【3/11生まれ必見】3月11日の誕生花は全部で5種類

コラムの日として有名な3月11日の誕生花はチコリ、ニガナ、ハナビシソウ、雪柳、都忘れ(ピンク色限定)の5種類です。誕生花は国や地域によって異なりますが、日本における一般的な3月11日の誕生花をご紹介しています。このページでは、チコリ、ニガナ、ハナビシソウ、雪柳、都忘れ(ピンク色限定)がどのような花なのか、そして誕生日プレゼントとして適しているのかを情報サイト誕プレが考察した結果を記載しています。また、3月11日のそれぞれの誕生花における花言葉やより詳しい花の情報が書かれたページへのリンクもありますので、気になる花があればご覧下さい。

【3/11の誕生花】チコリ

情報サイト誕プレおすすめ度★★☆☆☆ (5段階評価中2[やや悪い])

チコリの画像 By Franco Folini

3月11日の誕生花のチコリは見た目は普通の花です。チコリは、花よりもハーブや野菜として有名です。そのため、チコリコーヒーなどの変わった製品を誕生日プレゼントとして贈るのも1つのアイデアです。

※チコリに関する詳しい内容は、チコリの花言葉ページをご覧下さい。

【3/11の誕生花】ニガナ

情報サイト誕プレおすすめ度★☆☆☆☆ (5段階評価中1[悪い])

ニガナの花の画像 By Norio Nomura

3月11日の誕生花のニガナは黄色の花です。近所の道端に咲いているような花で、花言葉も良い意味ではないため、誕生日にプレゼントする花には向いていません。

※ニガナに関する詳しい内容は、ニガナの花言葉ページをご覧下さい。

【3/11の誕生花】ハナビシソウ

情報サイト誕プレおすすめ度★★☆☆☆ (5段階評価中2[やや悪い])

ハナビシソウの画像 By Velvet Elevator (Pandy Farmer)

3月11日の誕生花のハナビシソウは、色鮮やかな花です。花言葉も良い意味の言葉を持っています。

見た目が良いため、花束に向いていそうな花なのですが、切り花にすると花びらが散りやすく、暗い場所では花が閉じてしまうため、少し残念な花です。

※ハナビシソウに関する詳しい内容は、ハナビシソウの花言葉ページをご覧下さい。

【3/11の誕生花】雪柳(ユキヤナギ)

情報サイト誕プレおすすめ度★★★★☆ (5段階評価中4[良い])

雪柳の画像 By TANAKA Juuyoh

3月11日の誕生花の雪柳は可愛い白色の花です。花言葉も良い意味のため、花束に雪柳を含めて贈ると良いでしょう。

しかし、小さい花なので雪柳のみの花束は見栄えがよくありません。どちらかと言うと、他の花を引き立たせる役割の花だとお考え下さい。

※雪柳に関する詳しい内容は、雪柳の花言葉ページをご覧下さい。

【3/11の誕生花】都忘れ(ピンク色限定)

情報サイト誕プレおすすめ度★★★☆☆ (5段階評価中3[普通])

都忘れ(ミヤコワスレ)の画像 By joka2000

3月11日の誕生花の都忘れ(ミヤコワスレ)は、ピンク色の都忘れ限定なので注意が必要です。そのため、ピンク色の都忘れでの評価(情報サイト誕プレおすすめ度)になっています。

都忘れの花は、王道の可愛らしい花で、特に春頃であれば使う機会が多い花言葉を持った花なので、花束に都忘れを入れて贈ると良いでしょう。

※都忘れに関する詳しい内容は、都忘れの花言葉のページをご覧下さい。

情報サイト誕プレが3/11の誕生花が誕生日プレゼントに合う花なのか評価した結果

3月11日の誕生花は、誕生日プレゼントにそこそこ適している花もあるというのが結論です。

雪柳やピンク色の花の都忘れは、切り花の状態で花束にして贈るのは良いでしょう。特に雪柳は見た目も可愛らしく、花言葉も良い意味なので良い花だと思います。

花ではなく、3月11日の誕生花に関する製品を誕生日プレゼントとして贈りたい場合は、ハーブとしてのチコリ製品を贈るのは悪くないアイデアでしょう。

※3月11日以外の誕生花は、365日の誕生花の一覧をご覧下さい。

情報サイト誕プレおすすめ度について

3/11の全ての誕生花には、「情報サイト誕プレおすすめ度」という星5つ~星1つの5段階で評価された表があります。この評価は、以下の要因をもとに算出した内容になります。

  • 花の見た目…「見栄えが良い花なのか、見栄えが良くない花なのか」を評価の要因にしています。花束として贈ることができる花は気軽に贈れるため評価は高く、鉢植えの場合は評価は低めにしています。
  • 開花時期…「3月11日が花の開花時期に含まれているか」を鉢植えの場合は評価の要因にしています。花束として贈ることができる花の場合は、ハウス栽培をしている花であれば開花時期については考慮していません。
  • 花言葉…「その花が持つ花言葉が良い意味なのか、悪い意味なのか」を評価の要因にしています。

シェアする