オーニソガラムの花言葉は純粋さを表現した言葉

誕生日にオーニソガラムの花を贈ったり、誕生日プレゼントにオーニソガラムの花を添えようと考えているなら、「オーニソガラムの花言葉」を知った上で花を贈るべきです。情報サイト誕プレの調べによると、オーニソガラムの花言葉は4語あります。花言葉は花の色や品種などによって異なる場合があるので注意が必要です。このページでは、オーニソガラムの花言葉以外にも、オーニソガラムの花について詳しい情報を掲載しています。つまり、オーニソガラムの花の色や花の品種、オーニソガラムの英語での呼び方や名前の由来などが詳しく書かれているのです。情報サイト誕プレでは、「オーニソガラムの花言葉」の他にもあなたが知りたい花の花言葉を調べることができます。

オーニソガラムの花言葉

オーニソガラムの花言葉は4種類あります。詳しい内容を見ていきましょう。

オーニソガラムの花言葉は、純粋さを表した言葉

【1】オーニソガラムの花言葉純粋
【2】オーニソガラムの花言葉才能
【3】オーニソガラムの花言葉潔白
【4】オーニソガラムの花言葉無垢

オーニソガラムの花言葉には、「純粋」や「潔白」や「無垢」と言葉があります。これらの花言葉は、白色の花が咲くことから誕生した花言葉。

純粋つまりは清らかな心を持っている人や、幼い子供に贈る花言葉に向いています。

また、オーニソガラムには、「才能」という花言葉もあります

「才能」という花言葉は、褒め言葉であり、老若男女問わずに贈れる花言葉です。

オーニソガラム以外の花言葉を調べたい場合

オーニソガラムの花言葉があなたの希望する意味ではない場合、以下のリンクからオーニソガラムの花言葉以外の花言葉を調べることができます。

オーニソガラムという植物について

オーニソガラムという植物は、どんな植物なのか、どんな花を咲かせるのかなどを詳しく解説致します。

オオアマナ属という生物分類に属しているオーニソガラム

オーニソガラムの画像 ByTing Chen

オーニソガラムは、オオアマナ属の総称。球根植物であり、主に白色の美しい花を咲かせます。

西アジアやヨーロッパ原産の品種は、耐寒性がありますが、アフリカ原産の品種は半耐寒性しかないので注意が必要。

基本的に丈夫な植物なので、ガーデニングには向いている花だと思います。

誕生日の花としてのオーニソガラム

オーニソガラムは、以下の月日の誕生日の花です。そのため、以下の月日の誕生日の人に、花言葉を添えてオーニソガラムの花をプレゼントすることは良いことです。

しかし、オーニソガラム以外で同じ月日の誕生月の花や誕生日の花をお探しの場合は、以下のリンクからその月日のオーニソガラム以外の誕生花を調べてください。

オーニソガラムの英語と名前の由来

オーニソガラムの英語とその英語の由来、またオーニソガラムの和名とその和名の由来をご紹介致します。

オーニソガラムは英語でArabian Starflower。その言葉の由来とは?

英語で、星の形をした花のことをStarflowerと言います。アラブ地域が原産地域なので、Arabian Starflowerという英名になりました。

オーニソガラムの和名の由来とは?

上記の通り、オーニソガラムはオオアマナ属の総称なので、和名は存在しません。

しかし、下記にも記載しますが、オーニソガラムの一種であるオーニソガラム・ウンベラタムの和名は、大甘菜(オオアマナ)。オーニソガラム・アラビカムの和名は、黒星大甘菜(くろぼしおおあまな)と言います。

大甘菜は、アマナの花に似ていて、アマナの花より大きいため、大甘菜と呼ばれるようになりました。黒星大甘菜は、花の中央が黒いことから、黒星大甘菜と呼ばれるようになりました。

オーニソガラムの種類について

100種類以上あるオーニソガラムの中で、有名な品種は以下の通りです。

オーニソガラム・ウンベラタム 

オーニソガラム・ウンベラタムの画像 ByEttore Balocchio

オーニソガラム・ウンベラタムは、南西アジア原産の品種。別名、大甘菜(オオアマナ)という名で呼ばれることもあります。

※ornithogalum umbellatumという学名の綴りから、オーニソガラム・ウンベラツムやオーニソガラム・ウンベラータムと呼ばれることもあります。

花の大きさは3cm程度と小柄な品種で、3月~6月頃に星のような白色の花をたくさん咲かせます。その花姿をキリストの誕生を知らせた星に例え、「ベツレヘムの星」と呼ぶこともあります。

オーニソガラム・アラビカム

オーニソガラム・アラビカムの画像

オーニソガラム・アラビカムは、地中海沿岸が原産の品種。花の中央にある千房が黒色であることから、別名、黒星大甘菜(クロボシオオアマナ)という名で呼ばれます。

5月~7月頃に、芳香がある小さな白色の花を咲かせ、コンテナガーデンに用いられることがあります。

オーニソガラム・ダビウム

オーニソガラム・ダビウムの画像 ByZed66

オーニソガラム・ダビウムは、南アフリカが原産の品種。オーニソガラムは一般的には白色の花を咲かせるのですが、オーニソガラム・ダビウムについては、5月頃にオレンジ色や黄色の花を咲かせます。

耐寒性はあまり強くありませんが、栽培は比較的簡単なので、鉢植えとしてよく見かけます。

オーニソガラム・サンデルシー

オーニソガラム・サンデルシーの画像 ByTatters ❀

オーニソガラム・サンデルシーは、南アフリカ原産の品種。4月~5月頃に白色の花を咲かせます。

オーニソガラムの中では大型の品種になります。

オーニソガラム・シルソイデス

オーニソガラム・シルソイデスの画像 ByGabriele Diwald

オーニソガラム・シルソイデスは、南アフリカ原産の品種。4月~6月頃に、花穂に、美しい白色の花をたくさん咲かせるのが特徴。

花持ちが良く、花の色が真っ白なことから、結婚式用途で使われるなど人気のある品種になります。

オーニソガラム・ヌタンス

オーニソガラム・ヌタンスの画像 ByLeonora Enking

オーニソガラム・ヌタンスは、ヨーロッパ原産の品種。5月頃にガラスのように透き通ったような美しい花をに咲かせることから、別名「ガラスの花」という名で知られています。

※花の色は緑っぽい色で、縁が白っぽい色です。

オーニソガラムの花の色や形や開花時期

オーニソガラムの花の画像 Byjacinta lluch valero

オーニソガラムは、基本的に白色の花を咲かせます。(一部の品種は、黄色やオレンジ色の花を咲かせます。)

開花時期は、3月~8月(春咲きの品種は3月~6月頃、夏咲きの品種は7月~8月頃)。まるで星のような形をした6弁花の花を咲かせます。

オーニソガラムの概要

名称オーニソガラム
学名Ornithogalum
和名-
その他の名前-
科名キジカクシ科(ユリ科)
属名オオアマナ属
分類球根
原産地アフリカ、西アジア、ヨーロッパ
丈(高さ)10cm~60cm程度
強い
種類によるが、基本的に強い
栽培難易度やや初級者向け
開花時期3月~8月頃(品種による)

※このオーニソガラムの花言葉のページは「情報サイト誕プレ調べ」による内容のものです。

シェアする