ノウゼンカズラの花言葉は名誉ある人に贈る言葉

誕生日にノウゼンカズラの花を贈ったり、誕生日プレゼントにノウゼンカズラの花を添えようと考えているなら、「ノウゼンカズラの花言葉」を知った上で花を贈るべきです。情報サイト誕プレの調べによると、ノウゼンカズラの花言葉は3語あります。花言葉は花の色や品種などによって異なる場合があるので注意が必要です。このページでは、ノウゼンカズラの花言葉以外にも、ノウゼンカズラの花について詳しい情報を掲載しています。つまり、ノウゼンカズラの花の色や花の品種、ノウゼンカズラの英語での呼び方や名前の由来などが詳しく書かれているのです。情報サイト誕プレでは、「ノウゼンカズラの花言葉」の他にもあなたが知りたい花の花言葉を調べることができます。

ノウゼンカズラの花言葉

ノウゼンカズラの花言葉は3種類あります。詳しい内容を見ていきましょう。

ノウゼンカズラの花言葉は、光栄な言葉が多くあります

【1】ノウゼンカズラの花言葉名声
【2】ノウゼンカズラの花言葉名誉
【3】ノウゼンカズラの花言葉栄光

ノウゼンカズラの花言葉は「名声」「名誉」「栄光」です。

ラッパのような花を咲かせ、式典や名誉ある人を祝福する時にラッパで、ファンファーレを演奏することにちなみ、このような意味になりました。

スポーツの大会で優勝した人や、仕事で昇進した人などに贈ると良い言葉です。

ノウゼンカズラ以外の花言葉を調べたい場合

ノウゼンカズラの花言葉があなたの希望する意味ではない場合、以下のリンクからノウゼンカズラの花言葉以外の花言葉を調べることができます。

ノウゼンカズラという植物について

ノウゼンカズラという植物は、どんな植物なのか、どんな花を咲かせるのかなどを詳しく解説致します。

ノウゼンカズラ属という生物分類に属しているノウゼンカズラ

ノウゼンカズラの画像 Byjoka2000

中国中部~南部に生息するノウゼンカズラは、ノウゼンカズラ科の植物で、つる性の性質があります。

つるが伸び、夏の時期に赤やオレンジの花を咲かせるので、見応えがあり、観賞用で植えられることもあり、寿命が長く、豊臣秀吉が朝鮮へ出兵した際に持ち帰ったものが、石川県金沢市の玉泉園というところで未だに生きているほどです。

垂れ下がってラッパのような花を咲かせるのが特徴です。

※花の蜜は有毒とされていますが、明らかになっていません。ですが目に入ると炎症を起こしたり、手がかぶれる事例があるみたいです。

誕生日の花としてのノウゼンカズラ

ノウゼンカズラは、以下の月日の誕生日の花です。そのため、以下の月日の誕生日の人に、花言葉を添えてノウゼンカズラの花をプレゼントすることは良いことです。

しかし、ノウゼンカズラ以外で同じ月日の誕生月の花や誕生日の花をお探しの場合は、以下のリンクからその月日のノウゼンカズラ以外の誕生花を調べてください。

ノウゼンカズラの英語と名前の由来

ノウゼンカズラの英語とその英語の由来、またノウゼンカズラの和名とその和名の由来をご紹介致します。

ノウゼンカズラは英語でChinese trumpet vine。その言葉の由来とは?

ノウゼンカズラの特徴そのままです。中国原産の(chinese)トランペットのような花を咲かせる(trumpet)つる性の植物(vine)でChinese trumpet vineです。

ノウゼンカズラの和名は、凌霄花(のうぜんかずら)。その言葉の由来とは?

つるが木に絡み、天を越えるほど伸びることから、霄(そら)を凌ぐことから、凌霄(りょうしょう)、それが時代の流れとともに、変化しのうぜんと読むようになって凌霄花(のうぜんかずら)となりました。

ノウゼンカズラの種類について

ノウゼンカズラの中で、有名な品種は以下の通りです。

アメリカノウゼンカズラ

アメリカノウゼンカズラの画像 ByEttore Balocchi

アメリカ原産のノウゼンカズラで、ノウゼンカズラより花は小さく、茎も短く垂れません。

ピンクノウゼンカズラ

ピンクノウゼンカズラの画像 By영철 이

南アフリカ原産で、名前の通り、ピンク色の花です。

ノウゼンカズラの花の色や形や開花時期

ノウゼンカズラの花の画像 Byjoka2000

赤色や、オレンジ、黄色のラッパ型の花を咲かせます。開花時期は7月~8月です。

ノウゼンカズラの概要

名称ノウゼンカズラ
学名Campsis grandiflora
和名凌霄花(のうぜんかずら)
その他の名前チャイニーズ・トランペット・クリーパー、チャイニーズ・トランペット・バイン
科名ノウゼンカズラ科
属名ノウゼンカズラ属
分類庭木、花木
原産地中国
丈(高さ)5m~6m
強い
強い
栽培難易度やや初級者向け
開花時期7月~8月

※このノウゼンカズラの花言葉のページは「情報サイト誕プレ調べ」による内容のものです。

シェアする