【12/2生まれ必見】12月2日の誕生花は全部で3種類

奴隷制度廃止国際デーとして有名な12月2日の誕生花はサイネリア、へリコニア、苔(コケ)の3種類です。誕生花は国や地域によって異なりますが、日本における一般的な12月2日の誕生花をご紹介しています。このページでは、サイネリア、へリコニア、苔(コケ)がどのような花なのか、そして誕生日プレゼントとして適しているのかを情報サイト誕プレが考察した結果を記載しています。また、12月2日のそれぞれの誕生花における花言葉やより詳しい花の情報が書かれたページへのリンクもありますので、気になる花があればご覧下さい。

【12月2日の誕生花】サイネリア

情報サイト誕プレおすすめ度★★★★☆ (5段階評価中4[良い])

サイネリアの花の画像 By jacinta lluch valero

12月2日の誕生花の1つは、です。

サイネリアは、見栄えが良く様々な色の花を持つ植物。開花時期も冬で、開花期間も長いため、長い間、サイネリアの花を楽しむことができます。

大きさも手頃で育てやすく、色とりどりの花を揃えることが容易なため、花の誕生日プレゼントとしては優秀な部類です。欠点は、茎の長さが短いため、花束にできない点のみです。

※サイネリアに関する詳しい内容は、サイネリアの花言葉のページをご覧下さい。

【12月2日の誕生花】へリコニア

情報サイト誕プレおすすめ度★☆☆☆☆ (5段階評価中1[悪い])

ヘリコニア・ロストラータの画像 By brewbooks

12月2日の誕生花の1つは、ヘリコニアです。

ヘリコニアは、バナナのような面白い花を持つトロピカル色の熱帯植物。寒さに弱いので、冬は室内で管理しなければいけません。大きさも最低50cm程度の大きさなので、誕生日プレゼントには向きません。

※ヘリコニアに関する詳しい内容は、ヘリコニアの花言葉のページをご覧下さい。

【12月2日の誕生花】苔(コケ)

情報サイト誕プレおすすめ度★★★☆☆ (5段階評価中3[普通])

苔玉の画像 By akaitori

12月2日の誕生花の1つの苔(コケ)は、誰もが1度は見たことがある岩の上などに生息する植物です。

苔なんて貰っても嬉しくないと思う方が大半かもしれませんが、実はコケには様々なおしゃれな製品があります。上の写真のように苔玉と呼ばれるものや、苔テラリウムと呼ばれるオブジェクトなどです。

冬に強い植物で、花言葉も悪くないため、苔をプレゼントするのは悪くないチョイスです。

※苔に関する詳しい内容は、苔の花言葉のページをご覧下さい。 

情報サイト誕プレが12月2日の誕生花が誕生日プレゼントに合う花なのか評価した結果

12月2日の誕生花は、誕生日に花をプレゼントするなら比較的良いと思います。

12月2日の誕生花は3つありますが、誕生日に花を贈るのであればサイネリアがおすすめです。見栄えが良いのが最も大きなおすすめな理由です。

また、男性の年配者に贈るのであれば、苔も良いでしょう。特に苔を用いた製品は趣深い(おもむきぶかい)ものが多いため誕生日にプレゼントするのはアリです。

※12月2日以外の誕生花は、365日の誕生花の一覧をご覧下さい。

情報サイト誕プレおすすめ度について

12/2の全ての誕生花には、「情報サイト誕プレおすすめ度」という星5つ~星1つの5段階で評価された表があります。この評価は、以下の要因をもとに算出した内容になります。

  • 花の見た目…「見栄えが良い花なのか、見栄えが良くない花なのか」を評価の要因にしています。花束として贈ることができる花は気軽に贈れるため評価は高く、鉢植えの場合は評価は低めにしています。
  • 開花時期…「12月2日が花の開花時期に含まれているか」を鉢植えの場合は評価の要因にしています。花束として贈ることができる花の場合は、ハウス栽培をしている花であれば開花時期については考慮していません。
  • 花言葉…「その花が持つ花言葉が良い意味なのか、悪い意味なのか」を評価の要因にしています。

シェアする