【6/11生まれ必見】6月11日の誕生花は全部で3種類

傘の日として有名な6月11日の誕生花はリーガルリリー、紅花、ビジョナデシコの3種類です。誕生花は国や地域によって異なりますが、日本における一般的な6月11日の誕生花をご紹介しています。このページでは、リーガルリリー、紅花、ビジョナデシコがどのような花なのか、そして誕生日プレゼントとして適しているのかを情報サイト誕プレが考察した結果を記載しています。また、6月11日のそれぞれの誕生花における花言葉やより詳しい花の情報が書かれたページへのリンクもありますので、気になる花があればご覧下さい。

【6月11日の誕生花】リーガルリリー

情報サイト誕プレおすすめ度★★☆☆☆ (5段階評価中2[やや悪い])

リーガルリリーの画像 Bymichael mcculloch

6月11日の誕生花の1つは、リーガルリリーです。

リーガルリリーは、大きくて見事な花を咲かせる植物。花の観賞価値こそ高いですが、成長すると最大で2mになるので、一般家庭ではあまり育てることができない植物です。

広い庭を持った人に対して、鉢で育てたリーガルリリーをプレゼントするのは悪くありませんが、そうでないのであればリーガルリリーを贈るのは諦めましょう。

※リーガルリリーに関する詳しい内容は、リーガルリリーの花言葉のページをご覧下さい。

【6月11日の誕生花】紅花

情報サイト誕プレおすすめ度★★★☆☆ (5段階評価中3[普通])

紅花畑の画像 By Steve Corey

6月11日の誕生花の1つは、紅花です

紅花は、黄色やオレンジ色の触り心地が良さそうな花を咲かせる植物。見た目もそれなりに可愛らしいため、時々、花束に使われます。紅花の花を花束にしてプレゼントできれば良いですが、少しばかり入手しにくい傾向にあるのが難点です。

紅花は、紅花油や養命酒の原料に使われているので、どうしても紅花に関した物をプレゼントしたいのであれば、紅花製品を検討するのも悪くはないと思います。

※紅花に関する詳しい内容は、紅花の花言葉のページをご覧下さい。

【6月11日の誕生花】美女撫子(ビジョナデシコ)

情報サイト誕プレおすすめ度★★☆☆☆ (5段階評価中2[やや悪い])

ビジョナデシコ(美女撫子)の画像 By grassrootsgroundswell

6月11日の誕生花の1つは、ビジョナデシコです。

ビジョナデシコは、ドームのように半球形状に複数の花を咲かせる植物。観賞価値が高い花なので、人気の高い花の1つです。

ビジョナデシコは一般的には花壇などで育てる花です。ガーデニングが趣味の人に贈るのは悪く無いと思いますが、園芸好きの人以外へのプレゼントには向かない花だと思います。

※ビジョナデシコに関する詳しい内容は、ビジョナデシコの花言葉のページをご覧下さい。 

情報サイト誕プレが6月11日の誕生花が誕生日プレゼントに合う花なのか評価した結果

6月11日の誕生花の中には、どの花もあまり誕生日に贈る花ではありません

6月11日の誕生花は3種類ありますが、どの花も6月11日生まれの人の誕生日に贈る花としてはあまり良くありません。ガーデニングが趣味の人に対してなら悪くないプレゼントかもしれませんが、どの花もポットや鉢植えで贈るような花だからです。

しかしながら、6月11日の誕生花の1つの紅花には、紅花油をはじめとした紅花製品があるので、紅花製品を贈るのは良い選択だと思います。

※6月11日以外の誕生花は、365日の誕生花の一覧をご覧下さい。

情報サイト誕プレおすすめ度について

6/11の全ての誕生花には、「情報サイト誕プレおすすめ度」という星5つ~星1つの5段階で評価された表があります。この評価は、以下の要因をもとに算出した内容になります。

  • 花の見た目…「見栄えが良い花なのか、見栄えが良くない花なのか」を評価の要因にしています。花束として贈ることができる花は気軽に贈れるため評価は高く、鉢植えの場合は評価は低めにしています。
  • 開花時期…「6月11日が花の開花時期に含まれているか」を鉢植えの場合は評価の要因にしています。花束として贈ることができる花の場合は、ハウス栽培をしている花であれば開花時期については考慮していません。
  • 花言葉…「その花が持つ花言葉が良い意味なのか、悪い意味なのか」を評価の要因にしています。

シェアする