節黒仙翁(フシグロセンノウ)の花言葉は恋に変わる2つの言葉

誕生日にフシグロセンノウの花を贈ったり、誕生日プレゼントにフシグロセンノウの花を添えようと考えているなら、「フシグロセンノウの花言葉」を知った上で花を贈るべきです。情報サイト誕プレの調べによると、フシグロセンノウの花言葉は2語あります。花言葉は花の色や品種などによって異なる場合があるので注意が必要です。このページでは、フシグロセンノウの花言葉以外にも、フシグロセンノウの花について詳しい情報を掲載しています。つまり、フシグロセンノウの花の色や花の品種、フシグロセンノウの英語での呼び方や名前の由来などが詳しく書かれているのです。情報サイト誕プレでは、「フシグロセンノウの花言葉」の他にもあなたが知りたい花の花言葉を調べることができます。

節黒仙翁(フシグロセンノウ)の花言葉

フシグロセンノウの花言葉は2種類あります。詳しい内容を見ていきましょう。

【1】フシグロセンノウの花言葉恋のときめき
【2】フシグロセンノウの花言葉転機

フシグロセンノウの花言葉は、「恋のときめき」と「転機」の2つの言葉です。どちらの花言葉も恋に変わる瞬間を表している花言葉で、好きな人に贈るのに向いていると思います。

「転機」という花言葉は、人生の岐路に立って悩んでいる知人に贈る言葉としても悪くはないと思います。

フシグロセンノウ以外の花言葉を調べたい場合

フシグロセンノウの花言葉があなたの希望する意味ではない場合、以下のリンクからフシグロセンノウの花言葉以外の花言葉を調べることができます。

フシグロセンノウという植物について

フシグロセンノウという植物は、どんな植物なのか、どんな花を咲かせるのかなどを詳しく解説致します。

センノウ属という生物分類に属しているフシグロセンノウ

フシグロセンノウは、日本に自生する植物。主に林の中で見られます。

日本には、北海道を除く地域に約6種類のフシグロセンノウが自生しており、世界中には約30種類のフシグロセンノウがあります。

誕生日の花としてのフシグロセンノウ

フシグロセンノウは、以下の月日の誕生日の花です。そのため、以下の月日の誕生日の人に、花言葉を添えてフシグロセンノウの花をプレゼントすることは良いことです。

しかし、フシグロセンノウ以外で同じ月日の誕生月の花や誕生日の花をお探しの場合は、以下のリンクからその月日のフシグロセンノウ以外の誕生花を調べてください。

フシグロセンノウの英語と名前の由来

フシグロセンノウの英語とその英語の由来、またフシグロセンノウの和名とその和名の由来をご紹介致します。

フシグロセンノウは英語でFushigurosenno。その言葉の由来とは?

フシグロセンノウは日本固有の植物なので、フシグロセンノウをローマ字表記したFushigurosennoが英名になりました。

参考までに、学名はLychnis miqueliana。Lychnisはセンノウ属の意味で、lychnosはギリシャ語で炎(花の色を炎の色に例えたため)が由来。miquelianaはオランダの植物学者のミクェル(Friedrich Anton Wilhelm Miquel)の名前が由来です。

フシグロセンノウの和名は、節黒仙翁(ふしぐろせんのう)。その言葉の由来とは?

茎の節の部分が褐色を帯びた黒色で、京都の仙翁寺(せんのうじ)で新しい品種が作られたため節黒仙翁(ふしぐろせんのう)という和名になりました。

フシグロセンノウの花の色や形や開花時期

フシグロセンノウの画像 By Kabacchi

フシグロセンノウの花は、朱色のような色合いの花です。2~3cm程の大きさの花が平らな状態で咲きます。開花時期は7月~10月頃になります。

フシグロセンノウの概要

名称フシグロセンノウ
学名Lychnis miqueliana
和名節黒仙翁(ふしぐろせんのう)
その他の名前逢坂花(オウサカバナ)、逢坂草(オウサカソウ)
科名ナデシコ科
属名センノウ属
分類草花
原産地日本
丈(高さ)40cm~90cm程度
強い
強い
栽培難易度初級者向け
開花時期7月~10月

※フシグロセンノウのページは情報サイト誕プレ調べによるものです。

シェアする