【1/31生まれ必見】1月31日の誕生花は全部で6種類

生命保険の日として有名な1月31日の誕生花は赤色のチューリップ、マンサク、オジギソウ、クロッカス、黄色のサフラン、柾の6種類です。誕生花は国や地域によって異なりますが、日本における一般的な1月31日の誕生花をご紹介しています。このページでは、赤色のチューリップ、マンサク、オジギソウ、クロッカス、黄色のサフラン、柾がどのような花なのか、そして誕生日プレゼントとして適しているのかを情報サイト誕プレが考察した結果を記載しています。また、1月31日のそれぞれの誕生花における花言葉やより詳しい花の情報が書かれたページへのリンクもありますので、気になる花があればご覧下さい。

【1月31日の誕生花】チューリップ(赤色の花限定)

情報サイト誕プレおすすめ度★★☆☆☆ (5段階評価中2[やや悪い])

1月31日の誕生花の1つは、チューリップです。

知らない人はいないチューリップですが、開花するのは4月から、贈るなら待つしかありません。ちなみに赤色には告白に使える意味があるので男性から女性などにベストです。

※チューリップに関する詳しい内容は、チューリップの花言葉のページをご覧下さい。

【1月31日の誕生花】マンサク

情報サイト誕プレおすすめ度★★☆☆☆ (5段階評価中2[やや悪い])

マンサクの花の画像 ByQuinn Dombrowski

1月31日の誕生花の1つは、マンサクです。

黄色の糸のような花のマンサクは、木ですので盆栽としてしか贈ることができません。花言葉は神秘的な意味が多くあります。

※マンサクに関する詳しい内容は、マンサクの花言葉のページをご覧下さい。

【1月31日の誕生花】オジギソウ

情報サイト誕プレおすすめ度★★☆☆☆ (5段階評価中2[やや悪い])

1月31日の誕生花の1つは、オジギソウです。

オジギソウはピンクの花で7月に咲きます。花より葉が特徴がありますが、それも観賞価値ではなく、性質。贈るのには難しいでしょう。

※オジギソウに関する詳しい内容は、オジギソウの花言葉のページをご覧下さい。

【1月31日の誕生花】クロッカス

情報サイト誕プレおすすめ度★★☆☆☆ (5段階評価中2[やや悪い])

1月31日の誕生花の1つは、クロッカスです。

クロッカスは花色が多く、花束にすると綺麗な花です。2月が開花時期なのでほぼ2月なことから贈れると言って良いでしょう。

※クロッカスに関する詳しい内容は、クロッカスの花言葉のページをご覧下さい。

【1月31日の誕生花】サフラン(黄色の花限定)

情報サイト誕プレおすすめ度★★☆☆☆ (5段階評価中2[やや悪い])

黄色のサフランの画像 BySids1

1月31日の誕生花の1つは、サフラン(黄色の花限定)です。

サフランは一見綺麗ですが実はあまり観賞価値がありません。そして1月は咲いておらず、贈ることはできません。

※サフランに関する詳しい内容は、サフランの花言葉のページをご覧下さい。

【1月31日の誕生花】柾

情報サイト誕プレおすすめ度★★☆☆☆ (5段階評価中2[やや悪い])

1月31日の誕生花の1つは、柾です。

黄緑色で目立たない柾の花。そして柾は低木ですので贈るなら盆栽でしょう。葉も観賞性があります。

※柾に関する詳しい内容は、柾の花言葉のページをご覧下さい。

情報サイト誕プレが1月31日の誕生花が誕生日プレゼントに合う花なのか評価した結果

1月31日の誕生花の中には、プレゼント用の花が存在します

1月31日の誕生花は6種類ありますが、中でもクロッカスがオススメです。

ほとんど2月なので開花時期に合うことや、花姿、花束、花色などを考慮すると一番贈るのに適している花でしょう。

※1月31日以外の誕生花は、365日の誕生花の一覧をご覧下さい。

情報サイト誕プレおすすめ度について

1/31の全ての誕生花には、「情報サイト誕プレおすすめ度」という星5つ~星1つの5段階で評価された表があります。この評価は、以下の要因をもとに算出した内容になります。

  • 花の見た目…「見栄えが良い花なのか、見栄えが良くない花なのか」を評価の要因にしています。花束として贈ることができる花は気軽に贈れるため評価は高く、鉢植えの場合は評価は低めにしています。
  • 開花時期…「1月31日が花の開花時期に含まれているか」を鉢植えの場合は評価の要因にしています。花束として贈ることができる花の場合は、ハウス栽培をしている花であれば開花時期については考慮していません。
  • 花言葉…「その花が持つ花言葉が良い意味なのか、悪い意味なのか」を評価の要因にしています。

シェアする