【3/14生まれ必見】3月14日の誕生花は全部で4種類

ホワイトデーとして有名な3月14日の誕生花は斑入りのチューリップ、カモミール、イベリス、アーモンドの4種類です。誕生花は国や地域によって異なりますが、日本における一般的な3月14日の誕生花をご紹介しています。このページでは、斑入りのチューリップ、カモミール、イベリス、アーモンドがどのような花なのか、そして誕生日プレゼントとして適しているのかを情報サイト誕プレが考察した結果を記載しています。また、3月14日のそれぞれの誕生花における花言葉やより詳しい花の情報が書かれたページへのリンクもありますので、気になる花があればご覧下さい。

【3月14日の誕生花】チューリップ(斑入りの花限定)

情報サイト誕プレおすすめ度★★☆☆☆ (5段階評価中2[やや悪い])

3月14日の誕生花の1つは、チューリップ(斑入りの花限定)です。

チューリップはとても有名で綺麗な花です。そんな斑入りのチューリップを贈りたいとお思いの方も多いでしょうが、チューリップは4月から本格的に咲く花なため半月ほど早いです。そして斑入りのチューリップには誤解されてしまう花言葉もある点に注意。

※チューリップに関する詳しい内容は、チューリップの花言葉のページをご覧下さい。

【3月14日の誕生花】カモミール

情報サイト誕プレおすすめ度★★★★☆ (5段階評価中4[良い])

カモミールの花の画像 ByEran Finkle

3月14日の誕生花の1つは、カモミールです。

ハーブとしても高価なカモミールは白い純潔な花が咲き、3月に咲く品種があるので贈ることは可能です。花束にできるので女性に贈ってあげるとピッタリですが、花言葉が苦しいことに耐えるなどの意味をもつためその点にだけ注意して贈ってあげて下さい。

※カモミールに関する詳しい内容は、カモミールの花言葉のページをご覧下さい。

【3月14日の誕生花】イベリス

情報サイト誕プレおすすめ度★★★★★ (5段階評価中5[素晴らしい])

イベリスの花の画像 ByTANAKA Juuyoh (田中十洋)

3月14日の誕生花の1つは、イベリスです。

花色もいくつかあり、清楚なイメージのイベリスは花束として贈れますが本格的な開花時期は4月。しかし3月にも入手することは可能なので誕生花には贈れます。現在、過去問わず好きな女性へ一番向いています。

※イベリスに関する詳しい内容は、イベリスの花言葉のページをご覧下さい。

【3月14日の誕生花】アーモンド

情報サイト誕プレおすすめ度★★★★★ (5段階評価中5[素晴らしい])

アーモンドの花の画像 ByDominic Alves

3月14日の誕生花の1つは、アーモンドです。

ピーナッツとして誰もが食べた経験のあるアーモンドはピンク色の可愛い花が咲きます。開花時期は3月は真っ只中ですがアーモンドは10m近くになる大きな木のため誕生花には贈ることは無理です。

※アーモンドに関する詳しい内容は、アーモンドの花言葉のページをご覧下さい。

情報サイト誕プレが3月14日の誕生花が誕生日プレゼントに合う花なのか評価した結果

3月14日の誕生花の中には、プレゼント用の花が存在します

3月14日の誕生花は4種類ありますが、中でもイベリスがオススメです。

カモミールとイベリスが花束にできます。ですがカモミールには良くない花言葉があり、イベリスの方が花も目立ちます。なのでイベリスが手に入るならイベリスを誕生花にしてあげるのが一番喜ばれるでしょう。

※3月14日以外の誕生花は、365日の誕生花の一覧をご覧下さい。

情報サイト誕プレおすすめ度について

3/14の全ての誕生花には、「情報サイト誕プレおすすめ度」という星5つ~星1つの5段階で評価された表があります。この評価は、以下の要因をもとに算出した内容になります。

  • 花の見た目…「見栄えが良い花なのか、見栄えが良くない花なのか」を評価の要因にしています。花束として贈ることができる花は気軽に贈れるため評価は高く、鉢植えの場合は評価は低めにしています。
  • 開花時期…「3月14日が花の開花時期に含まれているか」を鉢植えの場合は評価の要因にしています。花束として贈ることができる花の場合は、ハウス栽培をしている花であれば開花時期については考慮していません。
  • 花言葉…「その花が持つ花言葉が良い意味なのか、悪い意味なのか」を評価の要因にしています。

シェアする