【1/2生まれ必見】1月2日の誕生花は全部で6種類

箱根駅伝が有名な1月2日の誕生花は赤色の椿、白色のヒヤシンス、蝋梅、黄色の水仙、竹、孟宗竹の6種類です。誕生花は国や地域によって異なりますが、日本における一般的な1月2日の誕生花をご紹介しています。このページでは、赤色の椿、白色のヒヤシンス、蝋梅、黄色の水仙、竹、孟宗竹がどのような花なのか、そして誕生日プレゼントとして適しているのかを情報サイト誕プレが考察した結果を記載しています。また、1月2日のそれぞれの誕生花における花言葉やより詳しい花の情報が書かれたページへのリンクもありますので、気になる花があればご覧下さい。

【1月2日の誕生花】赤椿(赤色のツバキ)

情報サイト誕プレおすすめ度★★★★★ (5段階評価中5[素晴らしい])

赤色の椿の画像 By anoldent

1月2日の誕生花の1つは、椿(赤色の花限定)です。

椿は、和風の雰囲気が感じられる花。花言葉も良い意味なので、花束にしたり、プリザーブドフラワーの椿をプレゼントすると喜ばれることでしょう。是非ともキレイな女性に贈りたいものです。

※椿に関する詳しい内容は、椿の花言葉のページをご覧下さい。

【1月2日の誕生花】ヒヤシンス(白色の花限定)

情報サイト誕プレおすすめ度★★☆☆☆ (5段階評価中2[やや悪い])

白いヒヤシンスの画像 ByMulberry24

1月2日の誕生花の1つは、ヒヤシンス(白色の花限定)です。

ヒヤシンスは、カラフルな美しい花を咲かせます。ただ、開花時期は春なので1月2日の時点ではプレゼントに向かず、球根を用いた水栽培の観点で言うと1月2日は遅すぎます。

従って、1月2日生まれの人の誕生日にヒヤシンスを贈ることは困難です。

※ヒヤシンスに関する詳しい内容は、ヒヤシンスの花言葉のページをご覧下さい。

【1月2日の誕生花】蝋梅(ロウバイ)

情報サイト誕プレおすすめ度★★☆☆☆ (5段階評価中2[やや悪い])

蝋梅の花の画像 Bycoloredby

1月2日の誕生花の1つは、蝋梅です。

蝋梅は、まるで蝋細工のような花を咲かせる植物。花としての観賞価値が高いため、盆栽として育てるのに向いています。

誕生日に蝋梅を贈るなら、蝋梅の盆栽を贈る以外に蝋梅の名所に連れていくという方法もあります。

※蝋梅に関する詳しい内容は、蝋梅の花言葉のページをご覧下さい。

【1月2日の誕生花】水仙(黄色の花限定)

情報サイト誕プレおすすめ度★★★★☆ (5段階評価中4[良い])

黄水仙の画像 By Alice Rosen 

1月2日の誕生花の1つは、水仙(黄色の花限定)です。

水仙は、冬を代表する花の1つ。花束にしてプレゼントするのに向いています。但し、黄色の水仙の持つ花言葉は、やや未練がましい花言葉なので、黄色の水仙を恋人もしくは元恋人に贈る場合には気をつけてください。

※水仙に関する詳しい内容は、水仙の花言葉のページをご覧下さい。

【1月2日の誕生花】竹

情報サイト誕プレおすすめ度★★★☆☆ (5段階評価中3[普通])

竹の画像 By白士 李

1月2日の誕生花の1つは、竹です。

竹は、誰もが知っている有名な植物。建築資材に使われたり、庭に植えられたりと様々です。

竹の盆栽は風情を感じることができるので、竹を贈るなら竹の盆栽がオススメ。また、竹でできた製品を誕生日に贈るのも悪くはありません。

※竹に関する詳しい内容は、竹の花言葉のページをご覧下さい。

【1月2日の誕生花】孟宗竹(モウソウチク)

情報サイト誕プレおすすめ度★☆☆☆☆ (5段階評価中1[悪い])

孟宗竹の画像 Byharum.koh

1月2日の誕生花の1つは、孟宗竹です。

孟宗竹とは、竹の一種。孟宗竹の筍(たけのこ)が、頻繁に市場に出回っています。

孟宗竹は、大型の竹なので、プレゼント用途にはなりません。

※孟宗竹に関する詳しい内容は、孟宗竹の花言葉のページをご覧下さい。

情報サイト誕プレが1月2日の誕生花が誕生日プレゼントに合う花なのか評価した結果

1月2日の誕生花の中には、プレゼント用の花が存在します

1月2日の誕生花は6種類ありますが、中でも赤椿がオススメ。赤椿は、見た目が美しい贈答用の花なのです。

ちなみに、1月2日の誕生花の中には、盆栽にできる花が複数あります。盆栽が趣味の人には、盆栽を贈るのが無難だと思います。

※1月2日以外の誕生花は、365日の誕生花の一覧をご覧下さい。

情報サイト誕プレおすすめ度について

1/2の全ての誕生花には、「情報サイト誕プレおすすめ度」という星5つ~星1つの5段階で評価された表があります。この評価は、以下の要因をもとに算出した内容になります。

  • 花の見た目…「見栄えが良い花なのか、見栄えが良くない花なのか」を評価の要因にしています。花束として贈ることができる花は気軽に贈れるため評価は高く、鉢植えの場合は評価は低めにしています。
  • 開花時期…「1月2日が花の開花時期に含まれているか」を鉢植えの場合は評価の要因にしています。花束として贈ることができる花の場合は、ハウス栽培をしている花であれば開花時期については考慮していません。
  • 花言葉…「その花が持つ花言葉が良い意味なのか、悪い意味なのか」を評価の要因にしています。

シェアする