リュウノヒゲ(ジャノヒゲ)の2つの花言葉

誕生日にリュウノヒゲの花を贈ったり、誕生日プレゼントにリュウノヒゲの花を添えようと考えているなら、「リュウノヒゲの花言葉」を知った上で花を贈るべきです。情報サイト誕プレの調べによると、リュウノヒゲの花言葉は2語あります。花言葉は花の色や品種などによって異なる場合があるので注意が必要です。このページでは、リュウノヒゲの花言葉以外にも、リュウノヒゲの花について詳しい情報を掲載しています。つまり、リュウノヒゲの花の色や花の品種、リュウノヒゲの英語での呼び方や名前の由来などが詳しく書かれているのです。情報サイト誕プレでは、「リュウノヒゲの花言葉」の他にもあなたが知りたい花の花言葉を調べることができます。

リュウノヒゲ(ジャノヒゲ)の花言葉

リュウノヒゲの花言葉は2種類あります。詳しい内容を見ていきましょう。

リュウノヒゲの花言葉は、便利で素敵な言葉

【1】リュウノヒゲの花言葉変わらぬ思い
【2】リュウノヒゲの花言葉深い思いやり

リュウノヒゲの花言葉は、「変わらぬ思い」と「深い思いやり」です。

これら2つの言葉は、恋愛にも友情にも家族愛にも、どのパターンにおいても使える便利な言葉です。愛や友情を持って接している相手、親友や両親や恋人に贈る花言葉にピッタリです。

リュウノヒゲ以外の花言葉を調べたい場合

リュウノヒゲの花言葉があなたの希望する意味ではない場合、以下のリンクからリュウノヒゲの花言葉以外の花言葉を調べることができます。

リュウノヒゲという植物について

リュウノヒゲという植物は、どんな植物なのか、どんな花を咲かせるのかなどを詳しく解説致します。

ジャノヒゲ属という生物分類に属しているリュウノヒゲ

リュウノヒゲの画像 ByForest and Kim Starr

リュウノヒゲとは別名で、正式名称はジャノヒゲ(蛇の髭)と言います。

リュウノヒゲは、日本や東アジアの林に自生する植物で、草丈は約10cm以上あり、葉が細く生えます。

見た目に反し、茎は揚げて食べることができ、冬には青い光沢のある実をつける植物です。

誕生日の花としてのリュウノヒゲ

リュウノヒゲは、以下の月日の誕生日の花です。そのため、以下の月日の誕生日の人に、花言葉を添えてリュウノヒゲの花をプレゼントすることは良いことです。

しかし、リュウノヒゲ以外で同じ月日の誕生月の花や誕生日の花をお探しの場合は、以下のリンクからその月日のリュウノヒゲ以外の誕生花を調べてください。

リュウノヒゲの英語と名前の由来

リュウノヒゲの英語とその英語の由来、またリュウノヒゲの和名とその和名の由来をご紹介致します。

リュウノヒゲは英語でmondo grass。その言葉の由来とは?

世界に生えている草という意味合いから、mondo grassという英語になったのが由来です。参考までに、mondoはフランス語で世界を意味するmondeからきています。

リュウノヒゲの和名は、蛇の髭(じゃのひげ)。その言葉の由来とは?

細長い葉が髭のように見えることから、蛇の髭(じゃのひげ)と呼ばれるようになりました。

リュウノヒゲの有名な園芸品種は、玉竜(タマリュウ)

リュウノヒゲにはいくつかの園芸品種がありますが、中でも玉竜(タマリュウ)は、扱いやすく、葉が短い品種です。グランドカバーによく使われます。

タマリュウとリュウノヒゲの違いについて

タマリュウとリュウノヒゲの主な違いは、草丈です。

タマリュウは大体5cm程度。それに対してリュウノヒゲは10cm~40cm程度になります。見ただけで分かる程、草丈のサイズに差があるので、素人でも違いが分かると思います。

※前述の通り、リュウノヒゲの園芸品種がタマリュウですので、タマリュウはリュウノヒゲの一種であり、違う植物ではありません。

リュウノヒゲの花の色や形や開花時期

リュウノヒゲの花の画像 ByVanLap Hoàngr

リュウノヒゲの花は、白色もしくは淡い紫色の花です。小さい花なので、あまり観賞価値はありません。開花時期は、7月~8月になります。

リュウノヒゲの概要

名称蛇の髭(ジャノヒゲ)
学名Ophiopogon japonicus
和名蛇の髭(じゃのひげ)
その他の名前竜の髭(リュウノヒゲ)
科名キジカクシ科
属名ジャノヒゲ属
分類草花
原産地日本、東アジア
丈(高さ)10cm~40cm
強い
強い
栽培難易度やや初級者向け
開花時期7月~8月

※このリュウノヒゲの花言葉のページは「情報サイト誕プレ調べ」による内容のものです。

シェアする