【6/5生まれ必見】6月5日の誕生花は全部で4種類

環境の日として有名な6月5日の誕生花はマリーゴールド、ダリア、オモダカ、ホタルブクロの4種類です。誕生花は国や地域によって異なりますが、日本における一般的な6月5日の誕生花をご紹介しています。このページでは、マリーゴールド、ダリア、オモダカ、ホタルブクロがどのような花なのか、そして誕生日プレゼントとして適しているのかを情報サイト誕プレが考察した結果を記載しています。また、6月5日のそれぞれの誕生花における花言葉やより詳しい花の情報が書かれたページへのリンクもありますので、気になる花があればご覧下さい。

【6月5日の誕生花】マリーゴールド

情報サイト誕プレおすすめ度★★★☆☆ (5段階評価中3[普通])

マリーゴールドの画像 ByEric.Ray

6月5日の誕生花の1つは、マリーゴールドです。

マリーゴールドは、オレンジ色や黄色といった華やかな色の花を咲かせる植物。花壇に植えたり、鉢植えに入れて育てるのが一般的です。

従って、ガーデニングが趣味の人に贈る花として良い花だと思います。

花束にして贈ることも一応可能ですが、良くない意味の花言葉が多くあるので、プレゼントする際は花言葉に気をつけた方が良いと思います。

※マリーゴールドに関する詳しい内容は、マリーゴールドの花言葉のページをご覧下さい。

【6月5日の誕生花】ダリア

情報サイト誕プレおすすめ度★★★★★ (5段階評価中5[素晴らしい])

ダリアの画像 By Mary St George

6月5日の誕生花の1つは、ダリアです。

美しい花を咲かせることで知られるダイアは、花束に向いています。そのため、プレゼント用の花に使われることが多く、「感謝」という使いやすい花言葉があります。

誕生日に贈る花としてとてもオススメです。

※ダリアに関する詳しい内容は、ダリアの花言葉のページをご覧下さい。

【6月5日の誕生花】オモダカ

情報サイト誕プレおすすめ度★★☆☆☆ (5段階評価中2[やや悪い])

オモダカの花の画像 By영철 이

6月5日の誕生花の1つは、オモダカです

オモダカは水生植物の一種。小さな可愛らしい花を咲かせますが、その点以外は普通の雑草のような植物なのでプレゼント用にはほぼ使えない花です。

庭で水生植物を育てている人に対しては、贈れなくもない程度の植物という認識でよいかと思います。

※オモダカに関する詳しい内容は、オモダカの花言葉のページをご覧下さい。

【6月5日の誕生花】ホタルブクロ

情報サイト誕プレおすすめ度★★★☆☆ (5段階評価中3[普通])

ホタルブクロの花の画像 Byk yamada

6月5日の誕生花の1つはホタルブクロです。

ホタルブクロは、独特の花の形が特徴の植物。ベルのようなオシャレな形をしているので、鑑賞価値が高く、庭で育てると良い植物です。

草丈30cm程度の小柄なタイプのホタルブクロであれば、室内のインテリアにも使えます。主に園芸が好きな人に贈るのに適した花だと思います。

※ホタルブクロに関する詳しい内容は、ホタルブクロの花言葉のページをご覧下さい。 

情報サイト誕プレが6月5日の誕生花が誕生日プレゼントに合う花なのか評価した結果

6月5日の誕生花の中には、誕生日にプレゼントする花としてかなりオススメの花があります

6月5日の誕生花は全部で4種類ありますが、中でもダリアがオススメです。ダリアの花は、花束にとても向いている花で、存在感のある花は間違いなく喜ばれると思います。

6月5日生まれの人に花を贈るなら、ダリアの花に「感謝」という花言葉を添えて贈るのをオススメ致します。

※6月5日以外の誕生花は、365日の誕生花の一覧をご覧下さい。

情報サイト誕プレおすすめ度について

6/5の全ての誕生花には、「情報サイト誕プレおすすめ度」という星5つ~星1つの5段階で評価された表があります。この評価は、以下の要因をもとに算出した内容になります。

  • 花の見た目…「見栄えが良い花なのか、見栄えが良くない花なのか」を評価の要因にしています。花束として贈ることができる花は気軽に贈れるため評価は高く、鉢植えの場合は評価は低めにしています。
  • 開花時期…「6月5日が花の開花時期に含まれているか」を鉢植えの場合は評価の要因にしています。花束として贈ることができる花の場合は、ハウス栽培をしている花であれば開花時期については考慮していません。
  • 花言葉…「その花が持つ花言葉が良い意味なのか、悪い意味なのか」を評価の要因にしています。

シェアする