ドクニンジンの花言葉は死に関する恐ろしい2つの言葉

誕生日にドクニンジンの花を贈ったり、誕生日プレゼントにドクニンジンの花を添えようと考えているなら、「ドクニンジンの花言葉」を知った上で花を贈るべきです。情報サイト誕プレの調べによると、ドクニンジンの花言葉は2語あります。花言葉は花の色や品種などによって異なる場合があるので注意が必要です。このページでは、ドクニンジンの花言葉以外にも、ドクニンジンの花について詳しい情報を掲載しています。つまり、ドクニンジンの花の色や花の品種、ドクニンジンの英語での呼び方や名前の由来などが詳しく書かれているのです。情報サイト誕プレでは、「ドクニンジンの花言葉」の他にもあなたが知りたい花の花言葉を調べることができます。

ドクニンジンの花言葉について

ドクニンジンの花言葉は、全部で2種類あります。

【1】ドクニンジンの花言葉あなたは私を死なせる
【2】ドクニンジンの花言葉死も惜しまず

ドクニンジンの花言葉は、「あなたは私を死なせる」と「死も惜しまず」の2つの言葉です。

どちらの花言葉も、死に関するとても恐ろしい言葉で、相手に伝えてはいけない禁語とすら言える言葉です。そもそもドクニンジンはプレゼントに向いていませんが、花言葉もプレゼントに添える言葉ではないと言えます。

ドクニンジン以外の花言葉を調べたい場合

ドクニンジンの花言葉があなたの希望する意味ではない花言葉の場合、以下のリンクからドクニンジンの花言葉以外の花言葉を調べることができます。

ドクニンジンの花について詳しく知りたい!

ドクニンジンとは、ドクニンジン属という生物分類に属した植物です。

ドクニンジンの画像 By Paige Filler

ドクニンジンは、ヨーロッパ原産の植物で日本にはなかったのですが、近年、外来種として日本でも見られるようになってしまった植物です。ヨーロッパでは、鎮痛剤などに使われていた時期もありますが、取り扱いがとても難しい植物でした。

何故ならば、強い毒性があるからです。

哲学者プラトンというギリシャ時代の有名な学者は死刑になりましたが、その時に用いられた毒がドクニンジンの毒だと言われています。

見た目がパセリに似ているため、毒パセリと呼ばれており、間違えて採取してしまうと非常に危険ですが、カビっぽい臭いがし、すり潰すと特にそれが顕著に感じるので、臭いで毒が分かる植物でもあります。

ドクニンジンは毒を持っており、また花言葉も死に関する内容なので、誕生日プレゼントに贈る花として論外だと言えます。

誕生花としてのドクニンジン

ドクニンジンは、以下の月日の誕生花です。誕生月の花や誕生日の花をお探しの場合は、以下のリンクからその月日のドクニンジン以外の誕生花を調べることができます。

ドクニンジンの英語と名前の由来

ドクニンジンを英語で表記するとPoison hemlockです。

Poison hemlockとは毒草という意味です。ドクニンジンは強い毒を持った植物なので、Poison hemlockという名前が付いたのが由来です。

ドクニンジンの花はどんな花?

ドクニンジンの花は、小さな花が密集して咲きます。

それぞれ小さな白色の花をしています。

ドクニンジンの概要

名称ドクニンジン
学名Conium
和名毒人参(ドクニンジン)
その他の名前毒パセリ(ドクパセリ)、ヘムロック
科名セリ科
属名ドクニンジン属
分類草花
原産地ヨーロッパ
丈(高さ)1.5m~3m程度
普通
普通
栽培難易度中級者向け
開花時期8~10月頃

※このドクニンジンの花言葉のページは「情報サイト誕プレ調べ」による内容のものです。

シェアする