敦盛草(アツモリソウ)の花言葉は人に贈るべきではない言葉

誕生日にアツモリソウの花を贈ったり、誕生日プレゼントにアツモリソウの花を添えようと考えているなら、「アツモリソウの花言葉」を知った上で花を贈るべきです。情報サイト誕プレの調べによると、アツモリソウの花言葉は3語あります。花言葉は花の色や品種などによって異なる場合があるので注意が必要です。このページでは、アツモリソウの花言葉以外にも、アツモリソウの花について詳しい情報を掲載しています。つまり、アツモリソウの花の色や花の品種、アツモリソウの英語での呼び方や名前の由来などが詳しく書かれているのです。情報サイト誕プレでは、「アツモリソウの花言葉」の他にもあなたが知りたい花の花言葉を調べることができます。

アツモリソウの花言葉

アツモリソウの花言葉は3種類あります。詳しい内容を見ていきましょう。

アツモリソウの花言葉は、人に贈らない方が良い言葉

【1】アツモリソウの花言葉移り気
【2】アツモリソウの花言葉変わりやすい愛情
【3】アツモリソウの花言葉君を忘れない

アツモリソウの花言葉には、「移り気」や「変わりやすい愛情」という花言葉があります。

「移り気」や「変わりやすい愛情」という花言葉は、まるで浮気を示唆するかのような言葉なので、恋人に対してはもちろんのこと、人に贈るのに適さない花言葉です。

また、アツモリソウの花言葉には「君を忘れない」という花言葉もあります。

「君を忘れない」という花言葉は、良い意味と捉えることもできますが、別れの際の言葉として捉えることもできます。

つまり、アツモリソウの花言葉は、人に贈るのは避けた方が良い花言葉ばかりだと言えるでしょう。

アツモリソウ以外の花言葉を調べたい場合

アツモリソウの花言葉があなたの希望する意味ではない花言葉の場合、以下のリンクからアツモリソウの花言葉以外の花言葉を調べることができます。

アツモリソウ属という生物分類に属しているアツモリソウ

アツモリソウの画像 ByJustin Meissen

アツモリソウは、ラン科の花多年草

日本では中部地方から北海道にかけて生息しています。※寒冷地に分布するため、北にいくほど見つかりやすい傾向にあります。

ラン科の植物は、園芸において人気があります。アツモリソウは、そのラン科の中でも大きな花を咲かせ、見た目も美しいことから、鑑賞価値が高い花。そのため、最も盗掘や乱獲がされおり、絶滅の危機に貧しています。

現在では、「特定国内希少野生動植物種」に指定される程です。

誕生日の花としてのアツモリソウ

アツモリソウは、以下の月日の誕生日の花です。そのため、以下の月日の誕生日の人に、花言葉を添えてアツモリソウの花をプレゼントすることは良いことです。

しかし、アツモリソウ以外で同じ月日の誕生月の花や誕生日の花をお探しの場合は、以下のリンクからその月日のアツモリソウ以外の誕生花を調べてください。

アツモリソウの英語と名前の由来

アツモリソウの英語とその英語の由来、またアツモリソウの和名とその和名の由来をご紹介致します。

アツモリソウは英語でlady’s slipper。その言葉の由来とは?

花の形を、婦人が舞踏会で履く靴に見立てたことからlady’s slipperという英名になりました。

アツモリソウの和名は、敦盛草(あつもりそう)その言葉の由来とは?

アツモリソウの花の形を、源平合戦の時に平敦盛が背負った武士の道具「母衣」(ほろ)に見立て、敦盛草と呼ぶようになりました。ちなみに、母衣とは、背中に流れ矢を受けるのを防ぐ役割を持つ布です。

同じような意味を持つ由来の花にクマガイソウと言う花があります。クマガイソウについては、当時、平敦盛を討ち取った熊谷直実に因みます。

アツモリソウの種類(園芸品種)

【1】レブンアツモリソウ

アツモリソウの画像 Byhoge asdf

北海道の北部に位置する礼文島(れぶんとう)のアツモリソウの品種です。そのため、礼文敦盛草(れぶんあつもりそう)とも呼びます。花期は5月~6月頃で、花色は淡いクリーム色です。

【2】ホテイアツモリソウ

別名布袋敦盛草。花は紅紫色です。アツモリソウより高地に咲きます。

【3】コアツモリソウ

アツモリソウの中では、草丈が10cmほどと小さいので、コアツモリソウ(小敦盛草)と呼びます。花色は淡い黄緑色です。

【4】キバナノアツモリソウ

名前の通り、黄色の花を咲かせます。褐色がかった紫の斑紋があります。

【5】チョウセンキバナアツモリソウ

秋田県の男鹿半島にのみ生息する品種です。花は白く、紅紫の斑紋が入ります。

アツモリソウの花の色や形や開花時期

アツモリソウの画像 ByBjörn S…

アツモリソウの花は、袋のような形をしており、大きさは3cm~4cmほどです。4月中旬~6月頃咲きます。花色は紅紫や淡い黄緑色や淡い白紫などです。

アツモリソウの概要

名称アツモリソウ
学名Cypripedium macranthos var. speciosum
和名敦盛草(あつもりそう)
その他の名前カッコ花
科名ラン科
属名アツモリソウ属
分類草花
原産地日本や朝鮮半島など
丈(高さ)25cm~40cm
弱い
強い
栽培難易度上級者向け
開花時期4月中旬~6月

※このアツモリソウの花言葉のページは「情報サイト誕プレ調べ」による内容のものです。

シェアする