ヒトリシズカの花言葉は静御前に例えた2つの言葉

誕生日にヒトリシズカの花を贈ったり、誕生日プレゼントにヒトリシズカの花を添えようと考えているなら、「ヒトリシズカの花言葉」を知った上で花を贈るべきです。情報サイト誕プレの調べによると、ヒトリシズカの花言葉は2語あります。花言葉は花の色や品種などによって異なる場合があるので注意が必要です。このページでは、ヒトリシズカの花言葉以外にも、ヒトリシズカの花について詳しい情報を掲載しています。つまり、ヒトリシズカの花の色や花の品種、ヒトリシズカの英語での呼び方や名前の由来などが詳しく書かれているのです。情報サイト誕プレでは、「ヒトリシズカの花言葉」の他にもあなたが知りたい花の花言葉を調べることができます。

ヒトリシズカ(一人静)の花言葉

ヒトリシズカの花言葉は2種類あります。詳しい内容を見ていきましょう。

ヒトリシズカの花言葉は静御前をモチーフにした言葉

【1】ヒトリシズカの花言葉静謐
【2】ヒトリシズカの花言葉隠された美

ヒトリシズカの花言葉の1つに「静謐」という花言葉があります。

「静謐」は、「せいひつ」と読みます。「静かで落ち着いている」という意味で、まさにヒトリシズカという名前にぴったりの意味の花言葉です。但し、実用性はあまりない花言葉です。

また、ヒトリシズカの花言葉には「隠された美」という花言葉もあります。

「隠された美」という花言葉は、女性に贈る言葉として悪くはありません。眼鏡を取った姿が可愛いとか、前髪を上げた姿が可愛いといった内容を絡めて、「隠された美」という花言葉を贈ると良いでしょう。

※後述の通り、ヒトリシズカの花の名前は、静御前(源義経の妾・いわゆる愛人)が由来になった言葉です。まさに、静御前をモチーフにした花言葉だと言えます。

ヒトリシズカ以外の花言葉を調べたい場合

ヒトリシズカの花言葉があなたの希望する意味ではない場合、以下のリンクからヒトリシズカの花言葉以外の花言葉を調べることができます。

ヒトリシズカという植物について

ヒトリシズカという植物は、どんな植物なのか、どんな花を咲かせるのかなどを詳しく解説致します。

チャラン属という生物分類に属しているヒトリシズカ

ヒトリシズカは、4枚の葉があり、その上にブラシのような白色の花(毛のような部分は雄しべの葯隔)がある花です。1本の花が育つわけではなく、複数のヒトリシズカが群生することがほとんどです。

誕生日の花としてのヒトリシズカ

ヒトリシズカは、以下の月日の誕生日の花です。そのため、以下の月日の誕生日の人に、花言葉を添えてヒトリシズカの花をプレゼントすることは良いことです。

しかし、ヒトリシズカ以外で同じ月日の誕生月の花や誕生日の花をお探しの場合は、以下のリンクからその月日のヒトリシズカ以外の誕生花を調べてください。

ヒトリシズカの英語と名前の由来

ヒトリシズカの英語とその英語の由来、またヒトリシズカの和名とその和名の由来をご紹介致します。

ヒトリシズカは英語でChloranthus japonicus。その言葉の由来とは?

ヒトリシズカは、日本が原産のセンリョウ科の植物です。Chloranthusがセンリョウ科を意味し、japonicusが日本を意味します。そのため、ヒトリシズカはChloranthus japonicusと呼ばれるようになりました。

ヒトリシズカの和名は、一人静(ヒトリシズカ)。その言葉の由来とは?

一株に対して、白色の花が1つ咲くその花を静御前に例えたのが、和名の由来で一人静と呼ぶようになりました。

ヒトリシズカの花の色や形や開花時期

ヒトリシズカの画像 By yamatsu

ヒトリシズカの花は、白色の小さな花です。髭状の突起物(雄しべの葯隔)がたくさんあるのが特徴的です。

開花時期は4月~5月頃になります。

ヒトリシズカの概要

名称ヒトリシズカ
学名Chloranthus japonicus
和名一人静(ヒトリシズカ)
その他の名前吉野静(ヨシノシズカ)、マユハキソウ
科名センリョウ科
属名チャラン属
分類山野草、草花
原産地日本、朝鮮半島、中国(東部)、ロシア(東部)
丈(高さ)10cm~30cm程度
普通
強い
栽培難易度やや初級者向け
開花時期4~5月頃

※このヒトリシズカの花言葉のページは「情報サイト誕プレ調べ」による内容のものです。

シェアする