葡萄(ブドウ)の花言葉は、相手のことを思いやる言葉

誕生日に葡萄の花を贈ったり、誕生日プレゼントに葡萄の花を添えようと考えているなら、「葡萄の花言葉」を知った上で花を贈るべきです。情報サイト誕プレの調べによると、葡萄の花言葉は4語あります。花言葉は花の色や品種などによって異なる場合があるので注意が必要です。このページでは、葡萄の花言葉以外にも、葡萄の花について詳しい情報を掲載しています。つまり、葡萄の花の色や花の品種、葡萄の英語での呼び方や名前の由来などが詳しく書かれているのです。情報サイト誕プレでは、「葡萄の花言葉」の他にもあなたが知りたい花の花言葉を調べることができます。

葡萄(ブドウ)の花言葉について

葡萄の花言葉は4種類あります。詳しい内容を見ていきましょう。

葡萄の花言葉は、思いやりの言葉

【1】葡萄の花言葉陶酔
【2】葡萄の花言葉好意
【3】葡萄の花言葉信頼
【4】葡萄の花言葉思いやり

葡萄の花言葉は、相手を思いやる言葉ばかりで、贈る言葉としてとても良い意味だと言えます。

「陶酔」という言葉は、葡萄が原料になるワインが由来の言葉。恋人に贈っても問題ない花言葉だと言えます。

「好意」や「信頼」や「思いやり」という言葉も、花言葉を贈る相手にとって嬉しい言葉で、どんな人に対しても贈ることができる便利な花言葉ばかりなのです。

葡萄以外の花言葉を調べたい場合

葡萄の花言葉があなたの希望する意味ではない場合、以下のリンクから葡萄の花言葉以外の花言葉を調べることができます。

葡萄という植物について

葡萄という植物は、どんな植物なのか、どんな花を咲かせるのかなどを詳しく解説致します。

ブドウ属という生物分類に属している葡萄

葡萄の画像 ByFranco Folini

葡萄と言えば、花よりも果実が有名な植物。誰もが一度は見たことがある紫色や緑色の甘い果実は、そのまま食べるも良いですし、乾燥させてレーズンにしても良いものです。また、ワインや葡萄ジュースやジャムの原料としても使われます。

世界においては、葡萄は中国・イタリア・アメリカが有名な生産国。日本では、山梨県が葡萄の産地として有名です。

果実や加工品として触れ合う機会が多い葡萄ですが、山梨のぶどう狩りなどを通して、葡萄の樹に触れ合ったことがある人も多いのが葡萄なのです。

葡萄の品種

葡萄の品種は数多くありますが、巨峰やデラウェアという品種がとにかく有名です。またワインの原料として、甲州と呼ばれる日本最古の品種も有名です。

誕生日の花としての葡萄

葡萄は、以下の月日の誕生日の花です。そのため、以下の月日の誕生日の人に、花言葉を添えて葡萄の花をプレゼントすることは良いことです。

しかし、葡萄以外で同じ月日の誕生月の花や誕生日の花をお探しの場合は、以下のリンクからその月日の葡萄以外の誕生花を調べてください。

葡萄の英語と名前の由来

葡萄の英語とその英語の由来、また葡萄の和名とその和名の由来をご紹介致します。

葡萄は英語でgrape。その言葉の由来とは?

1粒の葡萄の場合grapeですが、現実的には葡萄一房(葡萄の粒がたくさんある状態)の場合、英語でgrapesという英語になります。

古くからあるとても有名な果実なので、昔の人が葡萄のことをgrapeと読んだのが始まりです。参考までに接頭文字のgrには曲がるというニュアンスがあり、蔓性の植物としての性質を含んでいます。

葡萄の和名は、葡萄(ぶどう)。その言葉の由来とは?

葡萄は元々、ギリシャ語でbotrusと呼ばれていました。それが中国に伝わる過程で、葡萄になり、日本でも中国の漢字をそのまま使い、botrusの発音を参考にして葡萄(ぶどう)という和名になりました。

葡萄の花の色や形や開花時期

葡萄の花の画像 Byfrancis renaud

葡萄の花は小さな緑色の花で、香ばしい匂いがします。1つの花に雄しべと雌しべがあり、自家受粉をするという特徴があります。開花時期は5月~6月になります。

葡萄の概要

名称葡萄
学名Vitis vinifera
和名葡萄(ぶどう)
その他の名前-
科名ブドウ科
属名ブドウ属
分類果樹
原産地品種によってヨーロッパが原産のものと北アメリカが原産のもので分かれる
丈(高さ)3m~5m程度
強い
普通
栽培難易度やや上級者向け
開花時期5月~6月

※この葡萄の花言葉のページは「情報サイト誕プレ調べ」による内容のものです。

シェアする