金竜花(キンリュウカ)の花言葉は不倫を表現した言葉

誕生日に金竜花(キンリュウカ)の花を贈ったり、誕生日プレゼントに金竜花の花を添えようと考えているなら、「金竜花の花言葉」を知った上で花を贈るべきです。情報サイト誕プレの調べによると、金竜花の花言葉は1語のみです。花言葉は花の色や品種などによって異なる場合があるので注意が必要です。このページでは、金竜花の花言葉以外にも、金竜花の花について詳しい情報を掲載しています。つまり、金竜花の花の色や花の品種、金竜花の英語での呼び方や名前の由来などが詳しく書かれているのです。情報サイト誕プレでは、「金竜花の花言葉」の他にもあなたが知りたい花の花言葉を調べることができます。

金竜花の花言葉について

金竜花の花言葉は、全部で1種類あります。

【1】金竜花の花言葉ねじれた関係

金竜花の花言葉は「ねじれた関係」です。まさに不倫を表しているような花言葉なので、かなり使う頻度が少ない花言葉です。

ちなみに、見た目が良くない花なので、誕生日プレゼントには向いていない花です。

金竜花以外の花言葉を調べたい場合

金竜花の花言葉があなたの希望する意味ではない花言葉の場合、以下のリンクから金竜花の花言葉以外の花言葉を調べることができます。

金竜花の花について詳しく知りたい!

金竜花とは、ストロファンツス属という生物分類に属した植物です。

世界四大矢毒の1種で、毒が非常に強力です。昔は矢に塗る毒として使われており、その威力は象を倒す程、強力です。

誕生花としての金竜花

金竜花は、以下の月日の誕生花です。誕生月の花や誕生日の花をお探しの場合は、以下のリンクからその月日の金竜花以外の誕生花を調べることができます。

金竜花の英語と名前の由来

金竜花を英語(属名)で表記するとStrophanthus divaricatusです。

Strophanthustとは、ストロファンツス属を意味します。divaricatusとは、「広大に分岐する」という意味で、金竜花の髭のような見た目を表しています。

ちなみに、金竜花の名前の由来は、黄色の花弁が垂れ下がっている様子を金の竜に例えたのが由来です。

金竜花の花はどんな花?

金竜花の花は、黄色い筒状の花です。

花の萼片が長く伸びているのが特徴的です。

金竜花の画像

金竜花の概要

名称キンリュウカ
学名Strophanthus divaricatus
和名金竜花(キンリュウカ)
その他の名前ストロハンツス・ディヴァリカツス
科名チョウチクトウ科
属名ストロファンツス属
分類樹木
原産地中国、ベトナム、ラオス
丈(高さ)150cm程度
普通
普通
栽培難易度中級者向け
開花時期5~7月頃

※この金竜花の花言葉のページは「情報サイト誕プレ調べ」による内容のものです。

シェアする