【11/18生まれ必見】11月18日の誕生花は全部で6種類

土木の日として有名な11月18日の誕生花はウメバチソウ、コナラ、ナナカマド、ヤマユリ、ユーカリ、テッポウユリの6種類です。誕生花は国や地域によって異なりますが、日本における一般的な11月18日の誕生花をご紹介しています。このページでは、ウメバチソウ、コナラ、ナナカマド、ヤマユリ、ユーカリ、テッポウユリがどのような花なのか、そして誕生日プレゼントとして適しているのかを情報サイト誕プレが考察した結果を記載しています。また、11月18日のそれぞれの誕生花における花言葉やより詳しい花の情報が書かれたページへのリンクもありますので、気になる花があればご覧下さい。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

【11月18日の誕生花】梅鉢草(ウメバチソウ)

情報サイト誕プレおすすめ度★★☆☆☆ (5段階評価中2[やや悪い])

ウメバチソウの花の画像 ByRandi Hausken

11月18日の誕生花の1つは、ウメバチソウです。

ウメバチソウは、小さな白い花を咲かせる植物。鉢植えや盆栽などに用いられる花で、開花すれば癒される花になると思います。

※ウメバチソウに関する詳しい内容は、ウメバチソウの花言葉のページをご覧下さい。

【11月18日の誕生花】コナラ

情報サイト誕プレおすすめ度★★☆☆☆ (5段階評価中2[やや悪い])

コナラの花の画像 Byharum.koh

11月18日の誕生花の1つは、コナラです。

コナラは、どんぐりが採れる木として知られる有名な樹木。盆栽としても育てることができるので、年配の方へ贈るのはアリです。

※コナラに関する詳しい内容は、コナラの花言葉のページをご覧下さい。

【11月18日の誕生花】ナナカマド

情報サイト誕プレおすすめ度★★☆☆☆ (5段階評価中2[やや悪い])

ナナカマドの花の画像 ByTANAKA Juuyoh (田中十洋)

11月18日の誕生花の1つは、ナナカマドです。

ナナカマドは、街路樹として有名な樹木。葉の紅葉が魅力的なことから、盆栽としても育てる人も多くいます。盆栽好きにプレゼントするなら、悪くはない選択だと思います。

※ナナカマドに関する詳しい内容は、ナナカマドの花言葉のページをご覧下さい。

【11月18日の誕生花】ヤマユリ

情報サイト誕プレおすすめ度★★☆☆☆ (5段階評価中2[やや悪い])

山百合の花の画像 ByTANAKA Juuyoh (田中十洋)

11月18日の誕生花の1つは、ヤマユリです。

ヤマユリは、大輪のキレイな花を咲かせる植物。花は魅力的ですが、全体としては1mを超える大型の植物なので、広い庭を持った人にしかプレゼントすることはできません。また、11月18日はヤマユリの開花時期ではないことから、プレゼント用の花としては不向きです。

※ヤマユリに関する詳しい内容は、ヤマユリの花言葉のページをご覧下さい。

【11月18日の誕生花】ユーカリ

情報サイト誕プレおすすめ度★★★☆☆ (5段階評価中3[普通])

ユーカリの花の画像 ByJohn Tann

11月18日の誕生花の1つは、ユーカリです。

ユーカリと言えば、葉がコアラの好物ということが広く知られています。鉢植えとして売られており、庭で育てるのが一般的。ただ、花束やプリザーブドフラワーにも用いられるので、花束に含めたユーカリを贈るのは悪くはないです。

※ユーカリに関する詳しい内容は、ユーカリの花言葉のページをご覧下さい。

【11月18日の誕生花】テッポウユリ

情報サイト誕プレおすすめ度★★★★☆ (5段階評価中4[良い])

テッポウユリの画像 ByKabacchi

11月18日の誕生花の1つは、テッポウユリです。

テッポウユリは、ラッパのような形をした花。花としても見た目も良いので、花束にしたり、花瓶に入れて飾ったりすると良いと思います。ちなみに、本来の開花時期は異なるのですが、冬場でも流通しています。

※テッポウユリに関する詳しい内容は、テッポウユリの花言葉のページをご覧下さい。

情報サイト誕プレが11月18日の誕生花が誕生日プレゼントに合う花なのか評価した結果

11月18日の誕生花の中には、プレゼント向きの花があります。

11月18日の誕生花は6種類ありますが、中でもテッポウユリがオススメ。テッポウユリは、見た目が良く、香りも強い花。室内に飾れば、部屋を明るいイメージにすることでしょう。

※11月18日以外の誕生花は、365日の誕生花の一覧をご覧下さい。

情報サイト誕プレおすすめ度について

11/18の全ての誕生花には、「情報サイト誕プレおすすめ度」という星5つ~星1つの5段階で評価された表があります。この評価は、以下の要因をもとに算出した内容になります。

  • 花の見た目…「見栄えが良い花なのか、見栄えが良くない花なのか」を評価の要因にしています。花束として贈ることができる花は気軽に贈れるため評価は高く、鉢植えの場合は評価は低めにしています。
  • 開花時期…「11月18日が花の開花時期に含まれているか」を鉢植えの場合は評価の要因にしています。花束として贈ることができる花の場合は、ハウス栽培をしている花であれば開花時期については考慮していません。
  • 花言葉…「その花が持つ花言葉が良い意味なのか、悪い意味なのか」を評価の要因にしています。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク
スポンサーリンク