【4/11生まれ必見】4月11日の誕生花は全部で3種類

中央線開業記念日として有名な4月11日の誕生花はヒヤシンス、八重桜、ハナシノブの3種類です。誕生花は国や地域によって異なりますが、日本における一般的な4月11日の誕生花をご紹介しています。このページでは、ヒヤシンス、八重桜、ハナシノブがどのような花なのか、そして誕生日プレゼントとして適しているのかを情報サイト誕プレが考察した結果を記載しています。また、4月11日のそれぞれの誕生花における花言葉やより詳しい花の情報が書かれたページへのリンクもありますので、気になる花があればご覧下さい。

【4月11日の誕生花】ヒヤシンス

情報サイト誕プレおすすめ度★★★★★ (5段階評価中5[素晴らしい])

ヒヤシンスの花の画像 ByMark Dixon

4月11日の誕生花の1つは、ヒヤシンスです。

球根植物で代表的なヒヤシンスは1本や数本植えて育てるイメージが強いですが、実は過敏などに挿して花束にすることもできるのです。そして4月は開花時期です。愛やスポーツや勝負を表す花言葉があるので、夫婦間、または文武などに秀でた方への誕生花に贈ってあげましょう。

※ヒヤシンスに関する詳しい内容は、ヒヤシンスの花言葉のページをご覧下さい。

【4月11日の誕生花】八重桜

情報サイト誕プレおすすめ度★☆☆☆☆ (5段階評価中1[悪い])

4月11日の誕生花の1つは、八重桜です。

桜の八重咲きになるものが八重桜です。もちろん桜なので4月に開花しますが、木なので誕生花には難しいです。ちなみに花言葉は教育などを意味します。

※八重桜に関する詳しい内容は、八重桜の花言葉のページをご覧下さい。

【4月11日の誕生花】ハナシノブ

情報サイト誕プレおすすめ度★★☆☆☆ (5段階評価中2[やや悪い])

ハナシノブの花の画像 ByPeter Stevens

4月11日の誕生花の1つは、ハナシノブです。

紫色を基調とした花色のハナシノブは花壇や鉢植え、切り花として使われます。階家時期は6月~7月の梅雨の時期なので4月11日は咲いていません。待つことを表す花言葉があります。

※ハナシノブに関する詳しい内容は、ハナシノブの花言葉のページをご覧下さい。

情報サイト誕プレが4月11日の誕生花が誕生日プレゼントに合う花なのか評価した結果

4月11日の誕生花の中には、プレゼント用の花が存在します

4月11日の誕生花は3種類ありますが、中でもヒヤシンスがオススメです。

花束にできる花はヒヤシンスのみです。そして相手が喜んでもらえる花言葉を持っていることから一番誕生花に向いているといえます。

※4月11日以外の誕生花は、365日の誕生花の一覧をご覧下さい。

情報サイト誕プレおすすめ度について

4/11の全ての誕生花には、「情報サイト誕プレおすすめ度」という星5つ~星1つの5段階で評価された表があります。この評価は、以下の要因をもとに算出した内容になります。

  • 花の見た目…「見栄えが良い花なのか、見栄えが良くない花なのか」を評価の要因にしています。花束として贈ることができる花は気軽に贈れるため評価は高く、鉢植えの場合は評価は低めにしています。
  • 開花時期…「4月11日が花の開花時期に含まれているか」を鉢植えの場合は評価の要因にしています。花束として贈ることができる花の場合は、ハウス栽培をしている花であれば開花時期については考慮していません。
  • 花言葉…「その花が持つ花言葉が良い意味なのか、悪い意味なのか」を評価の要因にしています。

シェアする