【1/1生まれ必見】1月1日の誕生花は全部で5種類

元旦として有名な1月1日の誕生花は白色の椿、スノードロップ、白色のチューリップ、福寿草、黒松の5種類です。誕生花は国や地域によって異なりますが、日本における一般的な1月1日の誕生花をご紹介しています。このページでは、白色の椿、スノードロップ、白色のチューリップ、福寿草、黒松がどのような花なのか、そして誕生日プレゼントとして適しているのかを情報サイト誕プレが考察した結果を記載しています。また、1月1日のそれぞれの誕生花における花言葉やより詳しい花の情報が書かれたページへのリンクもありますので、気になる花があればご覧下さい。

【1月1日の誕生花】白椿(シロツバキ)

情報サイト誕プレおすすめ度★★★★★ (5段階評価中5[素晴らしい])

白色の椿の画像 By TANAKA Juuyoh

1月1日の誕生花は白色の花の椿です

正月と言えば縁起の良い紅白の色合いが人気で、赤椿と白椿をセットにしてプレゼントするのが一般的。花束にしたり、プリザーブドフラワーギフトとして贈ったりするものです。

白椿の花言葉も特に女性に贈りやすい言葉なので、白色の椿は1月1日の誕生花としてとてもオススメです。

※椿に関する詳しい内容は、椿の花言葉のページをご覧下さい。

【1月1日の誕生花】スノードロップ

情報サイト誕プレおすすめ度★★☆☆☆ (5段階評価中2[やや悪い])

スノードロップの画像 By OliBac

1月1日の誕生花の1つは、スノードロップです。

残念ながら1月1日はスノードロップの開花時期に含まれないので、1月1日生まれの人にスノードロップをプレゼントするなら、花が咲いていない状態の鉢植えのスノードロップを贈るほかありません。

自宅の庭で植物を育てているのであれば別ですが、1月1日生まれの人に誕生花を贈りたいなら他の花を贈った方が良いでしょう。

※スノードロップに関する詳しい内容は、スノードロップの花言葉のページをご覧下さい。 

【1月1日の誕生花】白色のチューリップ

情報サイト誕プレおすすめ度★★☆☆☆ (5段階評価中2[やや悪い])

白色のチューリップの画像 By Ryan Somma

1月1日の誕生花の1つは、白色のチューリップです。

白色のチューリップの欠点は、何と言っても花言葉が良くない意味である点。特に、最近破局した人には贈っていけない花です。

1月1日はチューリップの開花時期とも違うので、1月1日の誕生花を贈るなら別の花にした方が良いでしょう。

※チューリップに関する詳しい内容は、チューリップの花言葉のページをご覧下さい。 

【1月1日の誕生花】福寿草

情報サイト誕プレおすすめ度★★★☆☆ (5段階評価中3[普通])

福寿草の画像 By Kristine Paulus

1月1日の誕生花の1つは、福寿草です。

福寿草は、元日に相応しい縁起の良い花。花言葉も素晴らしい意味なので、元日という特別な日に相応しい誕生花です。

ただプレゼントするとなると、鉢植えか盆栽として贈る必要があるので、花や植物を育てるのが好きな人以外にはプレゼントしにくい点が残念です。

※福寿草に関する詳しい内容は、福寿草の花言葉のページをご覧下さい。 

【1月1日の誕生花】黒松

情報サイト誕プレおすすめ度★★☆☆☆ (5段階評価中2[やや悪い])

松の画像 ByDavid Prasad

1月1日の誕生花の1つは、黒松です。

黒松は松の品種の1つで、海岸近くに植えられていることが多い樹木。花言葉には寿命に関係した良い意味の言葉があるので、黒松の盆栽を老人にプレゼントするのは良いことです。

1月1日生まれのおじいちゃんやおばあちゃんが身近にいるなら、黒松の盆栽をプレゼントしてみてはいかがでしょうか。

※黒松に関する詳しい内容は、黒松の花言葉のページをご覧下さい。 

情報サイト誕プレが1月1日の誕生花が誕生日プレゼントに合う花なのか評価した結果

1月1日の誕生花には、プレゼント用の花が存在します

中でも白椿の花は、プレゼント用の花なので、1月1日生まれの人に花をプレゼントするなら白い椿が良いでしょう。

1月1日の誕生花の特徴としては、元日の誕生花だけあって、どれも縁起が良い花ばかり。年末年始に花屋が閉まっているので花を手に入れにくいという問題はありますが、1月1日の誕生花を手に入れられるならプレゼントしてみても良いでしょう。

※1月1日以外の誕生花は、365日の誕生花の一覧をご覧下さい。

情報サイト誕プレおすすめ度について

1/1の全ての誕生花には、「情報サイト誕プレおすすめ度」という星5つ~星1つの5段階で評価された表があります。この評価は、以下の要因をもとに算出した内容になります。

  • 花の見た目…「見栄えが良い花なのか、見栄えが良くない花なのか」を評価の要因にしています。花束として贈ることができる花は気軽に贈れるため評価は高く、鉢植えの場合は評価は低めにしています。
  • 開花時期…「1月1日が花の開花時期に含まれているか」を鉢植えの場合は評価の要因にしています。花束として贈ることができる花の場合は、ハウス栽培をしている花であれば開花時期については考慮していません。
  • 花言葉…「その花が持つ花言葉が良い意味なのか、悪い意味なのか」を評価の要因にしています。

シェアする