鈴蘭(スズラン)の花言葉は幸せになれる3つの言葉

誕生日に鈴蘭の花を贈ったり、誕生日プレゼントに鈴蘭の花を添えようと考えているなら、「鈴蘭の花言葉」を知った上で花を贈るべきです。情報サイト誕プレの調べによると、鈴蘭の花言葉は3語あります。花言葉は花の色や品種などによって異なる場合があるので注意が必要です。このページでは、鈴蘭の花言葉以外にも、鈴蘭の花について詳しい情報を掲載しています。つまり、鈴蘭の花の色や花の品種、鈴蘭の英語での呼び方や名前の由来などが詳しく書かれているのです。情報サイト誕プレでは、「鈴蘭の花言葉」の他にもあなたが知りたい花の花言葉を調べることができます。

鈴蘭(スズラン)の花言葉

鈴蘭の花言葉は3種類あります。詳しい内容を見ていきましょう。

鈴蘭の花言葉は、幸せを呼びこむ言葉

【1】鈴蘭の花言葉幸福の再来
【2】鈴蘭の花言葉純粋
【3】鈴蘭の花言葉愛らしさ

鈴蘭の花言葉は、使いやすい良い花言葉ばかりです。

「幸福の再来」という花言葉は、幸せを呼ぶ意味として、どのような場面においても、どのような相手に対しても贈りやすい花言葉です。後述の「すずらんの日」に関連して誕生した花言葉なので、とても縁起が良く、好きな相手に贈ると良い花言葉です。

「純粋」という花言葉や、「愛らしさ」といった花言葉も悪い意味ではありません。「純粋」という花言葉は、心が真っ白な人向きの花言葉で、「愛らしさ」という花言葉は、鈴蘭の花のような可愛らしさを持ち合わせた女性に贈ると良いです。

鈴蘭は、海外で幸せの儀式の場で使う大切な花であり、花言葉は幸せを呼びこむ言葉なので、誕生日などのお祝いをする場に相応しい花言葉です。

鈴蘭以外の花言葉を調べたい場合

鈴蘭の花言葉があなたの希望する意味ではない場合、以下のリンクから鈴蘭の花言葉以外の花言葉を調べることができます。

鈴蘭という植物について

鈴蘭という植物は、どんな植物なのか、どんな花を咲かせるのかなどを詳しく解説致します。

キジカクシ属という生物分類に属している鈴蘭

鈴蘭(スズラン)の画像 By free photos

鈴蘭は、その花の可愛らしさから、観賞用として人気のある花です。

そして、現代では、主に観賞用の鈴蘭は、ヨーロッパ原産のドイツスズランが用いられます。花が大きく、香りが強いドイツスズランは、観賞用に向いている品種なのです。

花屋で売られている鈴蘭の多くは、ドイツスズランだと覚えておくと良いでしょう。

鈴蘭の毒性について

鈴蘭は良い香りがして、花も可愛いですが、残念なことに毒を持った植物です。

鈴蘭は根など一部ではなく鈴蘭全体に毒を持っており、例えば花粉が付着した手でお菓子などを食べてしまうだけで、下痢や嘔吐を起こしてしまいます。また、鈴蘭を活けた水を飲んでも中毒を起こす場合があり、取り扱いに注意が必要な植物なのです。

中でも鈴蘭の花や根には毒が多く含まれており、最悪の場合、死に至ります。特に鈴蘭の根は、山菜のギョウジャニンニクに見た目が似ているため、食べないように注意する必要があります。

すずらんの日に鈴蘭の花を贈られると幸福になる

鈴蘭(すずらん)の季節と言えば、主に5月と言っても過言ではありません。下記の通り、鈴蘭は5月1日、5月2日、5月28日の誕生花でもあり、鈴蘭の開花時期も4月~5月だからです。

海外においては、イギリスやフランスでは5月1日のことを「すずらんの日」と呼びます。特にフランスでは、「すずらんの日に鈴蘭の花を贈られると幸せになる」と言われています。

そのため、イギリスやフランスでは、結婚式で鈴蘭の花が使われるのが一般的。2011年4月29日に行われた、イギリスのウィリアム王子とキャサリン妃の結婚式においても、鈴蘭の花が使われたほどで、格式高い王室ですら認める言い伝えなのです。

誕生日の花としての鈴蘭

鈴蘭は、以下の月日の誕生日の花です。そのため、以下の月日の誕生日の人に、花言葉を添えて鈴蘭の花をプレゼントすることは良いことです。

しかし、鈴蘭以外で同じ月日の誕生月の花や誕生日の花をお探しの場合は、以下のリンクからその月日の鈴蘭以外の誕生花を調べてください。

鈴蘭の英語と名前の由来

鈴蘭の英語とその英語の由来、また鈴蘭の和名とその和名の由来をご紹介致します。

鈴蘭は英語でLily of the valley。その言葉の由来とは?

鈴蘭の学名は、Convallaria majalisです。このConvallariaとは、ラテン語で谷間を意味するConvallisと、百合(ユリ)を意味するLeirionが語源の言葉。そのため、この2つのラテン語を英語にするとLily of the valley(谷間のユリ)になるため、Lily of the valleyという英名になったのが由来です。

鈴蘭の和名は、鈴蘭(すずらん)。その言葉の由来とは?

鈴蘭は、花の形が鈴の形に似ており、葉が蘭(ラン)に似ているため、鈴蘭と呼ばれるようになりました。

鈴蘭の花の色や形や開花時期

鈴蘭の花は、鈴のような形をした小さくて可愛らしい花です。花の色は、白色もしくはピンク色で、香りが強いという特徴があります。4月~5月にかけて咲く花です。

鈴蘭の概要

名称鈴蘭
学名Convallaria majalis
和名鈴蘭(スズラン)
その他の名前君影草(キミカゲソウ)、谷間の姫百合(タニマノヒメユリ)
科名キジカクシ科
属名スズラン属
分類草花、山野草
原産地ヨーロッパ、アジア(東アジア・北アジア方面)
丈(高さ)15cm~20cm程度
やや弱い
強い
栽培難易度やや初級者向け
開花時期4~5月頃

※この鈴蘭の花言葉のページは「情報サイト誕プレ調べ」による内容のものです。

シェアする