タツタソウの花言葉は遠慮を表した言葉

誕生日にタツタソウの花を贈ったり、誕生日プレゼントにタツタソウの花を添えようと考えているなら、「タツタソウの花言葉」を知った上で花を贈るべきです。情報サイト誕プレの調べによると、タツタソウの花言葉は1語あります。花言葉は花の色や品種などによって異なる場合があるので注意が必要です。このページでは、タツタソウの花言葉以外にも、タツタソウの花について詳しい情報を掲載しています。つまり、タツタソウの花の色や花の品種、タツタソウの英語での呼び方や名前の由来などが詳しく書かれているのです。情報サイト誕プレでは、「タツタソウの花言葉」の他にもあなたが知りたい花の花言葉を調べることができます。

タツタソウの花言葉

タツタソウの花言葉は1種類あります。詳しい内容を見ていきましょう。

タツタソウの花言葉は、遠慮を表した言葉

【1】タツタソウの花言葉遠慮

タツタソウの花言葉は、「遠慮」です。

遠慮の意味では贈りにくいですし、仮に贈った所で相手を気遣わす可能性もあるので、悪い意味ではないですが贈らないほうがよいでしょう。

タツタソウ以外の花言葉を調べたい場合

タツタソウの花言葉があなたの希望する意味ではない場合、以下のリンクからタツタソウの花言葉以外の花言葉を調べることができます。

タツタソウという植物について

タツタソウという植物は、どんな植物なのか、どんな花を咲かせるのかなどを詳しく解説致します。

タツタソウ属という生物分類に属しているタツタソウ

タツタソウの画像 Bypeganum

タツタソウはメギ科の草花、山野草です。草丈は大きくなっても30cmほどで、落葉樹の下や山地の明るい所に見かけられます。

蓮に似た葉を展開すると同時に花を咲かせます。成長するとあたり一面を覆うので綺麗です。

葉は最初赤紫色をしており、成長すると緑色になります。

また、この葉の形から別名糸巻草(いとまきぐさ)とも呼ばれます。

春が開花時期なので日本では古くから春を訪れる知らせの山野草として親しまれてきました。

誕生日の花としてのタツタソウ

タツタソウは、以下の月日の誕生日の花です。そのため、以下の月日の誕生日の人に、花言葉を添えてタツタソウの花をプレゼントすることは良いことです。

しかし、タツタソウ以外で同じ月日の誕生月の花や誕生日の花をお探しの場合は、以下のリンクからその月日のタツタソウ以外の誕生花を調べてください。

タツタソウの英語と名前の由来

タツタソウの英語とその英語の由来、またタツタソウの和名とその和名の由来をご紹介致します。

タツタソウは英語でTwin leaf。その言葉の由来とは?

2枚の葉がくっついているので、Twin leafとなりました。

タツタソウの和名は、竜田草(たつたそう)。その言葉の由来とは?

日露戦争時に軍艦「竜田」の乗組員が中国の黄河流域から持ち帰ったことにより竜田草(たつたそう)とつけられたのがきっかけです。

タツタソウの花の色や形や開花時期

藤紫色の1~2cmの6枚~8枚の花を葉の展開と同時、または先駆けて上向きに咲きます。開花時期は3月~4月頃です。

タツタソウの概要

名称タツタソウ
学名Jeffersonia dubia
和名竜田草(たつたそう)
その他の名前糸巻草(いとまきぐさ)
科名メギ科
属名タツタソウ属
分類草花
原産地中国東北部、朝鮮半島北部
丈(高さ)20cm~30cm
普通
普通
栽培難易度中級者向け
開花時期3月~4月

※このタツタソウの花言葉のページは「情報サイト誕プレ調べ」による内容のものです。

シェアする