気になる花があればご覧下さい。

【2月21日の誕生花】ネモフィラ

情報サイト誕プレおすすめ度★★☆☆☆ (5段階評価中2[やや悪い])

2月21日の誕生花の1つは、ネモフィラです。

ネモフィラは4月から5月にかけて咲く花になります。花束にすると非常に涼し気な綺麗な花なため、贈れないのが残念です。

※ネモフィラに関する詳しい内容は、ネモフィラの花言葉のページをご覧下さい。

【2月21日の誕生花】彼岸桜

情報サイト誕プレおすすめ度★☆☆☆☆ (5段階評価中1[悪い])

彼岸桜の花の画像 Byくーさん

2月21日の誕生花の1つは、彼岸桜です。

彼岸桜は桜の一種です。少し早い3月に咲きますがもちろん木ですので贈るのには無理ですので他の花を選びましょう。

※彼岸桜に関する詳しい内容は、彼岸桜の花言葉のページをご覧下さい。

【2月21日の誕生花】スミレ(紫色の花限定)

情報サイト誕プレおすすめ度★★★★★ (5段階評価中5[素晴らしい])

紫色のスミレの画像 ByDino Quinzani

2月21日の誕生花の1つは、スミレ(紫色の花限定)です。

有名なスミレは3月に咲きますので少し遅くなっても良いなら花束にして贈りましょう。特に紫色は妻への誕生花に相性が良いです。

※スミレに関する詳しい内容は、スミレの花言葉のページをご覧下さい。

情報サイト誕プレが2月21日の誕生花が誕生日プレゼントに合う花なのか評価した結果

2月21日の誕生花の中には、プレゼント用の花が存在します

2月21日の誕生花は3種類ありますが、中でもスミレ(紫色の花限定)がオススメです。

この中だと開花時期が一番近く、花束にできる有名な花ということで紫色のスミレがベストな誕生花の選択と言えます。

※2月21日以外の誕生花は、365日の誕生花の一覧をご覧下さい。

情報サイト誕プレおすすめ度について

2/21の全ての誕生花には、「情報サイト誕プレおすすめ度」という星5つ~星1つの5段階で評価された表があります。この評価は、以下の要因をもとに算出した内容になります。

  • 花の見た目…「見栄えが良い花なのか、見栄えが良くない花なのか」を評価の要因にしています。花束として贈ることができる花は気軽に贈れるため評価は高く、鉢植えの場合は評価は低めにしています。
  • 開花時期…「2月21日が花の開花時期に含まれているか」を鉢植えの場合は評価の要因にしています。花束として贈ることができる花の場合は、ハウス栽培をしている花であれば開花時期については考慮していません。
  • 花言葉…「その花が持つ花言葉が良い意味なのか、悪い意味なのか」を評価の要因にしています。

シェアする