【4/14生まれ必見】4月14日の誕生花は全部で4種類

オレンジデーとして有名な4月14日の誕生花はドウダンツツジ、エニシダ、白色の朝顔、白色のコンボルブルスの4種類です。誕生花は国や地域によって異なりますが、日本における一般的な4月14日の誕生花をご紹介しています。このページでは、ドウダンツツジ、エニシダ、白色の朝顔、白色のコンボルブルスがどのような花なのか、そして誕生日プレゼントとして適しているのかを情報サイト誕プレが考察した結果を記載しています。また、4月14日のそれぞれの誕生花における花言葉やより詳しい花の情報が書かれたページへのリンクもありますので、気になる花があればご覧下さい。

【4月14日の誕生花】ドウダンツツジ

情報サイト誕プレおすすめ度★★☆☆☆ (5段階評価中2[やや悪い])

ドウダンツツジの花の画像 Byharum.koh

4月14日の誕生花の1つは、ドウダンツツジです。

ドウダンツツジは、壺のような形の花を咲かせる植物。品種によりますが、花の色は白色です。独特な可愛らしい花はもちろんのこと、秋には紅葉するので、花も葉も楽しめる植物です。

盆栽にも用いられる花なので、年配者であれば、比較的プレゼントしやすいかと思います。

※ドウダンツツジに関する詳しい内容は、ドウダンツツジの花言葉のページをご覧下さい。

【4月14日の誕生花】エニシダ

情報サイト誕プレおすすめ度★★☆☆☆ (5段階評価中2[やや悪い])

エニシダの画像

4月14日の誕生花の1つは、エニシダです。

エニシダは、主に黄色の明るい花を咲かせる植物。庭に植えることも多いですが、鉢植えでプレゼントすることも可能です。

※エニシダに関する詳しい内容は、エニシダの花言葉のページをご覧下さい。

【4月14日の誕生花】朝顔(白色の花限定)

情報サイト誕プレおすすめ度★★☆☆☆ (5段階評価中2[やや悪い])

白色の朝顔の画像 ByAnders Sandberg

4月14日の誕生花の1つは、白色の朝顔です。

朝顔を栽培した事がある人も多いと思いますが、朝顔は7月頃に咲き始める植物。従って、4月14日には開花していません。恐らく、誰もが知っている有名な植物だと思います。

※朝顔に関する詳しい内容は、朝顔の花言葉のページをご覧下さい。

【4月14日の誕生花】コンボルブルス(白色の花限定)

情報サイト誕プレおすすめ度★★☆☆☆ (5段階評価中2[やや悪い])

白色のコンボルブルスの画像 ByRandi Hausken

4月14日の誕生花の1つは、白色のコンボルブルスです。

コンボルブルスは、西洋昼顔とも言われ、昼顔という植物の一種に当たります。昼顔と上記の朝顔はとても似ています。朝顔同様に、4月14日はコンボルブルスの開花時期ではないので、プレゼントするのは避けた方が良いと思います。

※コンボルブルスに関する詳しい内容は、コンボルブルスの花言葉のページをご覧下さい。

情報サイト誕プレが4月14日の誕生花が誕生日プレゼントに合う花なのか評価した結果

4月14日の誕生花は、プレゼント向きの花ではありません

4月14日の誕生花は4種類ありますが、どの花も鉢植えで育てるタイプの花ばかりなので、ガーデニングが趣味の人以外にプレゼントしにくいと思います。

※4月14日以外の誕生花は、365日の誕生花の一覧をご覧下さい。

情報サイト誕プレおすすめ度について

4/14の全ての誕生花には、「情報サイト誕プレおすすめ度」という星5つ~星1つの5段階で評価された表があります。この評価は、以下の要因をもとに算出した内容になります。

  • 花の見た目…「見栄えが良い花なのか、見栄えが良くない花なのか」を評価の要因にしています。花束として贈ることができる花は気軽に贈れるため評価は高く、鉢植えの場合は評価は低めにしています。
  • 開花時期…「4月14日が花の開花時期に含まれているか」を鉢植えの場合は評価の要因にしています。花束として贈ることができる花の場合は、ハウス栽培をしている花であれば開花時期については考慮していません。
  • 花言葉…「その花が持つ花言葉が良い意味なのか、悪い意味なのか」を評価の要因にしています。

シェアする