藍(アイ)の花言葉は品のある女性に贈ると良い言葉

誕生日に藍の花を贈ったり、誕生日プレゼントに藍の花を添えようと考えているなら、「藍の花言葉」を知った上で花を贈るべきです。情報サイト誕プレの調べによると、藍の花言葉は1語あります。花言葉は花の色や品種などによって異なる場合があるので注意が必要です。このページでは、藍の花言葉以外にも、藍の花について詳しい情報を掲載しています。つまり、藍の花の色や花の品種、藍の英語での呼び方や名前の由来などが詳しく書かれているのです。情報サイト誕プレでは、「藍の花言葉」の他にもあなたが知りたい花の花言葉を調べることができます。

藍(アイ)の花言葉

藍の花言葉は1種類のみです。詳しい内容を見ていきましょう。

藍の花言葉は、上品な女性に贈ると良い言葉

【1】藍の花言葉美しい装い

藍の花言葉は「美しい装い」です。

「美しい装い」という花言葉は、褒め言葉に当たります。品があるなぁと感じる女性に贈るのに適した花言葉だと思います。

藍以外の花言葉を調べたい場合

藍の花言葉があなたの希望する意味ではない場合、以下のリンクから藍の花言葉以外の花言葉を調べることができます。

藍という植物について

藍という植物は、どんな植物なのか、どんな花を咲かせるのかなどを詳しく解説致します。

イヌタデ属という生物分類に属している藍

藍の画像 ByUdo Schröter

藍は、タデ科の植物。蓼藍(たであい)や藍蓼(あいたで)という別名で呼ぶことも多いです。

濃緑の葉は、やや丸みを帯びて広がっています。その葉を切ると、色のついた液が採れますが、この液体は古くから日本でも藍染めの染料として使われきました。その色が藍色で、藍色とはこの文字の背景の色に当たります。

藍染めにおいては、徳島県の阿波藍(アワアイ)が有名。他には別の植物ですが、沖縄県の琉球藍やインド原産のインド藍も同じ色素を取ることができます。

ちなみに、藍という文字は女性の名前として使われることもあり、プロゴルファーの宮里藍選手なども藍という字を使われています。

誕生日の花としての藍

藍は、以下の月日の誕生日の花です。そのため、以下の月日の誕生日の人に、花言葉を添えて藍の花をプレゼントすることは良いことです。

しかし、藍以外で同じ月日の誕生月の花や誕生日の花をお探しの場合は、以下のリンクからその月日の藍以外の誕生花を調べてください。

藍の英語と名前の由来

藍の英語とその英語の由来、また藍の和名とその和名の由来をご紹介致します。

藍は英語でIndigo plant。その言葉の由来とは?

藍は、インドが原産の植物。藍は、ギリシャ語で「インドの」を意味するindikonが語源で、同じくポルトガル語で藍を意味するIndigoをそのまま英語に用いました。そして、植物であることを区別するために、Indigo plantという英名になりました。

藍の和名は、藍(あい)。その言葉の由来とは?

藍は、藍色の染料を抽出できる植物です。藍色とは、青っぽい色なので、青という言葉が転訛し藍と呼ばれるようになりました。

藍の花の色や形や開花時期

藍の花の画像

藍の花は、ピンク色や紅色をした小さく細かい花です。開花時期は8月~10月頃になります。

藍の概要

名称
学名Persicaria tinctoria
和名藍(あい)
その他の名前蓼藍(タデアイ)、藍蓼(アイタデ)
科名タデ科
属名イヌタデ属
分類草花
原産地インド
丈(高さ)60cm~90cm
強い
弱い
栽培難易度初級者向け
開花時期8月~10月頃

※この藍の花言葉のページは「情報サイト誕プレ調べ」による内容のものです。

シェアする