デルフィニウムの花言葉はどんな人にも贈りやすい3つの言葉

誕生日にデルフィニウムの花を贈ったり、誕生日プレゼントにデルフィニウムの花を添えようと考えているなら、「デルフィニウムの花言葉」を知った上で花を贈るべきです。情報サイト誕プレの調べによると、デルフィニウムの花言葉は3語あります。花言葉は花の色や品種などによって異なる場合があるので注意が必要です。このページでは、デルフィニウムの花言葉以外にも、デルフィニウムの花について詳しい情報を掲載しています。つまり、デルフィニウムの花の色や花の品種、デルフィニウムの英語での呼び方や名前の由来などが詳しく書かれているのです。情報サイト誕プレでは、「デルフィニウムの花言葉」の他にもあなたが知りたい花の花言葉を調べることができます。

デルフィニウムの花言葉

デルフィニウムの花言葉は3種類あります。詳しい内容を見ていきましょう。

デルフィニウムの花言葉は、誰に対しても贈れる便利な言葉

【1】デルフィニウムの花言葉清明
【2】デルフィニウムの花言葉慈悲
【3】デルフィニウムの花言葉高貴

デルフィニウムの花言葉には、3つの花言葉がありますが、どの花言葉も悪い意味ではありません

※「清明」とは、清く明らかという意味。「慈悲」とは、情けという意味。「高貴」とは、立派で貴いという意味。

「清明」とは、爽やかなデルフィニウムの花の色を表現したかのような花言葉です。そして、立派なデルフィニウムの穂状花序は、「高貴」という花言葉を表現しています。

贈る相手を選ばない便利な意味の花言葉ばかりなので、使い勝手は良いと言えるでしょう。

デルフィニウム以外の花言葉を調べたい場合

デルフィニウムの花言葉があなたの希望する意味ではない場合、以下のリンクからデルフィニウムの花言葉以外の花言葉を調べることができます。

デルフィニウムという植物について

デルフィニウムという植物は、どんな植物なのか、どんな花を咲かせるのかなどを詳しく解説致します。

デルフィニウム属という生物分類に属しているデルフィニウム

デルフィニウムの画像 By London looks

デルフィニウムと言えば、爽やかな水色や青色の花を思い浮かべるものです。その花の美しさから、デルフィニウムの花束は人気があり、デルフィニウムのブーケは花嫁が持つブーケとしても使われることがあります。

また、花瓶に挿したり、フラワースタンドにしたり、アレンジしやすいのデルフィニウムの特徴。青色系の贈答用の花と言えば、デルフィニウムと言っても過言ではありません。

デルフィニウムの品種は多くありますが、花屋では品種不明の場合が多々あります。デルフィニウムを選ぶ場合は、品種はあまり気にせず、見た目の雰囲気で選んでしまっても問題ないでしょう。

デルフィニウムの品種(種類)

見た目が美しい花だけあって、現代に至るまで品種改良が重ねられてきたのがデルフィニウムです。

品種は1,000種類以上。花屋でも品種不明なことが多いので、主な系統として分類しました。

デルフィニウム・エラータム系

デルフィニウムと言えば、一般的にはエラータム系を指す場合が多いです。特徴としては、花穂が長くて華やか。標高2,000m前後の場所が山岳地帯が原産です。

デルフィニウム・シネンシス系

エラータム系と比べると、本当に同じ花なのか分からなくなる程、花の咲き方が違います。花は点々と咲き、エラータム系と比べると草丈も低く華奢な風貌です。モンゴルや中国が原産です。

デルフィニウム・ベラドンナ系

エラータム系とベラドンナ系の中間で、双方を掛けあわせたものです。比較的大きめの花が咲きます。

デルフィニウム・ジャイアント系

個々の花が大きいのが特徴。生け花や会場など大型の場所をアレンジする時に重宝する品種系統です。

誕生日の花としてのデルフィニウム

デルフィニウムは、以下の月日の誕生日の花です。そのため、以下の月日の誕生日の人に、花言葉を添えてデルフィニウムの花をプレゼントすることは良いことです。

しかし、デルフィニウム以外で同じ月日の誕生月の花や誕生日の花をお探しの場合は、以下のリンクからその月日のデルフィニウム以外の誕生花を調べてください。

デルフィニウムの英語と名前の由来

デルフィニウムの英語とその英語の由来、またデルフィニウムの和名とその和名の由来をご紹介致します。

デルフィニウムは英語でDelpininum。その言葉の由来とは?

デルフィニウムは、蕾(つぼみ)の形がイルカに似ているます。そのため、ラテン語でイルカを意味するDelphinus(デルフィーヌス)という単語が由来となり、Delpininumという英名になりました。

デルフィニウムの和名は、大飛燕草(おおひえんそう)と飛燕草(ひえんそう)。その言葉の由来とは?

デルフィニウムの花の形が燕(ツバメ)に似ているため、飛んでいる燕という飛燕という感じが当てられ、大飛燕草(オオヒエンソウ)や飛燕草(ヒエンソウ)という和名になりました。

デルフィニウムの花の色や形や開花時期

デルフィニウムの花の画像 By Paul Gulliver

デルフィニウムの花は、5月~6月頃、つまり春~梅雨の季節に咲く花です。花の色は鮮やかな青色、水色、ピンク色、紫色などがあります。穂状花序になっており、花が密集して咲く姿は美しいものです。

※スプレーデルフィニウムと呼ばれるスプレー咲きのデルフィニウムも人気があります。1つの茎から枝分かれして花を咲かせるため、ボリューム感があります。

デルフィニウムの概要

名称デルフィニウム
学名Delphinium
和名大飛燕草(オオヒエンソウ)
その他の名前飛燕草(ヒエンソウ)
科名キンポウゲ科
属名オオヒエンソウ属(デルフィニウム属)
分類草花
原産地シベリア、モンゴル、中国、ピレネー山脈、アルプス山脈
丈(高さ)20cm~150cm程度
弱い
強い
栽培難易度中級者向け
開花時期5~6月頃

※このデルフィニウムの花言葉のページは「情報サイト誕プレ調べ」による内容のものです。

シェアする