キングサリの花言葉は恋人や夫婦に贈ると良い言葉

誕生日にキングサリの花を贈ったり、誕生日プレゼントにキングサリの花を添えようと考えているなら、「キングサリの花言葉」を知った上で花を贈るべきです。情報サイト誕プレの調べによると、キングサリの花言葉は2語あります。花言葉は花の色や品種などによって異なる場合があるので注意が必要です。このページでは、キングサリの花言葉以外にも、キングサリの花について詳しい情報を掲載しています。つまり、キングサリの花の色や花の品種、キングサリの英語での呼び方や名前の由来などが詳しく書かれているのです。情報サイト誕プレでは、「キングサリの花言葉」の他にもあなたが知りたい花の花言葉を調べることができます。

キングサリの花言葉

キングサリの花言葉は2種類あります。詳しい内容を見ていきましょう。

キングサリの花言葉は、大事な人に贈りたい言葉

【1】キングサリの花言葉淋しい美しさ
【2】キングサリの花言葉相思相愛

キングサリの花言葉は、「淋しい美しさ」と「相思相愛」です。

どこか哀愁のある花の見た目なので、「淋しい美しさ」という花言葉が生まれました。「淋しい美しさ」という花言葉は、良いとは言えない意味なので、贈る花言葉としては微妙な言葉です。

対して、花がまとまって連なって咲くことから、「相思相愛」という花言葉が生まれました。相思相愛は良い意味で、恋人間や夫婦間で贈るのに適した言葉。分かり合っている間柄の好きな人に贈ってあげてください。

キングサリ以外の花言葉を調べたい場合

キングサリの花言葉があなたの希望する意味ではない場合、以下のリンクからキングサリの花言葉以外の花言葉を調べることができます。

キングサリという植物について

キングサリという植物は、どんな植物なのか、どんな花を咲かせるのかなどを詳しく解説致します。

キングサリ属という生物分類に属しているキングサリ

キングサリの画像 ByMaja Dumat

キングサリは、藤(フジ)に似た花で、黄色の花を房状に連ねてつけます。その様子から別名、黄花藤(きばなふじ)という名前も付いている程。満開になると、まるで黄色の藤棚のような感じになる姿はそれは見事なものです。

日本では見かける機会が少ない植物ですが、ヨーロッパではよく見かけられるメジャーな植物で、涼しい所が育てるのに向きます。※日本では関東以北が無難。

連なって育つという性質から、フェンスやアーチにして育てるのが一般的。主な品種はボッシーなどです。

※キングサリには毒があるので、誤飲しないように注意して下さい。

誕生日の花としてのキングサリ

キングサリは、以下の月日の誕生日の花です。そのため、以下の月日の誕生日の人に、花言葉を添えてキングサリの花をプレゼントすることは良いことです。

しかし、キングサリ以外で同じ月日の誕生月の花や誕生日の花をお探しの場合は、以下のリンクからその月日のキングサリ以外の誕生花を調べてください。

キングサリの英語と名前の由来

キングサリの英語とその英語の由来、またキングサリの和名とその和名の由来をご紹介致します。

キングサリは英語でgolden chain tree。その言葉の由来とは?

房状に連なった、黄色い花が鎖(chain)のように見えることから、golden chain treeという英名になりました。

キングサリの和名は、金鎖(きんぐさり)。その言葉の由来とは?

英名の一部のgolden chainをそのまま和訳し、「金色の鎖」となり、略して金鎖(きんぐさり)という和名になったのが由来です。

キングサリの花の色や形や開花時期

キングサリの花の画像 ByMaja Dumat

キングサリの花は、数cm程度の大きさの黄色い花を、房状に20cm~30cmほどに連ねて咲きます。開花時期は5月~6月頃です。

キングサリの概要

名称キングサリ
学名Laburnum anagyroides
和名金鎖(きんぐさり)
その他の名前ゴールデンチェーン、キバナフジ
科名マメ科
属名キングサリ属
分類庭木、花木
原産地ヨーロッパ中部~南部
丈(高さ)7m程度
普通
強い
栽培難易度初級者向け
開花時期5月~6月

※このキングサリの花言葉のページは「情報サイト誕プレ調べ」による内容のものです。

シェアする