甘草(カンゾウ)の花言葉は悲しみを乗り越えて欲しい人に贈りたい言葉

誕生日に甘草の花を贈ったり、誕生日プレゼントに甘草の花を添えようと考えているなら、「甘草の花言葉」を知った上で花を贈るべきです。情報サイト誕プレの調べによると、甘草の花言葉は2語あります。花言葉は花の色や品種などによって異なる場合があるので注意が必要です。このページでは、甘草の花言葉以外にも、甘草の花について詳しい情報を掲載しています。つまり、甘草の花の色や花の品種、甘草の英語での呼び方や名前の由来などが詳しく書かれているのです。情報サイト誕プレでは、「甘草の花言葉」の他にもあなたが知りたい花の花言葉を調べることができます。

甘草(カンゾウ)の花言葉について

甘草の花言葉は、全部で2種類あります。

【1】甘草の花言葉悲しみを忘れる
【2】甘草の花言葉順応

「悲しみを忘れる」や「順応」は、失恋した友人を勇気付ける際の花言葉として使うと良いでしょう。

甘草以外の花言葉を調べたい場合

甘草の花言葉があなたの希望する意味ではない花言葉の場合、以下のリンクから甘草の花言葉以外の花言葉を調べることができます。

甘草の花について詳しく知りたい!

甘草とは、カンゾウ属という生物分類に属した植物です。

甘草の画像 By Matt Lavin

甘草と書いて「カンゾウ」と読みます。甘草は、地中海やアジアや日本や北アメリカに自生する薬用植物です。

砂糖の50倍の甘みがあるグリチルリチンやブドウ糖やショ糖などが含まれているため、日本では古くから醤油の甘味料に使われていたり、欧米ではお菓子やソフトドリンクの原料として使われています。

また、甘草の根は生薬としても有名で、芍薬甘草湯や大黄甘草湯や甘草瀉心湯などの有名な薬にも利用されている植物です。

誕生花としての甘草

甘草は、以下の月日の誕生花です。誕生月の花や誕生日の花をお探しの場合は、以下のリンクからその月日の甘草以外の誕生花を調べることができます。

甘草の英語と名前の由来

甘草を英語で表記するとGlycyrrhizaです。

意味は甘草で、グリチルリチンやブドウ糖やショ糖などが豊富に含まれている植物なので、この名前が付きました。同様に、和名の甘草も、グリチルリチンやブドウ糖やショ糖などが豊富に含まれている植物であるため甘草と呼ばれるようになりました。

甘草の花はどんな花?

甘草の花は、小さな花の集合体です。

インターネットで検索すると、黄色やオレンジなどの華やかな写真を掲載しているサイトがありますが、そのような画像は同じ読み方の違う花の画像であり、甘草の花とは異なります。

甘草の花は、白色や紫色の小さな花です。

甘草の概要

名称甘草(カンゾウ)
学名Glycyrrhiza
和名甘草(カンゾウ)
その他の名前アマクサ
科名マメ科
属名カンゾウ属
分類草花
原産地乾燥地帯(アジア、ヨーロッパ)
丈(高さ)40~70cm程度
強い
強い
栽培難易度初級者向け
開花時期6~7月頃

※この甘草の花言葉のページは「情報サイト誕プレ調べ」による内容のものです。

シェアする