クマガイソウ(熊谷草)の花言葉は残念な意味の言葉

誕生日にクマガイソウの花を贈ったり、誕生日プレゼントにクマガイソウの花を添えようと考えているなら、「クマガイソウの花言葉」を知った上で花を贈るべきです。情報サイト誕プレの調べによると、クマガイソウの花言葉は1語のみです。花言葉は花の色や品種などによって異なる場合があるので注意が必要です。このページでは、クマガイソウの花言葉以外にも、クマガイソウの花について詳しい情報を掲載しています。つまり、クマガイソウの花の色や花の品種、クマガイソウの英語での呼び方や名前の由来などが詳しく書かれているのです。情報サイト誕プレでは、「クマガイソウの花言葉」の他にもあなたが知りたい花の花言葉を調べることができます。

クマガイソウ(熊谷草)の花言葉

クマガイソウの花言葉は1種類のみです。詳しい内容を見ていきましょう。

クマガイソウの花言葉は、残念な意味の言葉

【1】クマガイソウの花言葉見掛け倒し

クマガイソウの花言葉は、「見掛け倒し」というとても残念な意味の花言葉です。

花言葉もよくない意味ですが、日本においては環境省レッドリストの絶滅危惧II類(VU)に指定いるという欠点があるため、クマガイソウをプレゼント目的に利用することは現実的に困難です。

クマガイソウ以外の花言葉を調べたい場合

クマガイソウの花言葉があなたの希望する意味ではない場合、以下のリンクからクマガイソウの花言葉以外の花言葉を調べることができます。

クマガイソウという植物について

クマガイソウという植物は、どんな植物なのか、どんな花を咲かせるのかなどを詳しく解説致します。

アツモリソウ属という生物分類に属しているクマガイソウ

クマガイソウ(熊谷草)の画像 By Takashi .M

クマガイソウは、ランの一種なので観賞価値がそれなりにある植物です。

しかしながら、大量に増殖する技術は、現在でも確立されていません。そのため、野生のクマガイソウの価値が高く、盗掘されやすい蘭なのです。

※ちなみにクマガイソウの主な自生地は、福島市大宮市です。

誕生日の花としてのクマガイソウ

クマガイソウは、以下の月日の誕生日の花です。そのため、以下の月日の誕生日の人に、花言葉を添えてクマガイソウの花をプレゼントすることは良いことです。

しかし、クマガイソウ以外で同じ月日の誕生月の花や誕生日の花をお探しの場合は、以下のリンクからその月日のクマガイソウ以外の誕生花を調べてください。

クマガイソウの英語と名前の由来

クマガイソウの英語とその英語の由来、またクマガイソウの和名とその和名の由来をご紹介致します。

クマガイソウは英語でCypripedium japonicum。その言葉の由来とは?

ギリシャ語でjaponicumは「日本の」という意味です。Cyprisは「女神ビーナス」、pedilonは「スリッパ」でランの花によく用いられています。

クマガイソウの和名は、熊谷草(くまがいそう)。その言葉の由来とは?

クマガイソウ(熊谷草)の名前の由来は、唇弁の形が武具の母衣(ほろ)に似ていたため付きました。具体的には、熊谷直実(1141年~1207年)の母衣に見立てており、熊谷という文字を取り、熊谷草という和名になったのです。

ちなみに、アツモリソウ(敦盛草)をクマガイソウと呼ぶ場合もあります。アツモリソウは、アツモリ属の花。この花の由来もクマガイソウ同様に、平敦盛(1169年~1184年)の母衣に見立ててその名前が付きました。

クマガイソウの花の色や形や開花時期

クマガイソウの花は、野生のランの中で最大と言われており、その花の大きさは約8cm程度にもなります。花の色は、白色と紫色が混ざったような色で、4月~5月にかけて花を咲かせます。

クマガイソウの概要

名称クマガイソウ
学名Cypripediumc japonicum
和名クマガイソウ(熊谷草)、アツモリソウ(敦盛草)
その他の名前-
科名ラン科
属名アツモリソウ属
分類草花
原産地日本(北海道南部・本州・四国・九州)
丈(高さ)30cm~40cm程度
普通
普通
栽培難易度中級者向け
開花時期4~5月頃

※このクマガイソウの花言葉のページは「情報サイト誕プレ調べ」による内容のものです。

シェアする