花の性質から生まれたマトリカリアの2つの花言葉

誕生日にマトリカリアの花を贈ったり、誕生日プレゼントにマトリカリアの花を添えようと考えているなら、「マトリカリアの花言葉」を知った上で花を贈るべきです。情報サイト誕プレの調べによると、マトリカリアの花言葉は4語あります。花言葉は花の色や品種などによって異なる場合があるので注意が必要です。このページでは、マトリカリアの花言葉以外にも、マトリカリアの花について詳しい情報を掲載しています。つまり、マトリカリアの花の色や花の品種、マトリカリアの英語での呼び方や名前の由来などが詳しく書かれているのです。情報サイト誕プレでは、「マトリカリアの花言葉」の他にもあなたが知りたい花の花言葉を調べることができます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

マトリカリアの花言葉

マトリカリアの花言葉は4種類あります。詳しい内容を見ていきましょう。

マトリカリアの花言葉は、花の特性から生まれた言葉

【1】マトリカリアの花言葉楽しむ
【2】マトリカリアの花言葉集う喜び
【3】マトリカリアの花言葉鎮静
【4】マトリカリアの花言葉忍耐

マトリカリアの花言葉には、「楽しむ」や「集う喜び」といった花言葉があります。

「楽しむ」や「集う喜び」という花言葉は、小さな花が集い可愛らしく咲く花姿から生まれた花言葉です。

同窓会やサークルでの集まり、新年会や忘年会などで久しぶりに会うような場面で贈りたくなるような素敵な花言葉です。可愛らしい花なので、主に女性に贈るとよいでしょう。

対して、「鎮静」や「忍耐」といった言葉もマトリカリアの花言葉です。これらの花言葉は、マトリカリアの持つハーブとしての性質から生まれた言葉です。

「鎮静」や「忍耐」という花言葉は、人に贈る機会があまりない言葉なので、人に贈るなら「楽しむ」や「集う喜び」という花言葉を贈りましょう。

マトリカリア以外の花言葉を調べたい場合

マトリカリアの花言葉があなたの希望する意味ではない場合、以下のリンクからマトリカリアの花言葉以外の花言葉を調べることができます。

マトリカリアという植物について

マトリカリアという植物は、どんな植物なのか、どんな花を咲かせるのかなどを詳しく解説致します。

ヨモギギク属という生物分類に属しているマトリカリア

マトリカリアの画像 ByManuel

マトリカリアは、ヨーロッパでは庭に植えられている植物でハーブや薬用に用いられます

ハーブとして流通する場合は、フィーバーフューという名前で出回ることが多く、鎮痛効果やアトピーに効果があります。香りもよく、見た目も可愛らしい花なので、観賞価値のある花だといえます。

中でも、シングルペグモというマトリカリアの人気品種は、切り花として使われる傾向にあります。

マトカリアとカモミールの違い

マトカリアとカモミールという植物は、共にキク科の植物で近縁種に当たりますが、属名が異なるため別の植物です。

カモミールは、一般的にハーブや食用に用いられるローマンカモミールと観賞用のジャーマンカモミールに分けることができます。その中でも、ジャーマンカモミールとマトカリアが似ているのです。

見た目の違いは、マトカリアの方が中央の黄色の部分が小さく、ジャーマンカモミールに比べて突起していないという違いがあります。

誕生日の花としてのマトリカリア

マトリカリアは、以下の月日の誕生日の花です。そのため、以下の月日の誕生日の人に、花言葉を添えてマトリカリアの花をプレゼントすることは良いことです。

しかし、マトリカリア以外で同じ月日の誕生月の花や誕生日の花をお探しの場合は、以下のリンクからその月日のマトリカリア以外の誕生花を調べてください。

マトリカリアの英語と名前の由来

マトリカリアの英語とその英語の由来、またマトリカリアの和名とその和名の由来をご紹介致します。

マトリカリアは英語でFeverfew。その言葉の由来とは?

マトリカリアには、解熱効果があります。そのため、ラテン語で「熱病」を意味するfebrisと、「追放する」という意味のfugureによって誕生した造語のfevrifuga(「熱を下げる」という意味)が転訛し、Feverfewという英名になりました。

マトリカリアの和名は、夏白菊(なつしろぎく)。その言葉の由来とは?

マトリカリアは、夏(正確には初夏)にのような白い花を咲かせるキク科の植物です。このことから、夏白菊(なつしろぎく)と呼ばれるようになりました。

マトリカリアの花の色や形や開花時期

マトリカリアの花の画像 ByAJC ajcann.wordpress.com

マトリカリアは白い花びらを持ち、中央に黄色い管状花をたくさんつけます。花の大きさは2cmほど。開花時期は5月~7月頃です。

マトリカリアの概要

名称マトリカリア
学名Tanacetum parthenium
和名夏白菊(なつしろぎく)
その他の名前イヌカミツレ、フィーバーヒュー
科名キク科
属名ヨモギギク属
分類草花
原産地南東ヨーロッパ
丈(高さ)15cm~100cm
やや弱い
普通
栽培難易度初級者向け
開花時期5月~7月

※このマトリカリアの花言葉のページは「情報サイト誕プレ調べ」による内容のものです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

Facebook like box
スポンサーリンク
スポンサーリンク