玉簾(タマスダレ)の花言葉は清く美しい2つの言葉

誕生日にタマスダレの花を贈ったり、誕生日プレゼントにタマスダレの花を添えようと考えているなら、「タマスダレの花言葉」を知った上で花を贈るべきです。情報サイト誕プレの調べによると、タマスダレの花言葉は2語あります。花言葉は花の色や品種などによって異なる場合があるので注意が必要です。このページでは、タマスダレの花言葉以外にも、タマスダレの花について詳しい情報を掲載しています。つまり、タマスダレの花の色や花の品種、タマスダレの英語での呼び方や名前の由来などが詳しく書かれているのです。情報サイト誕プレでは、「タマスダレの花言葉」の他にもあなたが知りたい花の花言葉を調べることができます。

玉簾(タマスダレ)の花言葉

タマスダレの花言葉は2種類あります。詳しい内容を見ていきましょう。

タマスダレの花言葉は、清らかであり美しい言葉

【1】タマスダレの花言葉汚れなき愛
【2】タマスダレの花言葉期待

タマスダレの花言葉は、「汚れなき愛」という花言葉です。

純白の花の見た目の如く、清く美しい言葉。プロポーズや結婚相手に贈る花言葉に向いていると思います。

また、タマスダレには「期待」という花言葉もあります。

「期待」という花言葉は、前向きな言葉なので人に贈る花言葉として悪くはないと思います。

タマスダレ以外の花言葉を調べたい場合

タマスダレの花言葉があなたの希望する意味ではない場合、以下のリンクからタマスダレの花言葉以外の花言葉を調べることができます。

タマスダレという植物について

タマスダレという植物は、どんな植物なのか、どんな花を咲かせるのかなどを詳しく解説致します。

タマスダレ属という生物分類に属しているタマスダレ

タマスダレの画像 Bytillandsiausneoides

タマスダレは、ヒガンバナ科の球根植物。暑さや寒さに強い植物なので、初心者でも容易に育てることができます。

美しい見た目に反し、主に球根辺りの部分が毒を持っているので、誤飲などに気をつける必要があります。誤飲すると嘔吐や痙攣などを起こすので、注意が必要です。

※ゼフィランサスという名前で呼ばれることもありますが、正式にはタマスダレやサフランモドキなどを含めたものの総称がゼフィランサスなので、間違えないように注意しましょう。

誕生日の花としてのタマスダレ

タマスダレは、以下の月日の誕生日の花です。そのため、以下の月日の誕生日の人に、花言葉を添えてタマスダレの花をプレゼントすることは良いことです。

しかし、タマスダレ以外で同じ月日の誕生月の花や誕生日の花をお探しの場合は、以下のリンクからその月日のタマスダレ以外の誕生花を調べてください。

タマスダレの英語と名前の由来

タマスダレの英語とその英語の由来、またタマスダレの和名とその和名の由来をご紹介致します。

タマスダレは英語でrainlily(レインリリー)。その言葉の由来とは?

タマスダレは、雨が降った後に咲き始めるという特徴があります。また、百合に似た花を咲かせることから、「雨の百合」という意味でrainlilyという英名になりました。

タマスダレの和名は、玉簾(たますだれ)。その言葉の由来とは?

数枚の葉が玉に例え、葉が並んでいる様子が簾に見えることから玉簾(たますだれ)という名称になりました。

タマスダレの花の色や形や開花時期

タマスダレの花の画像 By madame.furie

タマスダレの花は、白く小さな10cm~30cmほどの花。雨が降った後に、一斉に綺麗な花が開花します。

一本の茎に対して一つだけ花が咲き、一旦咲くと2~3日で散ってしまいますが、開花時期であればまた新たな花がすぐに咲くので、長い期間花を楽しめます。参考までに、開花時期は8月~10月です。

タマスダレの概要

名称タマスダレ
学名Zephyranthes candida
和名玉簾(たますだれ)
その他の名前レインリリー、ゼフィランサス
科名ヒガンバナ科
属名タマスダレ属
分類球根
原産地ペルー、チリ、アルゼンチンなど
丈(高さ)15cm~30cm
強い~やや弱い
強い
栽培難易度初級者向け
開花時期8月~10月

※タマスダレのページは「情報サイト誕プレ調べ」によるものです。

シェアする