アルストロメリアの花の色で意味が変わる6つの花言葉

誕生日にアルストロメリアの花を贈ったり、誕生日プレゼントにアルストロメリアの花を添えようと考えているなら、「アルストロメリアの花言葉」を知った上で花を贈るべきです。情報サイト誕プレの調べによると、アルストロメリアの花言葉は6語あります。花言葉は花の色や品種などによって異なる場合があるので注意が必要です。このページでは、アルストロメリアの花言葉以外にも、アルストロメリアの花について詳しい情報を掲載しています。つまり、アルストロメリアの花の色や花の品種、アルストロメリアの英語での呼び方や名前の由来などが詳しく書かれているのです。情報サイト誕プレでは、「アルストロメリアの花言葉」の他にもあなたが知りたい花の花言葉を調べることができます。

アルストロメリアの花言葉

アルストロメリアの花言葉は、全部で6種類あります。花の色によって花言葉が違いますので、注意しましょう。

【1】アルストロメリアの花言葉未来への憧れ
【2】アルストロメリアの花言葉持続
【3】アルストロメリアの花言葉エキゾチック
【4】赤色のアルストロメリアの花言葉幸福な日々
【5】白色のアルストロメリアの花言葉凛々しさ
【6】ピンク色のアルストロメリアの花言葉気配り

花の色とは関係ないアルストロメリアの花言葉

アルストロメリアには、「未来への憧れ」という花言葉があります。

未来への憧れは明るい意味の言葉です。やや分かりにくい言葉ですが、例えば未来(将来の夢)への道を切り開こうと頑張っている人に贈ると良い言葉です。

また、アルストロメリアには「持続」という花言葉もあります。

ダイエットでも何でも良いのですが、何か特定のものに持続して打ち込んでいる人に贈ると良い花言葉です。継続は力なりという意味合いで用いると良いでしょう。

アルストロメリアの花言葉の1つに「エキゾチック」という珍しい花言葉があります。

エキゾチックの意味は、異国的という意味。残念ながら使う機会は限定的ですが、こんな意味もあるという程度で覚えておくと良いでしょう。

赤色のアルストロメリアの花言葉

赤色のアルストロメリアの画像 By FarOutFlora

赤色のアルストロメリアの花言葉は「幸福な日々」です。

結婚生活が順調な場合や、今の生活に満足している場合にピッタリの花言葉です。赤色の花には情熱のような花言葉が多い中、まったりとした感じが伝わってくる「幸福な日々」という言葉は、使い勝手の良い花言葉だと言えます。

白色のアルストロメリアの花言葉

白色のアルストロメリアの画像 By John

白色のアルストロメリアの花言葉は「凛々しさ」です。

凛々しさとは、男らしいという意味です。男性に対しての褒め言葉として、この白色の花言葉は適しています。逆に、女性にはあまり贈るべきではない花言葉だと言えるでしょう。

ピンク色のアルストロメリアの花言葉

ピンク色のアルストロメリアの画像 By La Citta Vita

ピンク色のアルストロメリアの花言葉は「気配り」です。

気配りができる人に贈りたい花言葉です。普段、裏方に徹しているような人に日頃の感謝の気持ちを込めて「気配り」というこの花言葉を贈ると良いでしょう。

アルストロメリア以外の花言葉を調べたい場合

アルストロメリアの花言葉があなたの希望する意味ではない場合、以下のリンクからアルストロメリアの花言葉以外の花言葉を調べることができます。

アルストロメリアという植物について

アルストロメリアという植物は、どんな植物なのか、どんな花を咲かせるのかなどを詳しく解説致します。

アルストロメリア属という生物分類に属しているアルストロメリア

1926年に日本に伝わったアルストロメリアは、現在でもオランダを中心に栽培や品種改良(品種改良のスタートは18世紀)が行われている植物です。

主な品種は、アルストロメリア・プリマドンナやアルストロメリア・レベッカなど。

花持ちが良い花なので、切り花としてよく使われています。花束にしても、鉢植えにしてもプレゼントできる花で、特にフラワーアレンジがし易いので非常に人気があります。

誕生日の花としてのアルストロメリア

アルストロメリアは、以下の月日の誕生日の花です。そのため、以下の月日の誕生日の人に、花言葉を添えてアルストロメリアの花をプレゼントすることは良いことです。

しかし、アルストロメリア以外で同じ月日の誕生月の花や誕生日の花をお探しの場合は、以下のリンクからその月日のアルストロメリア以外の誕生花を調べてください。

アルストロメリアの英語と名前の由来

アルストロメリアの英語とその英語の由来、またアルストロメリアの和名とその和名の由来をご紹介致します。

アルストロメリアは英語でAlstroemeria。その言葉の由来とは?

アルストロメリアは、分類学の父と呼ばれるカール・フォン・リンネが発見した植物です。カール・フォン・リンネが友人のスウェーデンの男爵、Alstroemer(アルストロメール)の名前を取って名づけたのが由来です。

アルストロメリアの和名は、百合水仙(ゆりずいぜん)。その言葉の由来とは?

百合水仙の名前の由来は、見た目が百合(ユリ)で、水仙のような特徴を持っていたため、百合水仙という名前になりました。

アルストロメリアの花の色や形や開花時期

アルストロメリアの画像 By pengrin™

アルストロメリアの花は、直径は4cm程度の花で5月~11月頃に花が咲きます。

花の色は、赤色、赤色、白色、ピンク色、黄色、オレンジ色など様々な色がありますが、花びらに焦げ茶色の線のような模様が入っているのが特徴です。

アルストロメリアの概要

名称アルストロメリア
学名Alstroemeria
和名百合水仙(ユリズイゼン)
その他の名前夢百合草(ユメユリゾウ)、インカの百合
科名ユリズイゼン科
属名アルストロメリア属(ユリズイゼン属)
分類球根
原産地ブラジル、チリ
丈(高さ)30cm~100cm程度
弱い
やや強い
栽培難易度やや初級者向け
開花時期5~11月頃

※このアルストロメリアの花言葉のページは「情報サイト誕プレ調べ」による内容のものです。

シェアする