蒲公英(たんぽぽ)の花言葉は占いが由来の言葉

誕生日にたんぽぽの花を贈ったり、誕生日プレゼントにたんぽぽの花を添えようと考えているなら、「たんぽぽの花言葉」を知った上で花を贈るべきです。情報サイト誕プレの調べによると、たんぽぽの花言葉は5語あります。花言葉は花の色や品種などによって異なる場合があるので注意が必要です。このページでは、たんぽぽの花言葉以外にも、たんぽぽの花について詳しい情報を掲載しています。つまり、たんぽぽの花の色や花の品種、たんぽぽの英語での呼び方や名前の由来などが詳しく書かれているのです。情報サイト誕プレでは、「たんぽぽの花言葉」の他にもあなたが知りたい花の花言葉を調べることができます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

蒲公英(たんぽぽ)の花言葉

たんぽぽの花言葉は5種類あります。詳しい内容を見ていきましょう。

たんぽぽの花言葉は、占いに関係がある言葉

【1】たんぽぽの花言葉真心の愛
【2】たんぽぽの花言葉愛の信託
【3】たんぽぽの花言葉神のお告げ
【4】たんぽぽの花言葉思わせぶり
【5】たんぽぽの花言葉別離

たんぽぽの花言葉には、「真心の愛」や「愛の信託」や「神のお告げ」という言葉があります。

昔、たんぽぽを占いに使っていた時期があり、神がたんぽぽを介して占いの結果を告げていたため、「愛の信託」などお告げに関わる花言葉が生まれました。占いの中でも愛に関する花言葉なので、恋人に贈る花言葉に向いていると思います。

同様に、「思わせぶり」という花言葉も占いの結果に少し関係があるので、占いに関係した花言葉だと言えます。

そして、「別離」と言うたんぽぽの花言葉は、一見すると良くない花言葉のように感じますが、高校や大学の卒業で違う地に旅立ってしまう友人などにお別れする際に贈るための花言葉に向いています。

たんぽぽ以外の花言葉を調べたい場合

たんぽぽの花言葉があなたの希望する意味ではない場合、以下のリンクからたんぽぽの花言葉以外の花言葉を調べることができます。

たんぽぽという植物について

たんぽぽという植物は、どんな植物なのか、どんな花を咲かせるのかなどを詳しく解説致します。

タンポポ属という生物分類に属しているたんぽぽ

たんぽぽの綿毛の画像 By 秃痘痘和littlebooboo

たんぽぽは、非常に生命力の高い植物。道端に生えているため、一度は見たことがあることでしょう。

黄色い花を咲かせ、綿毛の付いた種子を飛ばすのが大きな特徴。

大きく分けると、在来種(昔から日本にあった品種)と外来種(海外から持ち込まれた品種)に分けることができます。

在来種をたんぽぽと呼び、外来種をセイヨウタンポポと呼ぶのが一般的。ただ、在来種と外来種が交配してできた品種も存在します。

※セイヨウタンポポは、環境省の要注意外来生物に選ばれています。

たんぽぽコーヒー(たんぽぽ茶)

タンポポは、昔から食用としてサラダなどに利用されてきました。

中でもたんぽぽコーヒー(別名たんぽぽ茶)は、19世紀にアメリカ合衆国で考案された飲料。たんぽぽの根を焙煎して作る飲み物で、現代でも人気のあるたんぽぽ製品の1つです。

※タンポポの根に毒があると誤解している人もいますが、タンポポの根には毒はありません。

誕生日の花としてのたんぽぽ

たんぽぽは、以下の月日の誕生日の花です。そのため、以下の月日の誕生日の人に、花言葉を添えてたんぽぽの花をプレゼントすることは良いことです。

しかし、たんぽぽ以外で同じ月日の誕生月の花や誕生日の花をお探しの場合は、以下のリンクからその月日のたんぽぽ以外の誕生花を調べてください。

たんぽぽの英語と名前の由来

たんぽぽの英語とその英語の由来、またたんぽぽの和名とその和名の由来をご紹介致します。

たんぽぽは英語でDandelion。その言葉の由来とは?

蒲公英の葉の輪郭のギザギザ具合は、ライオンの葉が似ています。フランス語で「ライオンの歯」を意味するdent-de-lionが語源となり、Dandelionという英語名になりました。

たんぽぽの和名は、蒲公英(たんぽぽ)。その言葉の由来とは?

昔、たんぽぽは鼓草(ツツミグサ)と呼ばれていました。たんぽぽの茎の両端を細かく割くと、鼓(ツヅミ)という太鼓のような形になるため、鼓草と呼ばれていたのです。本物の鼓を叩くと、「タン、ポンポン、タン、ポンポン」という音に聞こえるため、この音から「たんぽぽ」と呼ばれるようになりました。

たんぽぽの品種

世界中には、2,000種類程度のたんぽぽの品種が存在します。

その中で、在来種は約10種類。シロバナタンポポ以外は、ほとんど同じ見た目なので区別が付きにくいという欠点があります。

  • シロバナタンポポ…花の色が白色のたんぽぽ。
  • エゾタンポポ…都会では見かけない品種で、山に自生しています。総苞片が反り返らないという特徴があります。
  • カントウタンポポ…関東周辺に自生するたんぽぽ。現在、個体数は減少しています。
  • カンサイタンポポ…花が小さめで、小花(花びらのような部分)が少ないという特徴があります。

たんぽぽの花の色や形や開花時期(季節)

たんぽぽの花の画像 By Peter aka anemoneprojectors

たんぽぽは、黄色い花を咲かせます。稀に白色のたんぽぽも存在します。朝に花が開き、夕方に花が閉じるのが特徴。

開花時期は、在来種と外来種によって異なり、在来種は3月~5月頃、外来種は4月~9月頃になります。従って、基本的には春の季節の花だという認識で問題ありません。

たんぽぽの概要

名称たんぽぽ
学名Taraxacum
和名蒲公英(タンポポ)
その他の名前鼓草(ツヅミグサ)、ダンディライオン、ダンデライオン
科名キク科
属名タンポポ属
分類草花
原産地【在来種】日本、【外来種】ヨーロッパ
丈(高さ)30cm~40cm程度
強い
強い
栽培難易度初級者向け
開花時期【在来種】3~5月頃、【外来種】4~9月頃

※このたんぽぽの花言葉のページは情報サイト誕プレ調べによる内容のものです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

Facebook like box
スポンサーリンク
スポンサーリンク