贈ってはいけない言葉が混ざっているロベリアの3つの花言葉

誕生日にロベリアの花を贈ったり、誕生日プレゼントにロベリアの花を添えようと考えているなら、「ロベリアの花言葉」を知った上で花を贈るべきです。情報サイト誕プレの調べによると、ロベリアの花言葉は3語あります。花言葉は花の色や品種などによって異なる場合があるので注意が必要です。このページでは、ロベリアの花言葉以外にも、ロベリアの花について詳しい情報を掲載しています。ロベリアの花の色や花の品種、ロベリアの英語での呼び方や名前の由来などです。情報サイト誕プレでは、「ロベリアの花言葉」の他にもあなたが知りたい花の花言葉を調べることができます。

ロベリアの花言葉

ロベリアの花言葉は3種類あります。詳しい内容を見ていきましょう。

ロベリアの花言葉には、注意すべき花言葉アリ

【1】ロベリアの花言葉謙遜
【2】ロベリアの花言葉譲る心
【3】ロベリアの花言葉敵意

ロベリアの花言葉には、「謙遜」と「譲る心」という花言葉があります。

「謙遜」や「譲る心」という花言葉は、決して悪い意味合いではないので人に贈る花言葉として問題ありません。謙虚な気持ちを持った人に贈る花言葉として、適していると思います。

また、ロベリアの花言葉には、「敵意」という花言葉もあります。

この「敵意」という花言葉は、実に厄介。ロベリアの花をプレゼントする場合、この「敵意」という花言葉だと誤解されてしまう恐れがあるので、必ず「敵意」という花言葉を贈ったわけではないと相手に伝えなければいけません。非常に注意が必要な花言葉だと言えます。

ロベリア以外の花言葉を調べたい場合

ロベリアの花言葉があなたの希望する意味ではない場合、以下のリンクからロベリアの花言葉以外の花言葉を調べることができます。

ロベリアという植物について

ロベリアという植物は、どんな植物なのか、どんな花を咲かせるのかなどを詳しく解説致します。

ミゾカクシ属という生物分類に属しているロベリア

ロベリアの画像 Bydaryl_mitchell

ロベリアは、鮮やかな色の花を咲かせるため花壇で良く見かける花です。栽培が比較的簡単なので、育てている方も多い植物。

ちなみに、園芸の世界では一般的に、南アフリカ原産のLobelia erinus(ロベリア・エリヌス)のことをロベリアと呼びます。

※ロベリアの有名な品種には、アズーロコンパクト、スカイティアラ、プリンセスブルー、アナベルなどがあります。

誕生日の花としてのロベリア

ロベリアは、以下の月日の誕生日の花です。そのため、以下の月日の誕生日の人に、花言葉を添えてロベリアの花をプレゼントすることは良いことです。

しかし、ロベリア以外で同じ月日の誕生月の花や誕生日の花をお探しの場合は、以下のリンクからその月日のロベリア以外の誕生花を調べてください。

ロベリアの英語と名前の由来

ロベリアの英語とその英語の由来、またロベリアの和名とその和名の由来をご紹介致します。

ロベリアは英語でedging lobelia。その言葉の由来とは?

ロベリアは、園芸において花壇の縁取りに適した花です。そのため、縁取りを意味するedgingを用い、edging lobeliaという英名になりました。

ロベリアの和名は、瑠璃蝶々(るりちょうちょう)と瑠璃蝶草(るりちょうそう)。その言葉の由来とは?

ロベリアの花は、瑠璃色をした花が最も有名で、蝶のような形をしています。そのため、瑠璃蝶々(るりちょうちょう)や瑠璃蝶草(るりちょうそう)という和名で呼ばれるようになりました。

ロベリアの花の色や形や開花時期

ロベリアの花の画像 Byjacinta lluch valero

ロベリアの花は、まるで蝶のような形ををした花です。品種によりますが、花の大きさは1.5cm程度、花の上部に2枚、花の下部に3枚の花びらがあります。

花の色は、白色、青色、紫色、水色、ピンク色、赤色、など様々な色があり、主に3月~7月が開花時期になります。

ロベリアの概要

名称ロベリア
学名Lobelia erinus
和名瑠璃蝶々(るりちょうちょう)、瑠璃蝶草(るりちょうそう)
その他の名前瑠璃溝隠(ルリミゾカクシ)
科名キキョウ科
属名ミゾカクシ属
分類草花
原産地熱帯地域、温帯地域(品種による)
丈(高さ)5cm~200cm(品種による)
強い~弱い(品種による)
強い~弱い(品種による)
栽培難易度やや初級者向け
開花時期3月~7月(品種によっては3月~11月)

※このロベリアの花言葉のページは「情報サイト誕プレ調べ」による内容のものです。

シェアする