恋人に伝えたい気持ちを表現したハナビシソウの花言葉

誕生日にハナビシソウ(花菱草)の花を贈ったり、誕生日プレゼントにハナビシソウの花を添えようと考えているなら、「ハナビシソウの花言葉」を知った上で花を贈るべきです。情報サイト誕プレの調べによると、ハナビシソウの花言葉は2語あります。花言葉は花の色や品種などによって異なる場合があるので注意が必要です。このページでは、ハナビシソウの花言葉以外にも、ハナビシソウの花について詳しい情報を掲載しています。つまり、ハナビシソウの花の色や花の品種、ハナビシソウの英語での呼び方や名前の由来などが詳しく書かれているのです。情報サイト誕プレでは、「ハナビシソウの花言葉」の他にもあなたが知りたい花の花言葉を調べることができます。

ハナビシソウ(花菱草)の花言葉について

ハナビシソウの花言葉は、全部で2種類あります。

【1】ハナビシソウの花言葉消えることはない想い
【2】ハナビシソウの花言葉希望

ハナビシソウの2つの花言葉は、非常に使いやすい言葉です。特に「消えることはない想い」という花言葉は、恋人に贈る誕生日プレゼントに添えたい花言葉です。

ハナビシソウ以外の花言葉を調べたい場合

ハナビシソウの花言葉があなたの希望する意味ではない花言葉の場合、以下のリンクからハナビシソウの花言葉以外の花言葉を調べることができます。

ハナビシソウの花について詳しく知りたい!

ハナビシソウとは、ハナビシソウ属という生物分類に属した植物です。

ハナビシソウの画像 By Velvet Elevator (Pandy Farmer)

ハナビシソウは明治時代に日本に伝わりました。日当たりと排水が良ければ、ほとんど手がかからない植物なので、花壇や切り花としても使われる花です。

誕生花としてのハナビシソウ

ハナビシソウは、以下の月日の誕生花です。誕生月の花や誕生日の花をお探しの場合は、以下のリンクからその月日のハナビシソウ以外の誕生花を調べることができます。

ハナビシソウの英語と名前の由来

ハナビシソウを英語で表記するとCalifornia poppyです。

アメリカ合衆国の州花にもなっており、カリフォルニア州のポピー(ケシ科)なのが名前の由来です。

参考までに、学名はロシアの医者であり、学者でもあるヨハン・フリードリッヒ・エッツョルツ(Johann Friedrich Eschscholz)に由来します。

ハナビシソウの和名は、花菱草(ハナビシソウ)です。

ハナビシソウを上から見ると、家紋の1つの花菱に似ているため、花菱草という名前になりました。

花菱の家紋の画像

ハナビシソウの花はどんな花?

ハナビシソウの花は、日中開き、夜や雨の時は閉じる花です。

開花期間も長く、病虫害もほとんどない花なので、非常に丈夫な花として有名です。

花の色は、鮮やかなオレンジが基本ですが、黄色や赤色やピンク色や白色など、バラエティーに富んだハナビシソウの花が存在します。

ハナビシソウの花の画像 By Martin LaBar

ハナビシソウの概要

名称ハナビシソウ
学名Eschscholzia californica
和名花菱草(ハナビシソウ)
その他の名前カリフォルニアポピー
科名ケシ科
属名ハナビシソウ属
分類草花
原産地アメリカ合衆国西部
丈(高さ)20cm~60cm程度
普通
普通
栽培難易度やや初級者向け
開花時期4~6月頃

※このハナビシソウの花言葉のページは「情報サイト誕プレ調べ」による内容のものです。

シェアする