花見の代表的な品種のソメイヨシノの花言葉

誕生日に染井吉野(そめいよしの)の花を贈ったり、誕生日プレゼントにソメイヨシノの花を添えようと考えているなら、「ソメイヨシノの花言葉」を知った上で花を贈るべきです。情報サイト誕プレの調べによると、ソメイヨシノの花言葉は1語あります。花言葉は花の色や品種などによって異なる場合があるので注意が必要です。このページでは、ソメイヨシノの花言葉以外にも、ソメイヨシノの花について詳しい情報を掲載しています。つまり、ソメイヨシノの花の色や花の品種、ソメイヨシノの英語での呼び方や名前の由来などが詳しく書かれているのです。情報サイト誕プレでは、「ソメイヨシノの花言葉」の他にもあなたが知りたい花の花言葉を調べることができます。

染井吉野(ソメイヨシノ)の花言葉について

ソメイヨシノの花言葉は、全部で1種類あります。

【1】ソメイヨシノの花言葉純潔

ソメイヨシノは、下記の通りクローンであるという血統から「純潔」という花言葉が生まれました。純粋な人へ贈る花言葉として良いですが、ソメイヨシノは大きな木なので誕生日プレゼントには向きません。どうしても誕生日にソメイヨシノを贈りたい場合は、花見に連れて行くか、ソメイヨシノ盆栽が良いでしょう。

ソメイヨシノ以外の花言葉を調べたい場合

ソメイヨシノの花言葉があなたの希望する意味ではない花言葉の場合、以下のリンクからソメイヨシノの花言葉以外の花言葉を調べることができます。

ソメイヨシノの花について詳しく知りたい!

ソメイヨシノとは、サクラ属という生物分類に属した植物です。

ソメイヨシノの画像 By David A. LaSpina

ソメイヨシノはサクラの一種で、サクラの代表的な品種で、最も有名な品種です。

公園や河川敷や小学校や中学校などに植えられているのがソメイヨシノです。全国、そして多くの場所に植えられているため、花見で見る機会が多いのがソメイヨシノなのです。

実はほぼ全てのソメイヨシノはクローン

オオシマザクラと、エゾビガン系のサクラを交配したと言われているのがソメイヨシノです。そのソメイヨシノは種子では増えないため、接木という手法で増やしています。そのため、全てのソメイヨシノの元をたどれば数本のソメイヨシノになるため、ほぼ全てのソメイヨシノがクローンと言えるのです。

※下記の1892年に植えられたソメイヨシノはクローンではないと考えられます。

※ソメイヨシノは種子では増えませんが、ソメイヨシノは実を付けます。但し、この実(種子)からはソメイヨシノは発芽しません。

ソメイヨシノの寿命について

ソメイヨシノの寿命については、現在においても議論がなされていますが、一般的には60年が寿命だと言われています。

ソメイヨシノが命名されたのが1900年ですが、60年以上存在するソメイヨシノは少ないため、ソメイヨシノの寿命は約60年と言われています。しかし、神奈川県秦野市南小学校では、1892年に植えられたソメイヨシノが存在しているという事実もあるため、寿命については意見が分かれています。

誕生花としてのソメイヨシノ

ソメイヨシノは、以下の月日の誕生花です。誕生月の花や誕生日の花をお探しの場合は、以下のリンクからその月日のソメイヨシノ以外の誕生花を調べることができます。

ソメイヨシノの英語と名前の由来

ソメイヨシノを英語で表記するとSomei yoshinoです。

日本原産のため、英語表記はSomei yoshinoになります。江戸時代末期~明治時代初期において、江戸の染井村(現在の豊島区)の植木屋がソメイヨシノを吉野桜として販売していたのが由来です。その後、染井村の吉野桜ということで、染井吉野(ソメイヨシノ)という名前になりました。

ソメイヨシノの花はどんな花?

ソメイヨシノは誰もが一度は見たことがある花で、一般的なサクラの花です。

ソメイヨシノの花びらは5枚で、蕾(つぼみ)は赤色、咲き始めはピンク色、満開時になるにつれて白色になるのが特徴です。

ソメイヨシノの花の画像 By David A. LaSpina

ソメイヨシノの概要

名称ソメイヨシノ(染井吉野)
学名Cerasus×yedoensis
和名染井吉野(ソメイヨシノ)
その他の名前桜(通称)
科名バラ科
属名サクラ属
分類庭木
原産地日本
丈(高さ)5m~15m程度
普通
普通
栽培難易度-
開花時期2~4月頃

※このソメイヨシノの花言葉のページは「情報サイト誕プレ調べ」による内容のものです。

シェアする