【5/13生まれ必見】5月13日の誕生花は全部で2種類

メイストームデーとして有名な5月13日の誕生花はハナビシソウ、カキツバタの2種類です。誕生花は国や地域によって異なりますが、日本における一般的な5月13日の誕生花をご紹介しています。このページでは、ハナビシソウ、カキツバタがどのような花なのか、そして誕生日プレゼントとして適しているのかを情報サイト誕プレが考察した結果を記載しています。また、5月13日のそれぞれの誕生花における花言葉やより詳しい花の情報が書かれたページへのリンクもありますので、気になる花があればご覧下さい。

【5月13日の誕生花】ハナビシソウ

情報サイト誕プレおすすめ度★★☆☆☆ (5段階評価中2[やや悪い])

ハナビシソウの画像 By Velvet Elevator (Pandy Farmer)

5月13日の誕生花の1つは、ハナビシソウです。

ハナビシソウは、明るいオレンジ色っぽい色の花を咲かせる植物。見た目は良い花ですが、花束には向かない花なので、プレゼント用には使いにくい花だと言えます。

※ハナビシソウに関する詳しい内容は、ハナビシソウの花言葉のページをご覧下さい。

【5月13日の誕生花】杜若(カキツバタ)

情報サイト誕プレおすすめ度★★☆☆☆ (5段階評価中2[やや悪い])

カキツバタの花の画像 ByTANAKA Juuyoh (田中十洋)

5月13日の誕生花の1つは、カキツバタです。

カキツバタは、万葉集などでも詠まれていたように、古くから日本人にとって馴染みのある花。紫色の花は美しいのですが、水生植物なので、プレゼント用の花には向きません。

※カキツバタに関する詳しい内容は、カキツバタの花言葉のページをご覧下さい。

情報サイト誕プレが5月13日の誕生花が誕生日プレゼントに合う花なのか評価した結果

5月13日の誕生花は、プレゼント用には向かない花ばかりです

5月13日の誕生花は2種類ありますが、どちらの花も贈答用の花ではありません。花びらが散りやすかったり、水の上でしか育てることができなかったりという性質があるので、5月13日生まれの人に花をプレゼントするなら、もっと見た目の良い花を贈ると良いでしょう。

※5月13日以外の誕生花は、365日の誕生花の一覧をご覧下さい。

情報サイト誕プレおすすめ度について

5/13の全ての誕生花には、「情報サイト誕プレおすすめ度」という星5つ~星1つの5段階で評価された表があります。この評価は、以下の要因をもとに算出した内容になります。

  • 花の見た目…「見栄えが良い花なのか、見栄えが良くない花なのか」を評価の要因にしています。花束として贈ることができる花は気軽に贈れるため評価は高く、鉢植えの場合は評価は低めにしています。
  • 開花時期…「5月13日が花の開花時期に含まれているか」を鉢植えの場合は評価の要因にしています。花束として贈ることができる花の場合は、ハウス栽培をしている花であれば開花時期については考慮していません。
  • 花言葉…「その花が持つ花言葉が良い意味なのか、悪い意味なのか」を評価の要因にしています。

シェアする