【12/1生まれ必見】12月1日の誕生花は全部で3種類

世界エイズデーとして有名な12月1日の誕生花はドラセナ、ニオイスミレ、アンスリウムの3種類です。誕生花は国や地域によって異なりますが、日本における一般的な12月1日の誕生花をご紹介しています。このページでは、ドラセナ、ニオイスミレ、アンスリウムがどのような花なのか、そして誕生日プレゼントとして適しているのかを情報サイト誕プレが考察した結果を記載しています。また、12月1日のそれぞれの誕生花における花言葉やより詳しい花の情報が書かれたページへのリンクもありますので、気になる花があればご覧下さい。

【12月1日の誕生花】ドラセナ

情報サイト誕プレおすすめ度★★☆☆☆ (5段階評価中2[やや悪い])

ドラセナ・フラグランス・マッサンゲアナの画像 By alvaro_qc

12月1日の誕生花の1つは、ドラセナです。

ドラセナとは、いわゆる観葉植物。定番の観葉植物のため、入手しやすいという特徴があり、一般的には「幸福の木」と呼ばれるほど縁起の良い植物です。

寒さに弱いため、12月1日に贈るのであれば室内に置いてもらうことを前提に贈ることになります。そのため、プレゼントするのであれば、机の上に置けるような小さめのドラセナが無難です。

※ドラセナに関する詳しい内容は、ドラセナの花言葉のページをご覧下さい。

【12月1日の誕生花】ニオイスミレ

情報サイト誕プレおすすめ度★★★☆☆ (5段階評価中3[普通])

ニオイスミレの花の画像 By Helena

12月1日の誕生花の1つは、ニオイスミレです。

ニオイスミレは、マリーアントワネットも愛した花で、非常に強い香りも良い魅力的な花。花言葉も良い意味ですが、ポットなどの鉢植えでしかプレゼントすることができないため、贈る相手が限定されてしまいます。

仮に、室内で育てる場合、香りが好みである必要があるため、ニオイスミレを贈る場合は贈る相手の家の広さと、植物の好き嫌いを事前に調べる必要があるでしょう。

※ニオイスミレに関する詳しい内容は、ニオイスミレの花言葉のページをご覧下さい。

【12月1日の誕生花】アンスリウム

情報サイト誕プレおすすめ度★★★★☆ (5段階評価中4[良い])

赤色のアンスリウムの画像 By Ramesh NG

12月1日の誕生花の1つは、アンスリウムです

アンスリウムは、光沢がかったハート型が印象的な花。鉢植えとしても、花束などにも使える花で、花の色も光沢がかってキレイです。見た目が可愛らしい花なので、特に女性が良い反応を示すはず。

アンスリウムは冬には弱い花で、12月1日は開花時期ではありませんが、ハウス栽培されている花なので、12月1日に入手することは可能です。

花言葉も良いので、誕生日にプレゼントする花としては良い花だと言えます。

※アンスリウムに関する詳しい内容は、アンスリウムの花言葉のページをご覧下さい。 

情報サイト誕プレが12月1日の誕生花が誕生日プレゼントに合う花なのか評価した結果

12月1日の誕生花は、誕生日に花をプレゼントするならそこそこ適しています

12月1日の誕生花は3つありますが、誕生日に花を贈るのであれば、アンスリウムがベスト。切り花にもでき、花がピカピカでキレイだからです。

植物を育てるのが好きな人に対しては、ニオイスミレをプレゼントするのも良いでしょう。また、事務所などの事業所に対しては、ドラセナを贈るのも悪くはないかもしれません。

※12月1日以外の誕生花は、365日の誕生花の一覧をご覧下さい。

情報サイト誕プレおすすめ度について

12/1の全ての誕生花には、「情報サイト誕プレおすすめ度」という星5つ~星1つの5段階で評価された表があります。この評価は、以下の要因をもとに算出した内容になります。

  • 花の見た目…「見栄えが良い花なのか、見栄えが良くない花なのか」を評価の要因にしています。花束として贈ることができる花は気軽に贈れるため評価は高く、鉢植えの場合は評価は低めにしています。
  • 開花時期…「12月1日が花の開花時期に含まれているか」を鉢植えの場合は評価の要因にしています。花束として贈ることができる花の場合は、ハウス栽培をしている花であれば開花時期については考慮していません。
  • 花言葉…「その花が持つ花言葉が良い意味なのか、悪い意味なのか」を評価の要因にしています。

シェアする